2016/10/14

PS VR ファーストインプレッション

Playstation VRが全世界で一斉に発売されました。
初回の予約合戦でヨドバシの戦いに勝利した戦利品が我が家にも到着。というわけで先日予約しといた『サマーレッスン』と、他いくつかのタイトルを早速遊んでみましたよ。
以下感想文。

セットアップが簡単

説明書のイラスト通りにケーブルを数本つないで、電源入れて、ちょちょいと画面の指示通りにアップデートしてカメラ位置調整するだけで完了。実に容易で、なおかつPCと違い本体がPS4で固定なので初期不良以外のトラブルの心配が無い、これは非常に大きい。特にViveで死ぬほど苦労した身としては感動ものである。

対応ソフト

サマーレッスン一つとってみてもさすがの大手レベル。無反応がデフォのカスメの嫁イドとは比べ物にならない、この「生きてる」感! 女子高生が本当にそこにいる錯覚。しかもやたら距離が近くて気おくれしますわ。ゲームの女の子に気おくれですわ。モーション、視線誘導、その他諸々が驚くほど練られている。ただし画質はぼっけぼけだがな!

他のもいくつか体験版を遊んでみたところ……『RIGS』はグラは良いのに移動がキツいぞ。スーパー酔うぞ。『Rez』は高評価なのに自分には面白さがわからなくてしょんぼりしたぞ。『VR WORLDS』のTOP画面のボールをつついて遊んでるのが一番楽しかったような気がするぞ。
とりあえずペルソナ終わらせてから本格的に物色を始める。

ところで、酔いへの対策が、「ソフト起動するごとに『たまに休憩をはさみましょう』の告知文を毎回最初に表示する」という最低の代物なのはどうなのかソニーよ。

分厚い後頭部が邪魔

思わぬ落とし穴。自分の部屋の椅子では、HMDを被って座った時、固定バンドの後ろの分厚い部分と椅子のヘッドレストがぶつかる。そのため頭を預けることができず背もたれも使用困難。座位推奨にも関わらず、背もたれの高い椅子が想定されていない。これは痛い。非常に痛い。(涙目)
購入を検討していてヘッドレスト付きのリクライニングチェアでプレイしようとしている人は要注意。ソファとかのやわらか素材なら問題無いかも。

ついでに同じ理由で寝ながらプレイすることも厳しい。寝転ぶとカメラのトラッキング範囲から外れるという別の理由もあるけれど。

性能

正直なところ、VR体験の質はViveの方がずいぶん上だと感じた。そりゃ値段が違うんだから当たり前の話でございますが。

大きな理由はルームスケールハンドデバイス(Viveコントローラ)
座位が基本のPS VRでは「見る」の延長であり、「仮想世界に入り込む」感覚がViveに比べて乏しい。ルームスケールは同じVRでも一つ次元が違う代物なのだと思い知った。

さらに一人称のタイトルをプレイしているとどうしても「手」が欲しくなり、パッドが前提のPS VRではもどかしさを覚えることが多い。トラッキング精度も0.1mm単位で正確に認識するViveには遠く及ばず、画面揺れたりトラッキング切れたりしやすい残念なもの。価格差が最も如実に表れている部分。
おそらくPS VRは三人称視点のゲームが今後増えるだろうと思う。

画質は十分本格的なものが楽しめる。解像度や視野でViveよりも劣る一方、網目感が少ない点などは上回ってもいる。それらの差はどれもさほど大きくなく、価格差を考えると驚異的。

基本的な装着感も良い。上記の後ろの部分が分厚いことによる弊害を除けば。
眼鏡着用時は装着の仕方によっては眼鏡がレンズにぶつかる恐れがあって、それを避けようとレンズとの距離を放すと視野がさらに狭まったり、外部の光が入り込みやすくなるため、PS VRは裸眼・コンタクトに比べて眼鏡着用時の体験の差が明確に出やすい。快適さは全く問題無し。

