2018/06/07

Steamでエロゲが解禁されたらどうなるのか

2018年6月7日、デジタルコンテンツ販売ストアSteamにおいて販売するゲームを原則的に全て容認する旨の声明が公式ブログに投稿されました。
原文はこちら。ゲーム系メディアのAUTOMATONさんGame*Sparkさんなどが日本語のニュース記事を上げているので詳しくはそちらをご覧くださいませ。

これまではストアに並べるゲームを「ポルノ禁止」「不適切なもの禁止」などと審査していたところを、声明では違法なものと荒らし行為を除いて全て容認すると方針転換を明言しました。

学校の銃乱射事件をテーマにしたFPSが登場して炎上したり、二次元おっぱい弾圧事件で炎上したりといった最近の出来事からの、「判断基準があいまいすぎる」という批判に対する回答がこれ。Steamは様々な案件を一つのガイドラインで審査するのは不可能と判断、例外を除き審査すること自体をやめ、創始者ゲイブ・ニューエルの掲げる方針「オープンなプラットフォーム」に徹することを決断しました。この内容をそのまま受け取ると、「今後(時期は未定)はどんな不謹慎なゲームもハードなポルノゲームもSteamで販売できる」ということになります。

運営元Valveによるこの衝撃的な発表を受けて、海外では早速「無責任すぎる」という批判と賛成派とで賛否両論の騒がしい事態になっている模様。

表現の検閲が無くなったのはゲーマーとしてとても嬉しい、でもゴミみたいなゲームもどきが今以上に増えて良作が埋もれるようなことになりそうで心配、ってかフィルタリングはきちんと機能するのか? 問題が起きた時にValveは耐えられるのか? MOD有料販売の時みたいにすぐさま前言撤回しやしないだろうか? ともあれ判断基準を明確化したのはよいことだと思うし #waifuholocaust をこういう形で終わらせたことは歓迎したい、サンキューゲイブ――

と、この発表自体についてはこれくらいにして、ここはえっちなことに興味のある人向けのブログですゆえ、「もしSteamでエロゲが解禁されたらどうなるか」を予想して妄想を垂れ流して楽しみたいと思います。



>>続きを読む
22:28  日記・雑記 | Comments(0)
2018/06/05

フルスクリーンで画像がぼやける問題を回避する方法

ディスプレイの高解像度化が進み、スマホですらフルHDが当たり前、テレビや液晶モニターは4Kも徐々に普及してきた今日この頃。しかしPC用ビジュアルノベル――要するにエロゲは、最新作であっても未だ1280×720のHD以下の画面サイズのものが大半です。

そこで、フルスクリーン派・画面を拡大してプレイしたい派にとって大変便利な素晴らしいソフトを見つけたのでご紹介を。


RectZoom
――デスクトップの任意の場所を指定して拡大表示する拡大鏡ソフト。シェアウェア。


エロゲって、拡大すると基本的にボケるんです。画面がぼやけるんですよ。拡大する時に低負荷なスムージング方法「だけ」を利用しているゲームが圧倒的主流で、より高画質・高負荷な拡大処理ができないんですよ。(アリスソフト作品など一部のタイトル・エンジンは例外)

しかし、この『RectZoom』を使うことで、どんなゲームも高画質な拡大ができるようになります。


こんな感じ。(C)みるくふぁくとりー

このソフトを見つけて「今までの苦労は一体何だったのだ」と感動したので、同じような不満を抱いている人の参考になればと思い、『RectZoom』の使い方を以下解説してみます。今まで誰も教えてくれなかったですし!ヽ(`Д´)ノ!


