2018/06/07

Steamでエロゲが解禁されたらどうなるのか

2018年6月7日、デジタルコンテンツ販売ストアSteamにおいて販売するゲームを原則的に全て容認する旨の声明が公式ブログに投稿されました。
原文はこちら。ゲーム系メディアのAUTOMATONさんGame*Sparkさんなどが日本語のニュース記事を上げているので詳しくはそちらをご覧くださいませ。

これまではストアに並べるゲームを「ポルノ禁止」「不適切なもの禁止」などと審査していたところを、声明では違法なものと荒らし行為を除いて全て容認すると方針転換を明言しました。

学校の銃乱射事件をテーマにしたFPSが登場して炎上したり、二次元おっぱい弾圧事件で炎上したりといった最近の出来事からの、「判断基準があいまいすぎる」という批判に対する回答がこれ。Steamは様々な案件を一つのガイドラインで審査するのは不可能と判断、例外を除き審査すること自体をやめ、創始者ゲイブ・ニューエルの掲げる方針「オープンなプラットフォーム」に徹することを決断しました。この内容をそのまま受け取ると、「今後(時期は未定)はどんな不謹慎なゲームもハードなポルノゲームもSteamで販売できる」ということになります。

運営元Valveによるこの衝撃的な発表を受けて、海外では早速「無責任すぎる」という批判と賛成派とで賛否両論の騒がしい事態になっている模様。

表現の検閲が無くなったのはゲーマーとしてとても嬉しい、でもゴミみたいなゲームもどきが今以上に増えて良作が埋もれるようなことになりそうで心配、ってかフィルタリングはきちんと機能するのか? 問題が起きた時にValveは耐えられるのか? MOD有料販売の時みたいにすぐさま前言撤回しやしないだろうか? ともあれ判断基準を明確化したのはよいことだと思うし #waifuholocaust をこういう形で終わらせたことは歓迎したい、サンキューゲイブ――

と、この発表自体についてはこれくらいにして、ここはえっちなことに興味のある人向けのブログですゆえ、「もしSteamでエロゲが解禁されたらどうなるか」を予想して妄想を垂れ流して楽しみたいと思います。



>>続きを読む
22:28  日記・雑記 | Comments(0)
2018/05/18

Steamストアにおける二次元おっぱい弾圧事件

[UPDATE 2018/5/20]
BAN対象タイトルを追加
Valveからの回答を追加
[UPDATE 2018/5/23]
GOG.comの対応を追加

2018年5月18日、Valveによるデジタルソフトウェア配信サービス Steam が、ストアで販売されている複数のゲームの開発者に対し、ガイドライン違反を理由に、ゲーム内の「ポルノコンテンツ」の削除を要請しました。2週間以内に応じない場合、Steamストアから該当ゲームを削除するとのこと。

同内容の警告を受け取ったことが現在判明しているタイトルは以下(のSteam版)。
HuniePop /Huniepot
Mutiny!! /Lupiesoft
Tropical Liquor /Tentacle Games
Kindred Spirits on the Roof /MangaGamer
Battle Girls』、『Galaxy Girls /Dharker Studios, Sekai Project
Re;Lord 1 /Escu:de, Sekai Project
Roommates /Winter Wolves
Sakura Sadist』他Sakuraシリーズ / Winged Cloud
DEEP SPACE WAIFU』 /Neko Climax Studios, Hammerfist Studios
Karmasutra /Top Hat Studios
(推定)VR Kanojo /Illusion

これらの多くは発売から数年経ったタイトルで、今日までストアで普通に販売されてきました。中でも『HuniePop』は「18禁化パッチ方式」と呼ばれる手法をValve公認のもと導入した先駆け・カリスマ的存在であり、推定約80万本を売り上げている実績があります。『Kindred Spirits on the Roof』(邦題『屋上の百合霊さん』)などValveの担当者の確認を取った上で配信されたタイトルもあり、今回の突然の警告に各メーカー衝撃を受けている様子。