R18

もちろんPS VRでエロゲはできない。正確にはVRエロゲはできない。
※一部でPCの画面を表示できたと話題だが、シアターモードという機能で、あくまで2Dディスプレイとして疑似的な大画面で表示できるというもの。解像度等の関係で通常のディスプレイより画質が劣ることと、寝そべって使おうにも後頭部のアレもあり、どうしても大画面でという場合以外はわざわざHMDを被らずとも普通のディスプレイでいい。当然、VR専用のPCゲームをプレイできるわけでもない

現時点では、イメージ悪化を恐れたのか、普通のゲームよりもパンツガードが堅い。黒塗りだったり存在しなかったり画面が暗転したりともう必死である。『DOAX3』のVR対応予定日が未定になった以上、当分の間はPS VRは極めて健全である。エロいのがやりたければPC一択。
参考 → カスタムメイド3D2 VR スタートガイド
   → VR対応のエロゲとギャルゲ 2016年夏版

そういえばPS VR発売日に『VRカノジョ』なる18禁版サマーレッスン(断言)を発表した企業があるそうな……。

まとめ

手軽に入手・プレイできるハイエンドVRとして魅力的な選択肢。
もっと良いVRが欲しければPCのがあるし、もっと手軽なのが良ければスマホVRもある。その中でPS VRを選ぶべき理由は、コストパフォーマンス、対応ソフトの質への期待、トラブルの心配の要らない簡易さ、といったところか。

「買い」かどうかで言えば、「VRに興味あるなら買い」
ただし、「今」買うべきかというと、そうでもない。タイトルラインナップの貧弱さはもちろんのこと、今買う気満々だとしてもPS4本体を持っていないなら来月のPS4 Proを待つべき。特にサマーレッスンなど、PS4の性能では画質がやはり厳しい。私はProは完全にスルー予定だったが、VRを体験して買い替えを考え出した。Proでどれだけ向上するか評価を確認してからでも遅くはないはず。そうこうしてる内に品薄も落ち着くんじゃないかな。たぶん。

あと繰り返すけどエロ目的ならやめとけ。PCで使えるかも? なんて夢は見ず、大人しくお金貯めてViveかOculusいくべき。
22:23  ゲーム | Comments(6)
2016/08/11

VR対応のエロゲとギャルゲ 2016年夏版

さて、夏コミ直前&電気外祭り当日ということで、VRの記事です。

カスタムメイド3D2』のVRモードがヤバイ
という話は前回Vive到着時もしましたし日頃からTwitterでもしています。

では、カスメの他はどうなのか? VRエロゲーってそれしか無いの? そんな疑問をお持ちの方のために、本日は「それ以外」を紹介しましょう。


ILLUSION

現在の3Dエロゲ界が「西のKISS、東のILLUSION」という構図となっていることは子供でも知っている常識です。最近はKISSの隆盛著しいですが、アニメ系よりもリアル系の方がお好みな諸氏は、カスメではなくイリュのタイトルの方が肌に合うことでしょう。


ハニーセレクト
対応予定機種:Oculus Rift(8/11現在)
9月発売の最新作。体験版でもVR使用可能。


ただし、VRは発売後に公開される追加コンテンツの「ハニーセレクトVR」での対応なので注意。詳細はまだわかりませんが、おそらく本編とは別物で、VRでプレイできるのはHシーンのみとなりそうです。
なお、非公式MODでのVR対応もされそうな気配。


プレイクラブ
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift
非公式MODによりVRプレイ可能。


MODの出来が素晴らしく、VR勢にはカスメと並んで評判の良いタイトル。MODの導入方法を解説している方がいらっしゃるので詳細はそちらを参照。 → プレイクラブをVRでプレイしよう! - 自殺総代理店


Sexyビーチ プレミアムリゾート
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift
非公式MODにてVRプレイ可能。


