2017/12/29

2017年に購入、プレイしたゲームまとめ

いつの間にやら年末ですし、今年買ったゲームのことを振り返って懐かしむことにします。

今回は健全な一般向けゲーム限定。健全でない方はまたそのうち。
「今年購入」であって今年発売作に限ってはいないためあしからず。



<目次>
 『GRAVITY DAZE 2
 『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期
 『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』(旧作)
 『Horizon Zero Dawn◆ 2017 TOP 5 ◆
 『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH
 『Hyper Light Drifter』(旧作)
 『Stardew Valley』(旧作)
 『River City Ransom: Underground
 『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』(旧作)
 『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2』(旧作)
 『神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY』(旧作)
 『Project LUX
 『TITAN SLAYER
 『Unravel』(旧作)
 『クロワルール・シグマ』(旧作)
 『Stage Presence
 『HunieCam Studio』(旧作)
 『A Rose in the Twilight』(旧作)
 『Kingdom Rush Frontiers』(旧作)
 『Invisible, Inc.』(旧作)
 『OneShot』(旧作)
 『Weapon Shop Fantasy
 『Night in the Woods◆ 2017 TOP 5 ◆
 『fault - milestone one』(旧作)
 『KARAKARA』(旧作)
 『ネコぱら Vol. 0』(旧作)
 『雨のマージナル』(旧作)
 『Replica』(旧作)
 『喧嘩番長 乙女~完全無欠のマイハニー~
 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
 『OldMaidGirl
 『ぎゃるがん☆VR◆ 2017 TOP 5 ◆
 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR
 『英雄伝説 閃の軌跡III
 『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』(旧作)
 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド◆ 2017 TOP 5 ◆
 『スプラトゥーン2
 『V!勇者のくせになまいきだR
 『VA-11 Hall-A ヴァルハラ◆ 2017 TOP 5 ◆
 『ゼノブレイド2
 『Heart of Crown PC
 『Heat Signature
 『This War of Mine』(旧作)
 『EVERSPACE


>>続きを読む
23:09  ゲーム | Comments(0)
2017/11/09

2018年以降の期待のゲーム

ゼルダやマリオ、ドラクエといった超大作の新作が発売され好評を博した2017年も、残すところあと一ヶ月と少し。少し気が早いかもしれませんが、今後の期待の新作ゲームを並べてみます。

<目次>
レッド・デッド・リデンプション 2
Freedom Planet 2
Ghost of Tsushima
Re:Legend
ランス10
まとめ



レッド・デッド・リデンプション 2


メーカー:Rockstar Games
機種:PS4、Xbox One
発売日:2018年春


GTAシリーズで有名なRockstar Gamesによる西部劇オープンワールド。
馬に乗ってぶらついてるだけで楽しいゲーム性、渋くクールな主人公とストーリー、最高にシビれるエンディング……前作『Read Dead Redemption』が素晴らしすぎたせいで、制作発表すらされていない内から全世界からの期待度MAXなタイトル。余程のことが無い限り2018年のGOTYは内定と言ってもいいはず。

自分もめちゃくちゃ期待してます。早くそこら辺で捕まえた人間をロープで縛って線路の上に放置して眺めたい。


Freedom Planet 2


メーカー:GalaxyTrail
機種:PC (、Switch?)
発売日:2018年上半期


人生で最も好きなゲーム『Freedom Planet』の続編。ソニックライクな2Dアクションゲームです。
もはや楽しみすぎて恋と言ってもいい。

ただ、前作の魅力の半分を占めていたストーリーパートのチップキャラによるカットシーンが、2ではテキストと顔グラだけになるらしいのが、すごく、ものすごく残念。開発に時間がかかりすぎるかららしいけども……落胆である。そのせいで不安も結構大きい。

それでも、ライラックとキャロルとミラにまた会える、それだけで超楽しみ。デモ版やった感じ、アクションパートは安定してそうですし。
2では日本語もあるといいな。日本語が入ってるといいな!