(意訳)「僕らのゲームはSteamのガイドラインに何も反してはいない。MangaGamerの人がValveの担当者と会った時だってSteamにちょっとえっちなゲームがあってもいいよねって言ってたのに」

これまで明確にOKとされていた(ESRB審査を通った)ゲームが何の説明も無しにNGとされたこと、「ポルノ」とされる部分がどこかが不明であること、上記タイトルと同等以上にセクシャルな表現を含むゲーム(『The Witcher』シリーズや『GTA』シリーズなど)が一般に受け入れられSteamでも販売されていること、二次元美少女系狙い撃ちであること、などが問題として挙がり、関係者やファンから不満が噴出しています。

この件に関するもっとしっかりした記事が読みたい方はこちらをどうぞ。
Steamの“アダルトゲーム”界隈に異変。開発者複数名が、Valveからポルノコンテンツの削除要請を受け取る - AUTOMATON
→ (英語)Several Adult Games on Steam Threatened with Removal - LewdGamer

多くのタイトルは日本語に対応しておらず、英語のゲームに馴染みの無い日本人にとってはあまり関係の無い話に見えます。
が、この件を受けて「じゃあSteamやめて代わりのプラットフォームに移ろうぜ!」となった場合、そしてそれは実際にそうなりつつあるようだけれど、その候補として挙げられているのが
MangaGamer
FAKKU
Nutaku
の3つ。

MangaGamerOVERDRIVE系列のエロゲ販売サイト。パブリッシングも行っている。CG無修正で売っていて母体が日本にあるせいか、日本からのストアへのアクセスは不可能
FAKKUはワニマガジン社と提携していることで有名なエロコンテンツ配信サイト。最近になってゲームの販売も始め、イリュージョンが参加したことで(自分の中で)話題にもなりました。こちらも無修正かつ日本の資本が絡んでいるせいか、日本からのストアへのアクセスは不可能
NutakuはDMMの海外向けサイト。だと思う。なぜか5/18現在は閲覧できるものの、長らく日本からのアクセスを遮断していたことと、DMMの性格上、いつまた日本からのアクセス不可になってもおかしくない。

というわけで見事に全て(Nutakuは若干不透明ながら高確率で)日本人は利用できません。
つまり、開発者がわざわざ「日本向けにリリースしよう」と行動しなければ、このまま上記3サイトに移行すると海外向けのエロゲ・ギャルゲに日本からアクセスできなくなります。

斜陽・縮小が盛んに囁かれる市場と、成長途上にある広大な市場との完全な分断。このジャンルのコンテンツのファンや関係者にとって、これからもずっと関係の無い話でいられるのかどうか――

また、PCゲームのポータルであるSteamと「エロ専用サイト」では宣伝効果が圧倒的に違います。加えて、たとえば『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』『ゆらぎ荘の幽奈さん』を一般向けとして売ることが許されないのならば、周りに濃厚なエロ漫画が大量に並んでるところで果たしてそれらちょっとえっちなものがどう見えるか。

現時点ではまだ、Valveの「ガイドライン」に抵触しない内容ならばSteamで販売することができます。今回吊るし上げられたタイトルの共通点を考えると、「美少女の乳首が露出した絵」がアウトなのだと推測されます。 明確な基準は全く不明です。

しかし、昨年末から今年にかけて性的描写の存在しないThe Key to Home(『いえのかぎ』)とA Kiss For The Petals - Maidens of Michael(『その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち』)が突然ストアから削除された例もあり、乳首が出ていないからといって安心できる状況とは言えないでしょう。

『Sakura Spirit』から数年かけて伸びてきた、Steamに依存したヴィジュアルノベルの成長は、もしかすると、大きな転機を迎えたのかもしれません。

「二次元おっぱいホロコーストだ」

[UPDATE]
日本時間5/20朝、Valveからこの件に関する問い合わせへの返信があったことが報告されました。
(意訳)「――俺の嫁ホロコースト事件の件―― Valveから『先日の警告メールは無視してくれ。混乱させてメンゴ』」という返事が来たよ。今改めて審査し直しているところだそうだ」