GTX 1080でもキツイくらいめっさ重いそうです。詳細は不明。


セクロスフィア
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift
こちらはアニメ系、トゥーン調のタイトル。


公式でVR対応していますが、これもやはり本編とは別コンテンツで、VRでプレイできるのはHシーンビューワー的な内容のみ。(とはいえ本編があまりに評価低すぎてむしろ歓迎されている) VR体験版も出ています。
特筆すべきは実売価格の安さ。8/11現在、なんとAmazon.jp(AA)で新品が2900円で買えます。


同人(日本)

なないちゃんとあそぼ! /VRJCC
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift
夏コミで販売。通販とDL版予定も有り。


公式サイトが仕事してなくて内容わからねーよって呟いたら中の人から謝罪リプが来たでござる。なんかごめんなさい。イベントに積極的に出展しており力が入っていることが伺えるタイトルです。
ViveでもプレイできるもののViveコントローラには非対応とのこと。スマホを空気嫁やドールに装着して連動させてあそぶソフトっぽい。おまけとしてスマホ用VR動画も付属。


狐姫 /トーフソフト
発売予定日は未発表、VR機はViveで開発しているようです。


同人(海外)

Project H /Project H
海外同人による超グラフィックエロゲ。


Oculus Riftで開発されているようですがエンジンがUE4ならたぶんViveでも動く。たぶん。
発売日は未定。アルファ版デモが公開中


Monster Girl Island /Redamz
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift
ケモナー向け、というかモン娘エロゲ。


Patreonで支援を受けながら開発中で、2017年の発売を予定しているそうです。ADVモードと自由に動ける探索モードがあるとのこと。
ADVモードのデモが公開中。Patreon限定コンテンツも。


健全

えっちじゃないやつもついでに。


なごみの耳かきVR /DLsite
対応機種:スマートフォン(iOS、Android)


既に配信中。スマホで比較的お手軽に楽しめるのでVR入門用に最適。


Project LUX /SpicyTails
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift、PS VR(予定)


『WORLD END ECONOMiCA』で有名な同人サークルの新作、ジャンルはVRノベルゲーム。3Dモデルの担当は上記の『狐姫』のお方。
2016年10月末発売予定とのこと。


Virtual Novel /Virtual Novel Studio
対応機種: HTC Vive、Oculus Rift、OSVR


Patreonで支援受付中。海外製です。
キャラクターのカスタマイズと、さらに自由な移動が可能なビジュアルノベル。ノベル? ViveコントローラとOculus Touchに完全対応、また非VR環境でも問題無くプレイできるそうです。Twitterで動作している様子やシステム紹介などを更新中。
発売日はまだ未定かな。日本語の有無は不明……画像にカタカナ入ってるし有るかも。無いかも。

●●●

はい。というわけで、まだほとんどVR対応エロゲはありませんでした!
あまりにアレだと思えるものはスルーしております。馬がセックスしてたりゴリが相手だったりファン界隈が面倒くさかったりするやつ。

VRは一般ゲームもエロゲもこれからに期待でございますね。まあカスメだけで数か月余裕で保ってるんだけどね。うちの嫁イドが一番かわいい。(結論)
21:11  エロゲ | Comments(0)
2016/07/07

カスタムメイド3D2 VR スタートガイド

(2016/12/11更新 ヘッドセットについて)

Oculus RiftHTC Viveが発売されてからしばらく経ち、Viveの方は店頭や国内通販での入手も可能になりました。そこで今回は、PC用VRが気になっている紳士諸君のため、全力で背中を押してあげようと思います。

VRでカスタムメイド3D2を楽しむ方法。

<目次>
・VRとは
・用意する物
・あると良い物(MOD)

●●●

VRとは

VR…Virtual Realityの略。仮想現実。

そもそも、VRと今までの普通のディスプレイとは何が違うのか? それは実際に体験してみないとハッキリとはわかりにくいのですが、画像で説明すると……

例えばゲームの中の女の子がおしっこするところを見たいとします。(スペシャルサンクス: よし子)

