2018/07/06

Lucy Got Problemsとろけらぶと甘園ぼとあまやかせいかつとマスターアップ

最近災害が多くて困りますね。悔いの無いようせっせと積みゲーを崩しましょう。

以下最近気になったものー。


Lucy Got Problems /Flat Chest Dev

海外産の18禁(パッチ方式)ビジュアルノベル。サキュバスの主人公がエルフの森でいろいろなトラブルに遭いつつがんばるゲーム。えっちなシーンはあるけど男は登場しない模様。英語オンリー。

ブランド名とは正反対のむっちむちビジュアルに釣られて体験版やってみたら結構楽しかったw 主人公のLucyが賑やかでエロかわいい。QTE(時間制限付き選択肢)があったり分岐が多かったりとゲームの作りも少し凝ってる。なんだか懐かしいというかゲームブックに近い感じのADV。

8月発売予定で、現在Patreonで支援受付中。ちょっと小銭投げてくる。


ろけらぶ /フロントウィング
原画:ななかまい シナリオ:保住圭
価格:2138円 メディア:Steam、DLカード
10月26日発売予定 


ひっさしぶりの保住センセイ単独シナリオ新作きましたわよ! しかもヒロインがCV:鶴屋春人とな。
買うわ。ライターとCVしか見えてないけどでも断然買うわ。


甘園ぼ /マーブルCandySoft
サンプルCG更新、応援キャンペーン開始など。
いたずらシーンのCGが追加されました。寝てるところに手出すのとパンダ号のやつの犯罪臭が実にこのシリーズらしいですね。

ところで、シナリオライターの名前がどんどん追加されていってるんですけど……いや、俺達のマーブルCandySoftさんならライターが何人いようが完璧に統率し「ぼ」シリーズ新作の名に恥じない立派な口リを作り上げてくれるはず。(狂信者の目で)

応援バナーサンキュー。
甘園ぼ 応援バナー


ボクのあまやかせいかつ』 /Carol Works
サンプルCG更新など。
全裸きましたわよ。でもどっちかというとおしっこの方が目立つw ソファーが大変なことに!!

ところでこれ今月発売のはずなのに、体験版はおろかCVすら公開されていませんね。……(察し) でもせめてCVがわかんないと店舗特典が選べませんよはよはよ。

『あまかつ』を応援中!


抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳(わたし)はどうすりゃいいですか? /Qruppo
マスターアップのお知らせ。めでたい。


●●●

『WORLD OF FINAL FANTASY』プレイ中。
「頭にかわいいイキモノを乗せて戦う」という、FFらしいクレイジーなJRPG。戦闘で集中攻撃されてバランス崩してスタンした時はコンセプトに疑問を感じずにはいられなかったけれど、慣れるとまあそんなに悪くない。かわいいし。
気楽に遊べるFFってのは案外アリですね。
23:18  エロゲ | Comments(0)
2018/06/22

Steamサマーセールで購入すべきタイトルを10本選んでみた

毎年恒例、Steamのサマーセールが始まりました。
せっかくなのでSteamに売ってる名作を10本選んで紹介して、人さまのお財布を軽くしたいとおもいます。


『Oneshot』


『FTL: Faster Than Light』


ジャンル:ローグライク、シミュレーション 日本語:有志MOD有り

あみだくじのような進路を宇宙船を強化したり船員を集めたりしながら進み、ラスボス撃破を目指すゲーム。

雑魚敵をいなしてお金を貯めて装備をアップグレードしながら進むだけ……それだけのことがいかに大変で刺激に満ちているか。そのランダム性と自由度、そして鬼畜難易度のせいで中毒性が極めて高い。もはや「ローグライク」ならぬ「FTLライク」という表現が使われるほどの超名作。

要求スペックは極めて低く、価格も激安。もしも未プレイなら義務教育レベルの必携タイトル


『Slay the Spire』


ジャンル:ローグライク、カードゲーム 日本語:有り

FTLのエッセンスを取り入れたカードバトルゲーム。敵からドロップするカードを拾ってデッキを組み立てながら進み、ラスボス撃破を目指す。スマホの『ダンジョンメーカー』を遊んだことがあるなら、あれの戦闘がカードゲームになったものを想像すればおおよそ合ってる。