『Ghost of Tsushima』


メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
機種:PS4
発売日:未定


ずっと待ち望んでいた和風オープンワールドが、まさかの海外から、まさかの元寇をテーマに登場。開発はインファマスシリーズで有名なSucker Punch。サプライズすぎる。

ムービーのビジュアル面がハリウッドのサムライ映画です。具体的に言うとラストサムライです。クロサワもほんのり感じられます。
「封建時代の侍をプレイしたくないという人はいない。」という開発者のコメントにもキュンとなるよね。

つい最近発表されたばかりで、発売日は未定。2018年には出ないかもしれない。出るといいな。きっと出るだろう。(前のめり)


Re:Legend


メーカー:Magnus Games
機種:PC、PS4、Xbox One、Switch
発売日:2018年Q1


孤島で農作業したりモンスターを育てたりする、ルーンファクトリーっぽいRPG。
マレーシア産のインディーゲーながら、最初から日本語に対応予定。よいですね。

そのゲーム内容とかわいいビジュアルと音楽が気に入ってKickstarterで出資しました。発売予定日が意外と早かったのもある。なにやらKickstarter終了直後にオフィスに泥棒が入ってPCやら根こそぎ盗まれたらしいけども……開発に大きな影響は無いとのこと。
ほんわかゲーム枠として期待してます。


ランス10


メーカー:アリスソフト
機種:PC(R18)
発売日:2018年2月23日


「ヤらずに死ねるか」――29年続いたランスシリーズ完結作。ジャンルは大戦争RPGとのこと。エロゲだよ。
戦国ランスにハマったのも今は昔。いつの間にかここまできて、ついに終わるのだなあと感慨深くなります。

ゲームシステムはいまいちどんなものかよくわからないけれど、ランスの完結作なのだからやり込み豊富でどっぷりハマれるのでしょう。と楽観。
それよりストーリーが大変気になります。俺のチルディの出番がどれくらいあるのかも気になります。
アリスのゲームはクオリティが安定しないから不安は小さくない。それでもこれが最後、見事に締めてくれることを期待して。


●●●


以上、現在発表されている期待のゲーム5選 でした。

別に一般ゲーとエロゲを区別するつもりも5選に絞るつもりも無かったのだけれど、単純に今楽しみにしているタイトルがこれだけだったでござるというわけで。
AAAタイトル2つ、インディー2つ、エロゲ1つと、案外バランスの良いラインナップになった気がします。

あと『モンハンワールド』と『Mount & Blade 2』が次点という感じ。まあ今ここで挙げるほどではないかなって。


ツシマ以外の来年発売が予定されている4作が出るというだけで、2018年は当たり年。
こうして楽しみーって言ってるだけで既に楽しいしね。むしろ今が一番楽しいかもしれないね。(゚Д゚)。
今年の残りも、来年も、ゲームを楽しんでいきましょう。
23:48  ゲーム | Comments(0)
2017/08/31

好きなインディーゲームを4つ挙げる 2017年夏

Undertale日本語版発売記念みたいなアレで、今日は唐突にオススメのインディーゲームを紹介したいと思います。


VA-11 Hall-A


VA-11 Hall-A
ジャンル:サイバーパンクバーテンダーアクション
日本語:対応(予定)
プラットフォーム:PC、PS Vita(予定)
2016 / Sukeban Games

>>続きを読む
22:40  ゲーム | Comments(0)
2017/08/19

好きなエロゲを3つ挙げろ すときゃすてぃくす編

PC用18禁ゲーム、通称エロゲ。エロゲをプレイしたことのある人間ならば、心に残る思い出のタイトル、幾度もお世話になった人生の友……それぞれにお気に入りのマイベストエロゲが存在することでしょう。

今回、「それなんてえrg」さんの呼びかけにより、
みんなで好きなエロゲを3つ挙げて紹介しまくろうぜ!
という企画が立ち上がりました。

光栄にもワタクシゆず茶もお誘い頂きましたゆえ、今までプレイした中から3本――えっ好きなエロゲとか沢山あるんだけどその中から3本選ぶんすか? 無理ゲーじゃない? どうしよう? ――そんな思いと共になんとか選んだタイトルを3つ、以下に紹介していきます。


1. カスタムメイド3D2


カスタムメイド3D2
2015年 / KISS
>>続きを読む
21:00  エロゲ | Comments(2)
2017/07/25

トラベリング・オーガスト 2017 に行ってきました

2017年7月23日、トラベリング・オーガスト2017 -桃幻鏡- に行ってきました。

前回歩いて行ったら汗だくになった経験と、家を出た瞬間に雨が降ってきた自分の運勢を踏まえ、バスを利用してオペラシティへ。
ひとまずグッズ買ってからオペラシティでのおひとりさまランチと洒落込んで、いざ2度目のトラベリングオーガスト。昼と夜の2公演があり、お昼の部に参加です。