<目次>
 用意するもの
 RectZoomをためしてみよう
 本格的に使おう
 さらに便利に使う
 画質比較
 まとめ

>>続きを読む
21:48  エロゲ | Comments(4)
2018/05/21

とあるブログの訪問者事情

PCのディスプレイを新しく買ってなんだかギーク気分が盛り上がったので、このブログの閲覧者の情報を大暴露したいと思います。


<目次>
はじめに
アクセス数
ユーザーの環境
検索ワード
言語
まとめ



はじめに

この記事の目的:単なる思いつきゆえ「へー。ふーん」と思っていただければ結構。あなたの何らかの参考になるのならさらに結構

当サイトの性質:エロゲ特化個人ブログである。稀に一般ゲームの話もする。内容は軽いニュースと感想・レビュー。固有の特徴としてはVRエロゲと海外ギャルゲに関する話題がある。SEO対策とかの「頑張って人を呼ぼう」的な行動や、アフィリエイトには全く力を入れていない

ソース:Googleアナリティクス、FC2アクセス解析、ゆず茶の主観

集計期間:直近三ヶ月(2018/2/20~2018/5/20)
>>続きを読む
23:53  日記・雑記 | Comments(2)
2017/12/29

2017年に購入、プレイしたゲームまとめ

いつの間にやら年末ですし、今年買ったゲームのことを振り返って懐かしむことにします。

今回は健全な一般向けゲーム限定。健全でない方はまたそのうち。
「今年購入」であって今年発売作に限ってはいないためあしからず。



<目次>
 『GRAVITY DAZE 2
 『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期
 『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』(旧作)
 『Horizon Zero Dawn◆ 2017 TOP 5 ◆
 『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH
 『Hyper Light Drifter』(旧作)
 『Stardew Valley』(旧作)
 『River City Ransom: Underground
 『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』(旧作)
 『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2』(旧作)
 『神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY』(旧作)
 『Project LUX
 『TITAN SLAYER
 『Unravel』(旧作)
 『クロワルール・シグマ』(旧作)
 『Stage Presence
 『HunieCam Studio』(旧作)
 『A Rose in the Twilight』(旧作)
 『Kingdom Rush Frontiers』(旧作)
 『Invisible, Inc.』(旧作)
 『OneShot』(旧作)
 『Weapon Shop Fantasy
 『Night in the Woods◆ 2017 TOP 5 ◆
 『fault - milestone one』(旧作)
 『KARAKARA』(旧作)
 『ネコぱら Vol. 0』(旧作)
 『雨のマージナル』(旧作)
 『Replica』(旧作)
 『喧嘩番長 乙女~完全無欠のマイハニー~
 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
 『OldMaidGirl
 『ぎゃるがん☆VR◆ 2017 TOP 5 ◆
 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR
 『英雄伝説 閃の軌跡III
 『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』(旧作)
 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド◆ 2017 TOP 5 ◆
 『スプラトゥーン2
 『V!勇者のくせになまいきだR
 『VA-11 Hall-A ヴァルハラ◆ 2017 TOP 5 ◆
 『ゼノブレイド2
 『Heart of Crown PC
 『Heat Signature
 『This War of Mine』(旧作)
 『EVERSPACE


>>続きを読む
23:09  ゲーム | Comments(0)
2017/11/09

2018年以降の期待のゲーム

ゼルダやマリオ、ドラクエといった超大作の新作が発売され好評を博した2017年も、残すところあと一ヶ月と少し。少し気が早いかもしれませんが、今後の期待の新作ゲームを並べてみます。

<目次>
レッド・デッド・リデンプション 2
Freedom Planet 2
Ghost of Tsushima
Re:Legend
ランス10
まとめ



レッド・デッド・リデンプション 2


メーカー:Rockstar Games
機種:PS4、Xbox One
発売日:2018年春


GTAシリーズで有名なRockstar Gamesによる西部劇オープンワールド。
馬に乗ってぶらついてるだけで楽しいゲーム性、渋くクールな主人公とストーリー、最高にシビれるエンディング……前作『Read Dead Redemption』が素晴らしすぎたせいで、制作発表すらされていない内から全世界からの期待度MAXなタイトル。余程のことが無い限り2018年のGOTYは内定と言ってもいいはず。