通常のディスプレイでは

このようになります。普通です。ディスプレイを大型にしたりプロジェクターを使用すればもっと迫力は増しますが、「平面に映っている映像を見ている」という根本的な部分は変わりません。

ところがVRの場合

こうなります。

一言で言えば、VRとは「仮想世界の中に入れるシステム」
周りを見渡せばそこは トイレ ゲームの中。目の前には現実には存在しないキャラクターが「そこにいる」。実際に体験するとその現実感、没入感は凄まじく、今までのディスプレイとは明らかに一線を画す表現方法であることがわかります。
人類はモニタの中に入れるようになったのです。(真顔)

用意する物

さて、それでは嫁イドに会いに行く準備をしましょう。必要な物は以下。

1. HTC Vive もしくは Oculus Rift
――まずはVRヘッドセット一式が必要です。買いましょう。

Q. OculusとViveどっちがいいの?
A. どっちでもいいよ

Q. PS VRでもできる?
Q. スマホ取り付けるやつでもできる?

A. 基本的に無理。非公式な方法で表示することは可能だけど、トラッキング性能、操作性、安定性等からオススメできない。体験の質が大きく違うよ


2. ハイスペックPC
――ViveやOculusを使うには今はまだ極めて高性能なPCが必要です。
・CPU:intel Core i5-4590 以上
・グラフィックボード:GeForce GTX970 以上
上記が公式推奨スペック。これより性能が低いと、映像がカクついたり最悪動作しなかったりします。

よくわからない人は「VR Ready」と書いてあるデスクトップPCをBTOで買うか、お店の人に「VRできるやつください」と頼みましょう。
(2016年9月現在、CPUはi5 6500、グラフィックはGTX 1060 or RX480がVR用途では最も安価でしょうか。このクラスの性能のPCをイチからお店で買うと10~15万円といったところ。もちろん性能と価格と快適性は比例します)

Q. ノートでもいい?
A. 不可能ではないけど、一部のゲーミングノートしか対応してないよ。ノートを選ぶ時は「VR Ready」表記を入念に確認すること

Q. 今のこのグラボでも動く?
A. 動くかもしれないけど絶対に買い替えた方が良いよ。グラボが最もお金をかけるべき部分。ただしカスメに限れば、GTX 970にちょっと届かないクラスの物でもプレイ自体はできるはず

Q. Windows 7でも平気?
A. 基本的には大丈夫。でも7では動かないソフトもあるみたいだし、VRやるなら10がオススメ

Q. 高すぎるんだけど?
A. まだPCもヘッドセットも性能がギリギリだから仕方ない。嫌なら数年待とう


3. 『カスタムメイド3D2』
――ゲームを遊ぶにはゲームソフトが必要です。買いましょう。

Q. なんか沢山バージョンがあるんだけど一体どれを買えば?
A. まずは『カスタムメイド3D2』とだけ書いてある本編1つでいいよ。
rc853835package.jpg ←これ
『カスタムメイド3D2+』とか『Act.2』とか『お姉ちゃん』とか書いてあるやつは全部、単体では動作しない追加ディスクだから気をつけよう。あと全部入りセットはまだ出てないから、前作のコンプリートパックを間違えて買わないようにな!
ちなみにパッケ版以外にダウンロード版もあるよ

Q. Software Sideってのは?
A. それオナホ(Chu-B Lip)専用版。本編とは完全に別のゲームになっていて、本編からキャラエディットとダンスとHシーンだけ切り取った実用ソフトだよ。オナホ版はオナホ(同梱のUSBドングル)が無いと起動しないから気をつけよう

