2018/08/24

ぬきたしFDと千桃FDとイブニクルとラブキューブと乙女が結ぶパジャマとぱいきつ!

平成最後の夏が終わりそうです。残り1週間、悔いの無いよう全力で遊びましょう。

以下最近気になったものー。


抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』 /Qruppo
FD制作決定のお知らせ。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!
ハメドリくん有能。

発売後の好評を受けて市場から在庫が消え、通常版の発売も決定したそう。景気の良いことはよいことですね。


千の刃濤、桃花染の皇姫』 /オーガスト
FD制作進行中のお知らせ。ソースは夏のオフィシャルハンドブック。
あいりすなんとかっていうガチャに全力投球しておまけに大規模改修をすることになった影響で当初の予定より遅れているようです。八月さん大丈夫かしら。


『イブニクル2』 /アリスソフト
新作発表のお知らせ。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!
9月下旬に公式サイト公開予定とのこと。発売は冬かな。
主人公が変わるみたいですね。はたしてこのメガネはどんなメガネだろうか。たのしみ。


LOVE³ -ラヴキューブ- /NEKO WORK H
公式サイト公開。
原画:石恵のエロゲです! って感じだ。発売は今冬とまだしばらく先。
定価2000円のロープライスなのでCG集としても手軽に買えそう。(・ω・)。


乙女が結ぶ月夜の煌めき』 /ensemble
パジャマを見つけました!(それだけ)

左のショートカットの子いいじゃん。って思ったら主人公だった。いいじゃん。


ぱいきつ! /ありけい( @ARYKEI )
有料体験版配信開始。pixivFanboxの500円コースに入るとDLできます。同人のVR専用エロゲです。

早速プレイしてみましたよ。
「ブラやぱんつを自分の手でひっぺがす」という、ゲームでは今まで(たぶん)誰も成功していなかった行為ができることに感動。

これまでの3Dエロゲはカスタムした女の子のHなモーションを鑑賞したりジオラマ作って楽しむタイプのものがほとんどだったけれど、これはわりと毛色が違って、いわゆるセックスシミュレータですね。VRコントローラをおちんちんに見立てて(という表現でいいのかしら)出し入れする動きに女の子が連動して、という。難易度上げるとなかなか女の子がイってくれなくて、緩急つける技術を要求されますw
キスしたりナデナデしたりおっぱいに吸い付いたり搾乳したりもできるよ。

なんだか言葉にしにくいけれど、とにかく今までのエロゲと全然違って新鮮。そしてエロい。VRならではって感じもある。
というわけで製品版楽しみ。


●●●

『モンハンワールド』始めました。PC版。
基本的にソロでやってるので、サーバー周りのトラブルにはほとんど影響受けずに遊べてます。昔のモンハンと比べてすごく快適になってるし。なんでレビューでボロクソに叩かれてるんだろ?的な。
でも試しにマルチやってみたら途中でサーバーエラーで一人取り残されてクエスト失敗して「クソゲーだわこれ」ってなりました。ナットクの低評価!
あとめっちゃ重い。1080tiでも2560*1440で60fpsギリギリ。CPUパワーが影響してるのかな。画質落とせば軽くなるけども。

上位まで来てちょっと飽きてきました。まあどこまでいってもモンハンでございますね。


エロゲの方はぬきたし終わってから全くやれてません。大学生の頃の夏休みが恋しすぎる。
21:27  エロゲ | Comments(0)
2017/08/11

瞬旭のティルヒアと新作予告とカラオケパックVRとめくいろCVとぎゃるがんVR

今日からコミケみたいですね。参加される方は熱中症に気をつけて戦ってきてください。

以下最近気になったもの。


瞬旭のティルヒア /ライアーソフト
原画:霧生実奈、Lem シナリオ:禾刀郷、茗荷屋甚六、岩清水新一
2018年春発売予定



嘘屋スチパン再開のお知らせ by FC会報。
スチパンとかもはや何もかもが懐かしい的なアレだし、桜井センセイは原作だけのようでまた色々とアレですが、ともあれ新作発表はめでたい。
同人誌版ティルヒアは1冊目だけ持ってる勢です。完結したのかしら。


『(タイトル不明)』 /CandySoft
スタッフブログ
> 別ブランドで、来週、新作発表がされる予定のようです。
との予告が。
CandySoftの別ブランド……それってまさか……!? (ガタッ
常々はよはよ言い続けていたマーブルの新作なのか、はたまた別の何かなのか。情報はよ。

あとついでに、さかき傘新作の方のタイトル名決定もはよw 名前がわからないと触れにくいから!