セットリスト(昼公演)

※昼と夜とで演奏された楽曲が一部違います

春陽の刻

プロローグ
組曲{Cavatina、蒼月のティアラ、未来パレット}
創星
組曲{王宮のサラバンド、天海の鼓動~オルビス・ラクテウス~、深青Philosophy}

Asphodelus
組曲{The Wind, the Cloud, the Earth、Halbmond、Blind Alley}
Kanon
Pure Heart
組曲{La Rosa、Ascention}

組曲{active wind、街並み}
Aztec
MEGUMI~ありがとう~

刃濤の中
嗚呼、絢爛の泡沫が如く
組曲{街囃子、絢爛たる宮、恋紡ぎ、華ごろも}
烏木
日ノ輪
桃花染に咲いて

メドレー{嗚呼、絢爛の泡沫が如く、Jewelry days、ストレイトシープ、Eternal Destiny、深青Philosophy、brilliant flow、Colors Of Infinity、divergent flow、赤い約束、Marginality、扉ひらいて、ふたり未来へ、虹の彼方へ、Good Sheperd、Lapis Lazuri、Aspodelus、桃花染の皇姫}


お土産


Tシャツ1500円やすーいって思ったら化繊素材でLサイズのみだった。なるほどこの業界ではこうなのか。
ともあれせっかくだから記念にTシャツとパンフお買い上げ。


CS版


PS4とVitaへの移植決定のお知らせを配ってました。


感想

※適当です

東京オペラシティ・コンサートホールがまるで秋葉原のようだった
・お客の年齢層高め(普通のクラシックコンサートよりは断然低いが)
・皆さん服装はカジュアル。ハーフパンツとサンダルみたいなのを避ければ何でもいい感じ
・ホールスタッフらしきおねーさんの観客を見送る引きつった笑顔がエモかった

・物販は前回(2015年)は超余裕だったので油断してたが、今年は30分くらい並んだ。開場1時間ほど前の話。(物販開始は午前9時半から。チケット無くても購入可能)
・12万円のオリジナル胡弓が展示、受注販売してた。欲しい人は胡弓担当へとのことでVIP感。いくつか売れたらしい
・爪切り大人気って会話が聞こえてきた。マジでか

・客入りはパッと見7割くらい
・オペラシティはどこ座っても音がとても良いし席も快適。もしナビゲーター(声優)狙いなら右側(上手)が当たり
・当然ながら会場内の撮影お断り。スタッフにかなり厳しくチェックされてた

・映像演出はほぼ前回と同じ。東京オペラシティ・コンサートホール:タケミツ メモリアルに水着姿や半裸の女の子の絵がでかでかと! というプレミアム感ね
・スクリーン両脇のプロジェクションマッピング的なやつは前回無かったような気もする(うろ覚え)。未来パレットの時のチビキャラかわいかった
・ナビゲーター(ナレーション)は仙台エリさん。佳奈と朱璃の寸劇アナウンスにほっこり
・MCや小芝居は無し。エロゲ・ギャルゲのイベントとしてはちょっと寂しいか

・ボーカル一切無し。オーケストラが主題の企画である以上、良い判断だと思う
・オーケストラはやっぱりユースティアの曲が映えるなあ
・指揮の永原裕哉さん良い笑顔
・数人の和楽器と西洋楽器群の音量差が圧倒的すぎて、同時に慣らす曲は正直もったいなかった。一階席の中央付近だったけど、和楽器よく聞こえん問題
・よく聞こえる曲は満足。生の胡弓の音って初めて聞きましたし
・パイプオルガンはやはりすごい迫力
・一番気に入ったのはAsphodelus

・前回よりも色々とスマートにして、楽曲を聞かせることに集中した感じ。オーケストラ・アレンジが好きな人や、オーガスト作品に思い入れがある人にとっては、とても良い企画だと思う。ぜひまたいつかやってほしい
・ただ座席抽選で全席一律7560円はちょっとアレかな! オールスタンディングのライブならいいんだけども
・結局前回から2年経っても『夜明け前より瑠璃色な』が終わっていないという不真面目なオーガストファンでも楽しめるよいコンサートでした。サンキュー、オーガストとスタッフさん。
01:48  日記・雑記 | Comments(0)
 | HOME | Next »