ひとまず「前言撤回」「改めて再審査中」という状況であることが判明しました。
「なんで今更再審査してんだ」という根本的問題はさておき、今後のこともその審査の結果次第ではありますが、特筆すべき点は、Valveから問い合わせに対する返答と謝罪があったこと。質問してもシカトを決め込むことに定評のあるValveが返事をしたことは、わずかながらも明るいニュースと言えるのではないでしょうか。

[UPDATE]
『ウィッチャー』シリーズで有名なCD Projektの運営するストアGOG.comがビジュアルノベルの取り扱いを拡大しました。
「これは始まりにすぎない」

現時点ではどのような基準で「難民」を受け入れるのかは不明ですが、CDPは「あっちもエロ要素あるのに」と引き合いに出されている『ウィッチャー3』の開発・販売元でもあり、このタイミングとこの発言、『Sunrider』の外部パッチの存在を明言していることから、ある程度の――従来のSteam程度の寛容さはあるように思われます。

GOGは、DRMフリーを掲げている、比較的古いゲームを中心に(もちろん新作も)取り扱っているストアです。標準でDRMがついてくるSteamの完全な代替にはなりませんが、CDPはユーザーフレンドリーという点では世界でも類を見ないほど評価の高い企業でもありますし、今回の動きに安心感を覚えたファンも多いのではないでしょうか。
なんといっても――日本からでも買えますし!(大声)
>>続きを読む
23:59  ゲーム | Comments(0)
2018/03/02

未来ラジオと人工鳩と孫呉の血脈とまおてんとTropical Liquorとコイカツと体験版2つ

全て終わったはずなんだけどその後の動きが無い。謎です。アレの話です。

以下最近気になったもの。


未来ラジオと人工鳩 /Laplacian
ティザーサイト公開。

今日もラプラシアンは元気みたいです。

それと『キミトユメミシ』がなんと無料配布中。
システム周りの出来が悪く、新エンジンに移植しますと告知がなされてから一年半……突如製品まるごと配布されました。どんな判断だ。
無料版は未確認だけれど、なかなか面白くて、びっくりするほど音質が悪いから、興味のある人はぜひどうぞ。


真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈 / BaseSon
公式サイト公開。
呉の番です。一番好きだから買います。

DLコード版とDVD版が別パッケージになるようです。間違ってDLコード版=DMM版を買わないようにご注意!
また、魏で明らかになったように、旧『真・恋姫無双』のリメイク+新規要素追加なので完全新作ではない点にもご注意!


まおてん /CandySoft
初回・予約特典公開など。
色紙バインダーを同時発売という謎展開。色紙バインダーは普通に欲しいぞ。色紙多すぎだぞ。


Tropical Liquor /Tentacle Games
公式サイト公開。
さより先生のNEKO WORKsの姉妹ブランドの第一弾。全年齢版+R18パッチ方式のエロゲです。
パズルゲーム+ADVパートというシステムなのだけれど……パズルというか神経衰弱? 動画見る限りイマイチ面白くなさそう。10ドル前後ならって感じかなあ。来週発売。



コイカツ! /イリュージョン
イリュさんのアニメ系ラインの新作。既にキャラメイク体験版が出ています。
長らくカスメ一強状態だったこの界隈に強力なライバルが!? 的な。VR対応も発表されている以上、買わないといけない気がする。
カスメと違ってキャラクターの性格=ボイスの種類がすごく多いのが大変よろしいよね。


かりぐらし恋愛 /ASa Project
ぱらだいすお~しゃん /PIXEL MINT
体験版公開。あとでやっておきたい。


●●●

『ランス10』プレイ中。期待通りの面白さ&ボリューム&難しさ。
現在のCPは6、Aエンドを1つ見ました。二部とかいう単語が出現したけどそちらはまだ未開放。そろそろ周回が億劫になってきたところですw 序盤や魔人討伐の同じ部分の繰り返しがだるいよね。