カスタムメイド3D2 カラオケパックVR /KISS
毎度おなじみカスメのDLC。電気外祭りで発表されたそうな。

『バケーションパックVR』のカラオケを拡張するものだそうです。
あれすげー良かったからね。別荘のリビングで、嫁イドがカラオケで歌って踊ってくれるやつ。言葉にするとすごく普通だけど、実際VRで体験すると、謎の臨場感と楽しさがすごいんですよ! マジで! 嫁イドのダンスなんてカスメ本編にもある定番のコンテンツなのに、何故かあのカラオケは通常ダンスよりも威力があるのです。あれ体験した時は、「ここで暮らしたい」、そう思ったね。
というわけで大変楽しみ。


絆きらめく恋いろは /CRYSTALiA
CV公開。
蓬かすみ、卯衣、藤崎紗矢香、ヒマリ、小倉結衣 という布陣。なるほど。

CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!


ぎゃるがんVR /インティ・クリエイツ
Steamにて配信開始。
エロゲじゃないけど海外で発禁くらうようなゲームだから似たようなもんだよね。
半年くらい前に開発開始の発表があって以来何の音沙汰も無かったのが、突然の販売開始で全世界が驚愕。

そして即購入、プレイ。
案外面白い! 思わず笑ってしまうし、ガンシューとしてもよく出来ておりますよ。

きっちり敵を倒してると敵キャラが女の子になっただけの単なるガンシューなので、ほどよく手抜きして、間近に迫る女の子にビクッとしたり、ぱんつを撮影したり、押し倒されたりするのが正しい楽しみ方だと思いました。
「ぱんつを撮影する」という実績が登場キャラ全員分にある辺り、とてもクレイジーでたのしいゲームです。


●●●

『恋姫』プレイ中。めちゃくちゃ長い。
何姉妹が期待通りのよいビッチで、それでいて恋姫キャラっぽくて満足です。コロッケ食べたい。
16:21  エロゲ | Comments(2)
2017/05/26

2017年5月のお買い物

気が付けばディスプレイの中に入れるようになってから既に一年経過。時が経つのは早いものです。うちのViveさんはカスメ専用機として今日も元気に稼働しています。

さて、今月のお買い物結果はこちら。


【PC】【VR】TITAN SLAYER
【PS4】【旧作】Unravel
【PS4】【VR】【旧作】クロワルール・シグマ
ネコぱら vol.3 ネコたちのアロマティゼ豪華版
Amenity's Life MiniFanDisc -レゾナ&板野奏 Ver.-
ニュートンと林檎の樹』 (オフィ通)
天結いキャッスルマイスター(特典無し)
あなたに恋する恋愛ルセット(オフィ通)

以上でした。


恋愛ルセット……? 検討すらしてなかったよねキミ……?
――疲れてたのよ。過酷な現実に疲弊している時にあんなピュアな萌えゲー体験版とパジャマとおしりを見せられては、衝動買いわっしょいせざるを得なかったのよ。全てを放り出して女の子と一緒にずっとお菓子を作っていたい。

残りのエロゲsは、ロープラ2つはほぼ内容わかってるからいいとして、ニューリン天結の出来や如何にという感じです。何から始めようかナー。


TITAN SLAYERはオークや巨人と戦うVRゲーム。たまたま見かけて面白そうだったのでポチった。
コロプラってガチャアプリのメーカーでしょなんて超ナメてたんだけど、普通にコアゲームで迫力あって悪くないじゃないか。認識を改めたよ。