自分もめちゃくちゃ期待してます。早くそこら辺で捕まえた人間をロープで縛って線路の上に放置して眺めたい。


Freedom Planet 2


メーカー:GalaxyTrail
機種:PC (、Switch?)
発売日:2018年上半期


人生で最も好きなゲーム『Freedom Planet』の続編。ソニックライクな2Dアクションゲームです。
もはや楽しみすぎて恋と言ってもいい。

ただ、前作の魅力の半分を占めていたストーリーパートのチップキャラによるカットシーンが、2ではテキストと顔グラだけになるらしいのが、すごく、ものすごく残念。開発に時間がかかりすぎるかららしいけども……落胆である。そのせいで不安も結構大きい。

それでも、ライラックとキャロルとミラにまた会える、それだけで超楽しみ。デモ版やった感じ、アクションパートは安定してそうですし。
2では日本語もあるといいな。日本語が入ってるといいな!



『Ghost of Tsushima』


メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
機種:PS4
発売日:未定


ずっと待ち望んでいた和風オープンワールドが、まさかの海外から、まさかの元寇をテーマに登場。開発はインファマスシリーズで有名なSucker Punch。サプライズすぎる。

ムービーのビジュアル面がハリウッドのサムライ映画です。具体的に言うとラストサムライです。クロサワもほんのり感じられます。
「封建時代の侍をプレイしたくないという人はいない。」という開発者のコメントにもキュンとなるよね。

つい最近発表されたばかりで、発売日は未定。2018年には出ないかもしれない。出るといいな。きっと出るだろう。(前のめり)


Re:Legend


メーカー:Magnus Games
機種:PC、PS4、Xbox One、Switch
発売日:2018年Q1


孤島で農作業したりモンスターを育てたりする、ルーンファクトリーっぽいRPG。
マレーシア産のインディーゲーながら、最初から日本語に対応予定。よいですね。

そのゲーム内容とかわいいビジュアルと音楽が気に入ってKickstarterで出資しました。発売予定日が意外と早かったのもある。なにやらKickstarter終了直後にオフィスに泥棒が入ってPCやら根こそぎ盗まれたらしいけども……開発に大きな影響は無いとのこと。
ほんわかゲーム枠として期待してます。


ランス10


メーカー:アリスソフト
機種:PC(R18)
発売日:2018年2月23日


「ヤらずに死ねるか」――29年続いたランスシリーズ完結作。ジャンルは大戦争RPGとのこと。エロゲだよ。
戦国ランスにハマったのも今は昔。いつの間にかここまできて、ついに終わるのだなあと感慨深くなります。

ゲームシステムはいまいちどんなものかよくわからないけれど、ランスの完結作なのだからやり込み豊富でどっぷりハマれるのでしょう。と楽観。
それよりストーリーが大変気になります。俺のチルディの出番がどれくらいあるのかも気になります。
アリスのゲームはクオリティが安定しないから不安は小さくない。それでもこれが最後、見事に締めてくれることを期待して。


●●●


以上、現在発表されている期待のゲーム5選 でした。

別に一般ゲーとエロゲを区別するつもりも5選に絞るつもりも無かったのだけれど、単純に今楽しみにしているタイトルがこれだけだったでござるというわけで。
AAAタイトル2つ、インディー2つ、エロゲ1つと、案外バランスの良いラインナップになった気がします。

あと『モンハンワールド』と『Mount & Blade 2』が次点という感じ。まあ今ここで挙げるほどではないかなって。


ツシマ以外の来年発売が予定されている4作が出るというだけで、2018年は当たり年。
こうして楽しみーって言ってるだけで既に楽しいしね。むしろ今が一番楽しいかもしれないね。(゚Д゚)。
今年の残りも、来年も、ゲームを楽しんでいきましょう。
23:48  ゲーム | Comments(0)
 | HOME | Next »