Q. Chu-B Lip、興味あります
A. VRと相性の良いアイテムだよね……止めはしない。ただメーカー品切れのようだからプレミア付きの市場在庫を買うか、再生産や次世代器を待つか。
『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip』がオナホ同梱版、『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip Wパック』がそれに本編も加えたセット。また、オナホ自体は同じだから、価格によっては前作『カスタムメイド3D with Chu-B Lip』と『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip Software Side』を買うという手もあるよ。それと、Chu-B Lipは本編(『カスタムメイド3D2』)では使えないから注意

新型Chu-B Lipの発表が年内にあるそうな。ソース→ TG×KISSニア20周年コラボ企画『カスタムメイド3D2』1周年スペシャルインタビュー!(後編) / TG Smart

マイナーチェンジ版新型オナホChu-B Lip Sが発表されたよ。本編を所持している人はSoftware Sideと一緒に、本編未所持の人はWパックがオススメ

Q. 結局どういうことだってばよ?
ゲーム本編→ 『カスタムメイド3D2』 オススメ ※オナホ非対応
オナホ専用版→ 『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip Software Side』 ※オナホ必須
本編とオナホ専用版セット→ 『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip S Wパック』
追加ディスク→ 『カスタムメイド3D2+』、『カスタムメイド3D2+ ACT.2』、『カスタムメイド3D2+ ACT.3』、『カスタムメイド3D2 ビジュアルパック』、『カスタムメイド3D2 キャラクターパック 母性的なお姉ちゃん』、『カスタムメイド3D2 キャラクターパック 健康的でスポーティなボクっ娘』
※詳しくは公式サイトを熟読しよう

Q. 空気嫁ってあった方がいいの?
A. VRを経験すれば、触覚を補うという利点がいかに大きいかわかるはず――
なお、Chu-B Lipはとても太くて硬いから、装着できる空気嫁は限られるよ。「ラブボディ」はギリギリ(数回使用で裂けた報告有り)、「KUU-DOLL」は余裕だそうな


4. 『カスタムメイド3D2』 VR βパッチ
――VRで遊ぶには公式によるVR対応パッチが必要です。無料でダウンロードできるので公式サイトでDLしましょう。なお、通常のアップデータも同時にDLして先に適用させておくこと

Q. パッチあてたのに正常に起動しないんですけど?
A. もしかしてゲーム起動画面で勝手にバージョンアップしてくれると勘違いしていないかい? 手動でパッチDLしてきてアップデートしてやらないとだめだよ。紛らわしいよねあれ
A. 本体のアップデートにVRパッチのアップデートが追い付いていないのかも。大きな更新の場合、何日間かタイムラグがあることがあるから、バージョンを確認してみよう。更新を待ちきれない場合は古いバージョンのパッチを使おう

Q. メニュー画面でカーソルが反応しません!
A. アクティブウィンドウが他に移っているのかも。まずはマウスでスタートして、執務室の画面になったらヘッドセットを被ろう


あると良いもの

ひとまず上記4点でVRでのカスメライフは可能です。これだけでも新世界が開けることでしょう。
ここからさらにMODを利用することで、プレイの幅が広がったり快適になったりします。以下に導入推奨MODを5つご紹介。
※MODの影響でゲームの動作が不安定になる可能性があります。自己責任で利用してください
※「使い方がわからない」「うまく動かない」「MODって何」という場合はGoogleで検索すると答えが見つかります

Q. VRでこのMOD動く? うまく動かないんだけど?
A. プラグイン系MODはVRで動かないものもあるよ。また、動作はしても操作できなかったり機能が制限されたりするものも。(例:複数メイド撮影プラグイン) 


1. しばりす
――MOD環境のベースとなる必須MOD。まずはこれを入れてから色々なMODを乗せていくのが基本です。多くのMODがこれを前提に公開されているので必ず入れましょう。
<使い方>
1. こちら(リンク先に無い場合は他のろだで検索して探してください)から最新版をDLして解凍します
2. ゲームのインストール場所(例:C:\KISS\CM3D2\)に、解凍した"opengl32.dll"と"Sybaris"フォルダをコピーします