UnravelはPS Storeで500円以下になってたのでポチった。たぶん今もまだセール中。
すごく綺麗な雰囲気ゲーでした。1000円以下ならオススメ。

クロワルールΣもセールで見かけてポチってみた。全く使っていないPS VRをどうにか活用しようと思って……w とりあえずキャラクターのぱんつを覗いて怒られるところまでは進めた。たのしかった。(小学生)
あとこれ日本では珍しいクロスバイ対応なのが素敵だね。1つ買うだけでPS4版とVita版両方DLできるというやつ。時代はインディーだ。
22:12  お買い物 | Comments(2)
2017/04/24

VRカノジョ 感想

セルフレ

『VRカノジョ』

ILLUSION

★★★★★


VRカノジョ

ILLUSIONのVR専用エロゲVRカノジョをプレイしたので軽くレビューしてみます。

総評

VRとは……Virtual Reality の略。仮想現実。専用のヘッドセットを装着することで、仮想空間に入り込んだような体験ができる。2017年現在、視覚・聴覚(・簡易な触覚)を再現したVRが実用化されている。

というわけで要するに、「画面の中の女の子とエロいことしたい」という人類の夢を実現するツールがVRエロゲです。通常の3DエロゲをVRに対応させたものや、同人レベルでのVRエロゲはいくつか既に存在しますが、商業エロゲとして世界で初めてVR専用(VR環境が無いとプレイ不可能)を謳ったものがこちら『VRカノジョ』となります。

VR専用エロゲであるというその一点だけでも、たとえ5000円という価格に見合わないボリュームだろうが、笑っちゃう展開だろうが、とりあえず買えと言わざるを得ません。
ここで日和ってみても、他にVRエロゲなんて何がある? カスメは当然持ってるとして、あとは過去のイリュゲーと同人が1本2本……そして、これから新作が継続的に開発される保証などどこにも無い。
つまりそういうことなのです。


また、そもそもVRが初めてという人にとっては、VRコンテンツの持つ実在感、「そこにいる感」は驚異的。慣れない内はパンツを覗くこともできない。常識人であればそれは「いけないこと」だと知っているからです。本来ゲームでは何をしてもいいはず、しかし無意識に自制したり緊張してしまう……脳が仮想現実を「現実」と錯覚してしまうのです。
このゲームもその実在感を(ある程度)備えていました。


――以下、長文感想へ続く。

>>続きを読む
21:18  レビュー | Comments(0)
2016/10/14

PS VR ファーストインプレッション

Playstation VRが全世界で一斉に発売されました。
初回の予約合戦でヨドバシの戦いに勝利した戦利品が我が家にも到着。というわけで先日予約しといた『サマーレッスン』と、他いくつかのタイトルを早速遊んでみましたよ。
以下感想文。

セットアップが簡単

説明書のイラスト通りにケーブルを数本つないで、電源入れて、ちょちょいと画面の指示通りにアップデートしてカメラ位置調整するだけで完了。実に容易で、なおかつPCと違い本体がPS4で固定なので初期不良以外のトラブルの心配が無い、これは非常に大きい。特にViveで死ぬほど苦労した身としては感動ものである。

対応ソフト

サマーレッスン一つとってみてもさすがの大手レベル。無反応がデフォのカスメの嫁イドとは比べ物にならない、この「生きてる」感! 女子高生が本当にそこにいる錯覚。しかもやたら距離が近くて気おくれしますわ。ゲームの女の子に気おくれですわ。モーション、視線誘導、その他諸々が驚くほど練られている。ただし画質はぼっけぼけだがな!

他のもいくつか体験版を遊んでみたところ……『RIGS』はグラは良いのに移動がキツいぞ。スーパー酔うぞ。『Rez』は高評価なのに自分には面白さがわからなくてしょんぼりしたぞ。『VR WORLDS』のTOP画面のボールをつついて遊んでるのが一番楽しかったような気がするぞ。
とりあえずペルソナ終わらせてから本格的に物色を始める。

ところで、酔いへの対策が、「ソフト起動するごとに『たまに休憩をはさみましょう』の告知文を毎回最初に表示する」という最低の代物なのはどうなのかソニーよ。

分厚い後頭部が邪魔

思わぬ落とし穴。自分の部屋の椅子では、HMDを被って座った時、固定バンドの後ろの分厚い部分と椅子のヘッドレストがぶつかる。そのため頭を預けることができず背もたれも使用困難。座位推奨にも関わらず、背もたれの高い椅子が想定されていない。これは痛い。非常に痛い。(涙目)
購入を検討していてヘッドレスト付きのリクライニングチェアでプレイしようとしている人は要注意。ソファとかのやわらか素材なら問題無いかも。