とても遊びやすく、1プレイにかかる時間もそれほど長くない。狙ったデッキとカードの引きが上手くハマった時の爽快感が特徴的。ローグライクにしてはストレスをあまり感じることなく気持ち良く遊べる。

毎日違うルール(お題)でのスコアアタックが開催されていたり、難易度がそこまで高くないことから、やはり1プレイの遊びやすさや爽快感を重視しているように見える。気軽に楽しめるとても良いゲーム。

正式リリース時に値上げが予定されているので、早期アクセス期間ではおそらく最後の大規模セールの今が絶好の買い時じゃないかしら。


『RimWorld』


ジャンル:シミュレーション 日本語:有り

現在の最強インディーゲーはこいつ。不時着した惑星で仲間と資源を集め拠点を作り、サバイバルしながら脱出を目指すゲーム。

自由にレイアウトして快適で強固な基地を作り上げる面白さ。何かと精神不安定になりがちな住人たちをトラブルに対処しながらマネジメントする面白さ。無慈悲な襲撃者達を撃退する面白さ
これら全てが密接に結びついていて、シビアなバランスと相まって、とにかくやめどきが見つからない究極の時間泥棒。あのCivよりヤバイ

開発が「セールは一切行わない」と明言しているため、ぶっちゃけサマセで買う意味はほとんど無い。いつでも買い時。ただ、今夏予定の正式リリースの際に値上げが予想されるので、今がお買い得かもしれない。


『Frostpunk』


ジャンル:シミュレーション 日本語:有志MOD有り、公式日本語化予定有り

Steamにレビューを書いたらめっちゃくちゃ投票されてびっくり。氷河期に突入したスチームパンク世界で人類最後の都市のリーダーとして民衆を導くゲーム。

シムシティのような街作りゲーに見えるものの、本作はサバイバルがメイン。劣悪極まりない環境は容赦なく人命を奪い、様々なイベントが決断を迫ってくる。のほほんと理想的な都市を建設しているような余裕は一切無いのだ。

住民は今日を生きるだけで精一杯、食料にも燃料にも全く余裕は無い。そんなところに他の生き残りが町を訪れた……あなたはこの難民を受け入れる? それとも、門を閉ざし見捨てる?
聖人にはこのゲームはクリアできない。必ず理想を捨てざるを得ない時が来る。そして、Frostpunkはその非情な決断を容赦なく責めたてる。

楽しく遊ぶものという意味でのゲームとしては欠点も多いかもしれない。全体的に暗すぎて笑顔になれる時間もほとんど無い。それでも、何度も失敗した末に紙一重でメインシナリオをクリアした瞬間は、他では得難い、いつまでも記憶に残るであろう体験だった。
「世界の終焉」といった雰囲気が好きな人におすすめ。


『Mount & Blade: Warband』


ジャンル:アクション、RPG 日本語:有り

広大な大地を放浪し自由に生きるゲーム。『太閤立志伝』の西洋・3D版みたいな感じ。

プレイ開始と同時にその辺の盗賊にボコられて身ぐるみ剥がされ己の無力さを知り、武芸の鍛錬に精を出し、仲間や部下を集め、町の依頼をこなして装備を整え、傭兵団として大国同士の戦争で手柄を立てて仕官し、城主になったら独立を宣言、裏切りの怒りに燃えるかつての同僚から猛攻を受け城壁の上で壮絶な戦死を遂げる……

「面白そう!」って思ったら買い。めちゃくちゃハマるから。馬にまたがって突撃したり無双したり飛んできた手斧に脳天カチ割られたりするの最高に楽しいから。


『Moe Jigsaw』


ジャンル:パズル 日本語:有り

その名の通りの萌えジグソーパズル。ういんどみる提供。
どこまでいってもジグソーパズルに過ぎないものの、システムがよく出来ていて快適に遊べるのが良いところ。なんとなくジグソーが遊びたくなった時に最適。