よく使うキャラは、ロレックス(つよい)とパステル(かわいい)。200人以上キャラクターがいて加入もほとんどランダムだから、メンバー決めにめちゃ悩む、そこが楽しいゲーム。

周回する際の一部の面倒さとHシーンが少ない点以外は素晴らしいゲームだと思います。真エンドは見たい……でも終わらせたくない……ぐぬぬ。
22:46  エロゲ | Comments(4)
2018/02/10

Doki Doki Literature Club! のススメ

インディーゲーム開発サークルTeam Salvatoが製作し、2017年10月の配信日からこれまでに全世界で250万本以上DLされているDoki Doki Literature Club!の非公式日本語化MODが正式公開されました。



Doki Doki Literature Club v1.1.0 非公式日本語化パッチ - Steamコミュニティ ガイド
(DL先とインストール方法が丁寧に説明されています)

テキストの翻訳だけでなく、なんと英語/日本語の言語切り替え機能を追加実装し、ポエム表示時にオートが自動で切れるように改善、さらに日本人向けに各種調整が施されているという、仕事しすぎMODです。すごい。

有志翻訳ならではの、翻訳後の口調やキャラがブレッブレだった箇所が統一され、当初ぎこちなかった日本語の大部分が修正されています。すごい。

私もポエム2つとポエムのやり取りの会話を中心に翻訳に参加しましたが、ゲームのローカライズで大変なのは翻訳よりも実装と調整です。本当におつかれさまでした。



どんなゲームかというと、見ての通りの日本のギャルゲーを意識した全年齢ビジュアルノベルです。
なんでそれがそんなにも大人気なのかというと、言語が英語で無料だからです。完全無料。ゲームが気に入ったら寄付もできるし壁紙やサントラの入ったファンパックが10ドルで買えるよというシステム。

そして何より、DDLCが画期的な演出を採用しているのが、これだけブームになっている主因。「Japan Sales Only」のゲームで既に試された手法も、ビジュアルノベルに縁のない英語圏のゲーマーにとっては極めて新鮮なものなのです。

それにDDLCにはロマンがつまっています。製作者のロマン。ヒロインたちのロマンが。
このゲームで何を伝えたかったのか、何をやりたかったのか?
その答えの根底には極めてポジティブなロマンが流れていて、それがゆず茶がこのゲームをここまで気に入った原因であり、そのせいで今こうして布教しています。



というわけでDLしよう。

[ゲーム本体]

[日本語化MOD]
Doki Doki Literature Club v1.1.0 非公式日本語化パッチ

ネタバレを見てしまうと楽しさ激減なので、一切の情報を遮断し、動画も画像もレビューも探さずまずはプレイするのです。

オススメは最初に一度英語でプレイしてから年内に配信予定の公式日本語版で遊ぶこと。だけど英語がアレなら最初からこの有志日本語化MOD利用で問題無し。これから氾濫するであろうネタバレを見ない内にさっさと遊んでおくのがよさそうですし。

プレイして絶対に損のない傑作だから。個性的な野心作だから。さあプレイするのです。


あとついでにエンディング曲の日本語訳動画を置いときますね。翻訳MODでも字幕出るみたいだけど動画の方はかなりくだけた感じで日本語で歌えるようにもなっています。
さほど問題無いとは思うけれど歌詞は一応ネタバレだからクリア後に見てね。
13:07  ゲーム | Comments(0)
2018/02/04

フレラバ他英語版とものべのSteam版とまいてつVRとHunie Pop 2とまおてんと不買の夏、まほろばの夢とマスターアップ

今日も冷えます。

以下最近気になったもの。


フレラバ
Hello,good-bye
サノバウィッチ
MeltyMoment
スキとスキとでサンカク恋愛
 /NekoNyan

英語版発表
日本のエロゲを英語でリリースするための新しいパブリッシャーが出来たようです。まずはフレラバからリリースとのこと。

Kickstarterに頼らない完全自己資金での活動が謳われています。
どうやら昨年末くらいにSekai Projectの星空のメモリア時計仕掛けのレイラインで誤字や未翻訳部分が目立ち「KSで資金集めといてなんだこの適当な仕事は」とユーザーがお怒りのところ、中の人の「校正に金なんかかけてられねーよ」という発言があり炎上していたようです。
NekoNyanがリリース文の中で触れている「最近の欧米におけるビジュアルノベルのローカライズ事情」というのはそれを受けての発言っぽい。ぽい。