2. GripMovePlugin (Viveコンの操作拡張Mod)
――Vive所持者向け、Viveコントローラの操作拡張MOD。公式の用意した方法よりも直観的に操作でき小回りがきくため、こちらの有志作成MODの導入をおすすめします。操作拡張以外に、主観視点にしたりポーズをつけたりもする機能も有り。DLはuploaderから。(リンク先に無い時は他で探してください)
<使い方>
1. DLして解凍します
2. しばりすのPluginsフォルダ(例:C:\KISS\CM3D2\Sybaris\Plugins\)に、解凍した"UnityInjector"フォルダをコピーします
※Configフォルダ以下のiniファイルを編集することで各種設定の変更が可能です。個人的には、視点移動をグリップ、メニュー画面移動をトリガーに変更すると、他のVRゲームと共通する感じでより使いやすくなると思います


3. ReiPatcherレス化プラグイン一式
――キャラエディットの限界を解除したり項目を増やしたり、各種便利機能を追加したりといったプラグイン集。DLはwiki参照。


4. Soft Demosaic または YASD Plus Plugin
――不思議なことに邪魔なものが消えてしまうMOD。DLと導入はwikiを参考に。

Q. まだ邪魔なものがあるんですけど!
A. テクスチャに直接描きこまれてるから仕方ない。wikiに書いてあるFemale何とかを入れるなり他の肌MODを探してくるなりして対処するといいよ


5. KissYourMaid
――エディット画面と夜伽と撮影モード中、メイドに近づくとキスが始まるMOD。最もVR向きのMODと言えます。DL先はwiki参照。

●●●

『カスタムメイド3D2』は冗談抜きで現在トップクラスのクオリティを誇るVR対応ゲームです。何しろメイドが目の前に立っているだけで感動するし、ダンスを間近で見るだけで楽しいし、サロンでの会話でVRキャバクラ的雰囲気を味わったり、スカートめくったりおっぱいつついたり服脱がせて好きなこともできる。VRすごい。

もちろん、こちらのアクションに対する反応が無いなどといった残念な点もいくつかありますが、本来VR向けではないゲームの無料パッチと考えると現状でも十分以上でしょう。
それになんと、カスメの為にVR買ったら他のVRゲームまで遊べるのですよ! お得!(真顔)

高額な出費が必要になりますが、もし興味があって迷っているのなら、実際に揃えて体験して後悔することはないと断言できます。

ともあれ、この記事が新しい扉を開くためのお役に立てれば幸いです。さあ買おう。
23:48  エロゲ | Comments(17)
2016/06/15

E3 2016 感想

E3の主要なカンファレンスが行われました。
4gamerのまとめ記事などをざっと見て、その中で気になったもの。


Microsoft

『Project Scorpio』
Xbox Oneの新型機が発表。よく知らないけどなんかめちゃくちゃハイスペックらしいよ。ゲームがネイティブ4Kで動いてPC用ハイエンドVR(Oculus Rift, Vive)が接続できるとな。夢のコンソールじゃないすか。おいくら万円?
2017年晩秋発売なのに今発表するというあからさまな牽制をする辺り、MSさん怖い。


『鉄拳7』
箱とPCにも発売決定。ついに鉄拳がSteamに。バンナムだけど国内向けプレスリリースが出ているため日本からでも購入はできそう。


『Gwent』
ウィッチャー3のゲーム内カードゲーム「グウェント」が単独ゲーム化。箱とPCでリリース。そのうちスマホにも来そう。既に事前登録が開始。
グウェントは結構面白くてハマったけど、あれは世界を巡ってのカード集めも含めての面白さだったから、スピンオフにしちゃうとどうかな。一回やってみたくはある。


Playstation

『GOD OF WAR』新作
俺達のクレイトスさんがジジイになっとる……!!