絵柄が絵柄なので、「この肌色のピースは胸? それとも太もも?」とか考えたり、ぱんつピースを凝視したり、やたら難しい網タイツ部分をグループ分けしたり……そんな風に組み上げていくことになる。このプレイ感が何と言うか、その……とにかく充実した体験ができるのだ。

定価400円が早くもセールで半額という驚くべき安さ。すごく良いゲームだと思う。もっと評価されてもいい枠。
DLCはういんどみるの他にネクストン系列ブランドのエロゲの絵柄(健全)も有り。特にアマカノは綺麗で色彩豊かでジグソー向けっぽい。


『OneShot』


ジャンル:アドベンチャー 日本語:有り

RPGツクールを魔改造して作られたドット絵アドベンチャーゲーム。

ネタバレ厳禁系のやつなので多くは語れない。「心揺さぶる」「ハートフル」「かわいい」というワードにピンときたら絶対に買おう。あと「PCでしか為し得ない」も。
後半の展開もすごかったけれど、最後の最後で「!!!!!!」となった。これだからビデオゲームというメディアが好きなんだ。

今年プレイした中ではベストの一本。心を揺さぶりまくって最後にはちゃんと笑顔にさせてくれる、最高のゲームだよ。


『Night in the Woods』


ジャンル:アドベンチャー 日本語:無し

大学中退擬人化ネコのモラトリアム生活アドベンチャー。

奇妙な設定とは裏腹に、とても地に足の着いた、キャラクター達の身近な感情が胸を打つ。シンプルで力強いビジュアルと秀逸なBGMがそれを後押し。
一言で言えば「エモい」。めっちゃくちゃエモーショナルで感情豊かな作品。これまでプレイした中で5本の指に入るくらいお気に入り。

ただ、英語オンリーでテキストの比重の高い作品なので、英語がダメなら楽しみようがない。日本語動画もあるっちゃあるけど、選択肢分岐が豊富だからゲームの代わりにはならない。どこかがローカライズしてくれることを祈ろう。


『VA-11 Hall-A』


ジャンル:サイバーパンクバーテンダーアクション、アドベンチャー 日本語:有り

何度でも紹介するよ! ベネズエラ産のPC-98世代リスペクトなアドベンチャー。

プレイヤーは主人公ジル(♀)となって、バーテンダーとして仕事をしながら日々を過ごしていく。やることはカクテルを作り、会話をするだけ。それだけでこの「グリッチ・シティ」に入り込むには十分なのだ。

ディストピア的未来の町の不穏さは、主人公たちに直接は影響しない。ヒーローでも何でもない単なる一市民は日々を生きるだけ。知り合いが事件に巻き込まれても、政治や経済の余波が店に及んでも、できることもやることも変わらない。このどこか空虚な日常を変えられるとしたら、もっと個人的な――

キャラクターに知性を感じられるのが本作の魅力。彼らはそこで生きているのだと思わせてくれる。
精神年齢24歳の口リアンドロイド娼婦にバブみを感じ、ツンツンおでこ獣医とクールな犬萌えアンドロイドのカップルにwktkし、「好きです」と告白されたら「なんで」と返すアル中ニコ中バーテンダーへの愛おしさが止まらない。
さあ一緒に公式Twitterから流れてくるファンアートにもだえよう。


『Freedom Planet』


ジャンル:アクション 日本語:無し、公式日本語化予定有り

毎度おなじみ、人生で一番好きなゲーム
ソニックをリスペクトしたハイスピード2Dアクションゲームで、美しいドット絵ステージの出来の良さ豊富なアクション魅力的なキャラクターフルボイスのストーリー音楽、どれをとっても最の高、あまりに好きすぎて公式に関わることになってしまった運命の傑作であり、神ゲーであり、買いである。

長らくお待たせしている日本語対応はたぶん秋になりそう。日本でもSwitch版出るといいね!