ともあれVN市場がもっと盛り上がるとよいですね。


茂伸奇谈-Monobeno- /Lose, HIKARI FIELD
『ものべの』(全年齢版)の中国語版がSteamにて販売開始。
なんと日本語テキスト入り。同じパブリッシャーの『サクラノモリ†ドリーマーズ』(MOONSTONE)や『タユタマ2』(Lump of Sugar)は日本語抜きだというのに。さすが俺たちのLoseさん……正直感動した。今度Enty入ります。

なお、モノがモノだけに(ものべのだけに)18禁パッチは無く、Vita版準拠の完全健全版の模様。ですよね。こんな幼いヒロインのエロゲなんて中国で出したら命に関わるよね。


まいてつ -pre station- /Lose、イエティ
まいてつのPS4版が発表。
なんとPS VR対応。3Dではない紙芝居2Dエロゲの移植なのに。さすが俺たちのLoseさん……正直感動した。今度ファンティア入ります。
VRコンテンツの内容はファンのお話によると「ハチロクと対面できるもの」だそう。「VRビューワー」って書いてあるし、3DモデルかE-moteVRを単純に眺める系かな。

高価で豪華な限定版がいかにもLoseさんっぽい。
すときゃすてぃくすはユーザーに寄り添い続けるLoseさんとまいてつガチ勢の皆さんを応援しています。


Hunie Pop 2 /HuniePot
現在公開されている分のヒロイン一覧。
左から、
ヤク中そばかすビッチ・ムッツリスチュワーデスビッチ・子持ちアル中アラフォー娼婦ビッチ・口の悪い性の妖精ビッチ・派手なホテルメイドビッチ・原宿系ガングロビッチ・ゴスパンクビッチ――
見事なまでに全員ビッチである。萌えという概念がまるで存在しないタフなヒロイン達……これだからHuniePotさん大好き!

「もっと貧乳をくれ」というファンの嘆きに対する返答も。
めちゃツッコまれたけど、確かに現在公開されているヒロインはほぼ全員が巨乳ビッチだ。近日中にバランスを取るよ

そんなGOTY有力候補の『Hunie Pop 2』は2018年発売予定。あ、おそらく英語のみです。


まおてん /Candy Soft
原画:天海雪乃 シナリオ:さかき傘
発売日未定

公式サイト公開&タイトル名がいつの間にか決定してた。
面白そうで楽しみです。『思春期なアダム』ファンとしては「天使の少年」とのHシーンがあるのか無いのかが気になります。

あとお正月プレゼント企画も開催中。5日の朝までだよ。
本名・住所記入必須というハードルの高さからして絶対に倍率低いから気になる人はGO。


約束の夏、まほろばの夢 /ういんどみる
ご購入特典ガイド公開など。

> 早期予約キャンペーン
( ^ω^) ……
> ※早期予約キャンペーンは通販対象外です (Sofmap商品ページより)
(#^ω^) Goodbye, Windmill.


ランス10』 /アリスソフト
マスターアップのお知らせ。
めでたい。待ち遠しい。はよやりたい。


●●●

『ゼノブレイド2』プレイ中。ここ最近ヒマさえあればずっとこれやってます。めちゃくちゃ時間かかるゲームだったでござる。

基本的に面白くて手の込んだ良いJRPGなんだけど、ところどころにユーザーをただただイラ立たせる「悪いゲーム」が仕込まれている。そして見た目あからさまに、異様に性的な女性キャラクターたち(CERO C)。とても奇妙なゲームだ。
19:18  エロゲ | Comments(2)
 | HOME | Next »