ついでに同じ理由で寝ながらプレイすることも厳しい。寝転ぶとカメラのトラッキング範囲から外れるという別の理由もあるけれど。

性能

正直なところ、VR体験の質はViveの方がずいぶん上だと感じた。そりゃ値段が違うんだから当たり前の話でございますが。

大きな理由はルームスケールハンドデバイス(Viveコントローラ)
座位が基本のPS VRでは「見る」の延長であり、「仮想世界に入り込む」感覚がViveに比べて乏しい。ルームスケールは同じVRでも一つ次元が違う代物なのだと思い知った。

さらに一人称のタイトルをプレイしているとどうしても「手」が欲しくなり、パッドが前提のPS VRではもどかしさを覚えることが多い。トラッキング精度も0.1mm単位で正確に認識するViveには遠く及ばず、画面揺れたりトラッキング切れたりしやすい残念なもの。価格差が最も如実に表れている部分。
おそらくPS VRは三人称視点のゲームが今後増えるだろうと思う。

画質は十分本格的なものが楽しめる。解像度や視野でViveよりも劣る一方、網目感が少ない点などは上回ってもいる。それらの差はどれもさほど大きくなく、価格差を考えると驚異的。

基本的な装着感も良い。上記の後ろの部分が分厚いことによる弊害を除けば。
眼鏡着用時は装着の仕方によっては眼鏡がレンズにぶつかる恐れがあって、それを避けようとレンズとの距離を放すと視野がさらに狭まったり、外部の光が入り込みやすくなるため、PS VRは裸眼・コンタクトに比べて眼鏡着用時の体験の差が明確に出やすい。快適さは全く問題無し。

R18

もちろんPS VRでエロゲはできない。正確にはVRエロゲはできない。
※一部でPCの画面を表示できたと話題だが、シアターモードという機能で、あくまで2Dディスプレイとして疑似的な大画面で表示できるというもの。解像度等の関係で通常のディスプレイより画質が劣ることと、寝そべって使おうにも後頭部のアレもあり、どうしても大画面でという場合以外はわざわざHMDを被らずとも普通のディスプレイでいい。当然、VR専用のPCゲームをプレイできるわけでもない

現時点では、イメージ悪化を恐れたのか、普通のゲームよりもパンツガードが堅い。黒塗りだったり存在しなかったり画面が暗転したりともう必死である。『DOAX3』のVR対応予定日が未定になった以上、当分の間はPS VRは極めて健全である。エロいのがやりたければPC一択。
参考 → カスタムメイド3D2 VR スタートガイド
   → VR対応のエロゲとギャルゲ 2016年夏版

そういえばPS VR発売日に『VRカノジョ』なる18禁版サマーレッスン(断言)を発表した企業があるそうな……。

まとめ

手軽に入手・プレイできるハイエンドVRとして魅力的な選択肢。
もっと良いVRが欲しければPCのがあるし、もっと手軽なのが良ければスマホVRもある。その中でPS VRを選ぶべき理由は、コストパフォーマンス、対応ソフトの質への期待、トラブルの心配の要らない簡易さ、といったところか。

「買い」かどうかで言えば、「VRに興味あるなら買い」
ただし、「今」買うべきかというと、そうでもない。タイトルラインナップの貧弱さはもちろんのこと、今買う気満々だとしてもPS4本体を持っていないなら来月のPS4 Proを待つべき。特にサマーレッスンなど、PS4の性能では画質がやはり厳しい。私はProは完全にスルー予定だったが、VRを体験して買い替えを考え出した。Proでどれだけ向上するか評価を確認してからでも遅くはないはず。そうこうしてる内に品薄も落ち着くんじゃないかな。たぶん。

あと繰り返すけどエロ目的ならやめとけ。PCで使えるかも? なんて夢は見ず、大人しくお金貯めてViveかOculusいくべき。
22:23  ゲーム | Comments(6)
 | HOME | Next »