●●●

上記のゲームはほぼ全てが圧倒的クオリティの神ゲーなので、気になったら頭空っぽにして買おう。早くしないとセールが終わってもしらんぞー。

今回紹介しなかったオススメタイトルはまた次の機会にでも。

ゲーム買うのってたのしいね!
23:00  ゲーム | Comments(2)
2018/06/07

Steamでエロゲが解禁されたらどうなるのか

2018年6月7日、デジタルコンテンツ販売ストアSteamにおいて販売するゲームを原則的に全て容認する旨の声明が公式ブログに投稿されました。
原文はこちら。ゲーム系メディアのAUTOMATONさんGame*Sparkさんなどが日本語のニュース記事を上げているので詳しくはそちらをご覧くださいませ。

これまではストアに並べるゲームを「ポルノ禁止」「不適切なもの禁止」などと審査していたところを、声明では違法なものと荒らし行為を除いて全て容認すると方針転換を明言しました。

学校の銃乱射事件をテーマにしたFPSが登場して炎上したり、二次元おっぱい弾圧事件で炎上したりといった最近の出来事からの、「判断基準があいまいすぎる」という批判に対する回答がこれ。Steamは様々な案件を一つのガイドラインで審査するのは不可能と判断、例外を除き審査すること自体をやめ、創始者ゲイブ・ニューエルの掲げる方針「オープンなプラットフォーム」に徹することを決断しました。この内容をそのまま受け取ると、「今後(時期は未定)はどんな不謹慎なゲームもハードなポルノゲームもSteamで販売できる」ということになります。

運営元Valveによるこの衝撃的な発表を受けて、海外では早速「無責任すぎる」という批判と賛成派とで賛否両論の騒がしい事態になっている模様。

表現の検閲が無くなったのはゲーマーとしてとても嬉しい、でもゴミみたいなゲームもどきが今以上に増えて良作が埋もれるようなことになりそうで心配、ってかフィルタリングはきちんと機能するのか? 問題が起きた時にValveは耐えられるのか? MOD有料販売の時みたいにすぐさま前言撤回しやしないだろうか? ともあれ判断基準を明確化したのはよいことだと思うし #waifuholocaust をこういう形で終わらせたことは歓迎したい、サンキューゲイブ――

と、この発表自体についてはこれくらいにして、ここはえっちなことに興味のある人向けのブログですゆえ、「もしSteamでエロゲが解禁されたらどうなるか」を予想して妄想を垂れ流して楽しみたいと思います。



>>続きを読む
22:28  日記・雑記 | Comments(0)
2018/05/18

Steamストアにおける二次元おっぱい弾圧事件

[UPDATE 2018/5/20]
BAN対象タイトルを追加
Valveからの回答を追加
[UPDATE 2018/5/23]
GOG.comの対応を追加

2018年5月18日、Valveによるデジタルソフトウェア配信サービス Steam が、ストアで販売されている複数のゲームの開発者に対し、ガイドライン違反を理由に、ゲーム内の「ポルノコンテンツ」の削除を要請しました。2週間以内に応じない場合、Steamストアから該当ゲームを削除するとのこと。

同内容の警告を受け取ったことが現在判明しているタイトルは以下(のSteam版)。
HuniePop /Huniepot
Mutiny!! /Lupiesoft
Tropical Liquor /Tentacle Games
Kindred Spirits on the Roof /MangaGamer
Battle Girls』、『Galaxy Girls /Dharker Studios, Sekai Project
Re;Lord 1 /Escu:de, Sekai Project
Roommates /Winter Wolves
Sakura Sadist』他Sakuraシリーズ / Winged Cloud
DEEP SPACE WAIFU』 /Neko Climax Studios, Hammerfist Studios
Karmasutra /Top Hat Studios
(推定)VR Kanojo /Illusion

これらの多くは発売から数年経ったタイトルで、今日までストアで普通に販売されてきました。中でも『HuniePop』は「18禁化パッチ方式」と呼ばれる手法をValve公認のもと導入した先駆け・カリスマ的存在であり、推定約80万本を売り上げている実績があります。『Kindred Spirits on the Roof』(邦題『屋上の百合霊さん』)などValveの担当者の確認を取った上で配信されたタイトルもあり、今回の突然の警告に各メーカー衝撃を受けている様子。

(意訳)「僕らのゲームはSteamのガイドラインに何も反してはいない。MangaGamerの人がValveの担当者と会った時だってSteamにちょっとえっちなゲームがあってもいいよねって言ってたのに」

これまで明確にOKとされていた(ESRB審査を通った)ゲームが何の説明も無しにNGとされたこと、「ポルノ」とされる部分がどこかが不明であること、上記タイトルと同等以上にセクシャルな表現を含むゲーム(『The Witcher』シリーズや『GTA』シリーズなど)が一般に受け入れられSteamでも販売されていること、二次元美少女系狙い撃ちであること、などが問題として挙がり、関係者やファンから不満が噴出しています。

この件に関するもっとしっかりした記事が読みたい方はこちらをどうぞ。
Steamの“アダルトゲーム”界隈に異変。開発者複数名が、Valveからポルノコンテンツの削除要請を受け取る - AUTOMATON
→ (英語)Several Adult Games on Steam Threatened with Removal - LewdGamer

多くのタイトルは日本語に対応しておらず、英語のゲームに馴染みの無い日本人にとってはあまり関係の無い話に見えます。
が、この件を受けて「じゃあSteamやめて代わりのプラットフォームに移ろうぜ!」となった場合、そしてそれは実際にそうなりつつあるようだけれど、その候補として挙げられているのが
MangaGamer
FAKKU
Nutaku
の3つ。

MangaGamerOVERDRIVE系列のエロゲ販売サイト。パブリッシングも行っている。CG無修正で売っていて母体が日本にあるせいか、日本からのストアへのアクセスは不可能
FAKKUはワニマガジン社と提携していることで有名なエロコンテンツ配信サイト。最近になってゲームの販売も始め、イリュージョンが参加したことで(自分の中で)話題にもなりました。こちらも無修正かつ日本の資本が絡んでいるせいか、日本からのストアへのアクセスは不可能
NutakuはDMMの海外向けサイト。だと思う。なぜか5/18現在は閲覧できるものの、長らく日本からのアクセスを遮断していたことと、DMMの性格上、いつまた日本からのアクセス不可になってもおかしくない。

というわけで見事に全て(Nutakuは若干不透明ながら高確率で)日本人は利用できません。
つまり、開発者がわざわざ「日本向けにリリースしよう」と行動しなければ、このまま上記3サイトに移行すると海外向けのエロゲ・ギャルゲに日本からアクセスできなくなります。

斜陽・縮小が盛んに囁かれる市場と、成長途上にある広大な市場との完全な分断。このジャンルのコンテンツのファンや関係者にとって、これからもずっと関係の無い話でいられるのかどうか――

また、PCゲームのポータルであるSteamと「エロ専用サイト」では宣伝効果が圧倒的に違います。加えて、たとえば『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』『ゆらぎ荘の幽奈さん』を一般向けとして売ることが許されないのならば、周りに濃厚なエロ漫画が大量に並んでるところで果たしてそれらちょっとえっちなものがどう見えるか。

現時点ではまだ、Valveの「ガイドライン」に抵触しない内容ならばSteamで販売することができます。今回吊るし上げられたタイトルの共通点を考えると、「美少女の乳首が露出した絵」がアウトなのだと推測されます。 明確な基準は全く不明です。

しかし、昨年末から今年にかけて性的描写の存在しないThe Key to Home(『いえのかぎ』)とA Kiss For The Petals - Maidens of Michael(『その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち』)が突然ストアから削除された例もあり、乳首が出ていないからといって安心できる状況とは言えないでしょう。

『Sakura Spirit』から数年かけて伸びてきた、Steamに依存したヴィジュアルノベルの成長は、もしかすると、大きな転機を迎えたのかもしれません。

「二次元おっぱいホロコーストだ」

[UPDATE]
日本時間5/20朝、Valveからこの件に関する問い合わせへの返信があったことが報告されました。
(意訳)「――俺の嫁ホロコースト事件の件―― Valveから『先日の警告メールは無視してくれ。混乱させてメンゴ』」という返事が来たよ。今改めて審査し直しているところだそうだ」

ひとまず「前言撤回」「改めて再審査中」という状況であることが判明しました。
「なんで今更再審査してんだ」という根本的問題はさておき、今後のこともその審査の結果次第ではありますが、特筆すべき点は、Valveから問い合わせに対する返答と謝罪があったこと。質問してもシカトを決め込むことに定評のあるValveが返事をしたことは、わずかながらも明るいニュースと言えるのではないでしょうか。

[UPDATE]
『ウィッチャー』シリーズで有名なCD Projektの運営するストアGOG.comがビジュアルノベルの取り扱いを拡大しました。
「これは始まりにすぎない」

現時点ではどのような基準で「難民」を受け入れるのかは不明ですが、CDPは「あっちもエロ要素あるのに」と引き合いに出されている『ウィッチャー3』の開発・販売元でもあり、このタイミングとこの発言、『Sunrider』の外部パッチの存在を明言していることから、ある程度の――従来のSteam程度の寛容さはあるように思われます。

GOGは、DRMフリーを掲げている、比較的古いゲームを中心に(もちろん新作も)取り扱っているストアです。標準でDRMがついてくるSteamの完全な代替にはなりませんが、CDPはユーザーフレンドリーという点では世界でも類を見ないほど評価の高い企業でもありますし、今回の動きに安心感を覚えたファンも多いのではないでしょうか。
なんといっても――日本からでも買えますし!(大声)
>>続きを読む
23:59  ゲーム | Comments(0)
2018/03/02

未来ラジオと人工鳩と孫呉の血脈とまおてんとTropical Liquorとコイカツと体験版2つ

全て終わったはずなんだけどその後の動きが無い。謎です。アレの話です。

以下最近気になったもの。


未来ラジオと人工鳩 /Laplacian
ティザーサイト公開。

今日もラプラシアンは元気みたいです。

それと『キミトユメミシ』がなんと無料配布中。
システム周りの出来が悪く、新エンジンに移植しますと告知がなされてから一年半……突如製品まるごと配布されました。どんな判断だ。
無料版は未確認だけれど、なかなか面白くて、びっくりするほど音質が悪いから、興味のある人はぜひどうぞ。


真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈 / BaseSon
公式サイト公開。
呉の番です。一番好きだから買います。

DLコード版とDVD版が別パッケージになるようです。間違ってDLコード版=DMM版を買わないようにご注意!
また、魏で明らかになったように、旧『真・恋姫無双』のリメイク+新規要素追加なので完全新作ではない点にもご注意!


まおてん /CandySoft
初回・予約特典公開など。
色紙バインダーを同時発売という謎展開。色紙バインダーは普通に欲しいぞ。色紙多すぎだぞ。


Tropical Liquor /Tentacle Games
公式サイト公開。
さより先生のNEKO WORKsの姉妹ブランドの第一弾。全年齢版+R18パッチ方式のエロゲです。
パズルゲーム+ADVパートというシステムなのだけれど……パズルというか神経衰弱? 動画見る限りイマイチ面白くなさそう。10ドル前後ならって感じかなあ。来週発売。



コイカツ! /イリュージョン
イリュさんのアニメ系ラインの新作。既にキャラメイク体験版が出ています。
長らくカスメ一強状態だったこの界隈に強力なライバルが!? 的な。VR対応も発表されている以上、買わないといけない気がする。
カスメと違ってキャラクターの性格=ボイスの種類がすごく多いのが大変よろしいよね。


かりぐらし恋愛 /ASa Project
ぱらだいすお~しゃん /PIXEL MINT
体験版公開。あとでやっておきたい。


●●●

『ランス10』プレイ中。期待通りの面白さ&ボリューム&難しさ。
現在のCPは6、Aエンドを1つ見ました。二部とかいう単語が出現したけどそちらはまだ未開放。そろそろ周回が億劫になってきたところですw 序盤や魔人討伐の同じ部分の繰り返しがだるいよね。

よく使うキャラは、ロレックス(つよい)とパステル(かわいい)。200人以上キャラクターがいて加入もほとんどランダムだから、メンバー決めにめちゃ悩む、そこが楽しいゲーム。

周回する際の一部の面倒さとHシーンが少ない点以外は素晴らしいゲームだと思います。真エンドは見たい……でも終わらせたくない……ぐぬぬ。
22:46  エロゲ | Comments(4)
 | HOME | Next »