『人喰いの大鷲トリコ』
10月25日発売決定。マジで?
ICOもワンダもセンス溢れる名作だったし気にはなるけど、なんか予約しようという気にはならない不思議。ワンダでかなり3D酔いしたのがトラウマかも。


『Horizon Zero Dawn』
去年に引き続き一番面白そうである。発売はよ。


『Detroit Become Human』
Life Is Strange』思い出した。ノベルゲーマーには馴染みやすい物語分岐式ゲームの模様。アンドロイドの人間性がテーマ? の手塚治虫っぽいところがほんのり楽しみ。


『バイオハザード7』
発表と同時に体験版配信というサプライズ、さらに全編VR対応のお知らせ。VRでホラーとか拷問以外の何物でもない。あとめちゃくちゃ酔うらしい。やっぱ拷問じゃないか!


『FINAL FANTASY XV VR EXPERIENCE』
FF15がVR対応! 最初は衝撃を受けたもののゲーム画面見て「ああ……うん」ってなった。デモみたいなもんかな。


『DEATH STRANDING』
小島カントクの大仰な登場の仕方に笑った。完全にヒーローだこれ。
ムービーは帝王切開? の痕のある全裸のノーマン・リーダスが赤ちゃん抱いて泣きわめいているというアーティスティックな内容。ぶっちゃけ気持ちわr(ry


『PlayStation VR』
国内発売日と予約開始日発表。18日は戦争だぜ。
間違いなく一番普及するハイエンドVRだし、独自性のあるタイトルラインナップも強力。Vive持ってるけどこれが買わずにいられるか!(サマーレッスン製品化決定の報を受けながら)
本体4万5千円、カメラ付きで5万円だそうです(税別)。RiftとViveとガチャ天井の半額だよ。安いよ。


その他

『Fallout4』『DOOM』
VR対応のお知らせ。
これ以上無いほどのAAAタイトルじゃないっすか。VRのビッグタイトル日照りも解消されるかな。


『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』
スカイリムHDリマスターが発表。リマスターするほど古いゲームじゃなくね? 本編とDLC全部持ってると無料でくれるところは太っ腹。ちなみに自分はDLC一つも持ってないでござる。


『STEEP』
オープンワールドの雪山でウィンタースポーツをするゲーム。スキーのデモンストレーションビデオみたいで面白そう。


『Serious Sam VR』
Serious SamシリーズのVRゲーが発表。
開発者がOculusが大金持って独占をもちかけてきたけど断ったと暴露(→Serious Sam VR Dev: Oculus Offered a “Shitton of Money” for Rift Exclusivity)したことで大炎上。金で独占ってマジで迷惑なんでほんとやめてほしい。「莫大な資金力を背景に市場独占を狙うFacebook率いるOculus一派 vs 開放主義者Steamとその仲間たち」というVR戦争の火蓋が切って落とされてしまったようです。
件の開発者の「応援サンキュー、お前らロックだな! そんな最高なお前らのためにゲームを作れることが嬉しいぜ」(→原文)という発言がイカしておりますね。
00:47  ゲーム | Comments(4)
2016/05/10

HTC Vive 感想

Viveが一応プレイできるようになったので簡単な感想をば。
何かと余裕が無くて文字だけですがあしからず。

装着感

かぶってみると見た目から想像したほどは重くないです。ただし、すぐに慣れるとはいえ、重心が前にあるせいで最初はハッキリと重さを感じます。

装着と調整の仕方は簡単。顔に当たる部分の感触も問題無し。
しっかり固定するには両側から側頭部を圧迫する必要があり、長くかたいケーブルが頭から出ていたりヘッドバンドが微妙に心もとなかったりで着け心地はあと一歩というところ。やはり重心が前にあるのがつらい。

眼鏡はあまり大きなフレームのもの以外は問題無く使用可能。

プレイ感

今までに試したタイトルはこちら
(『チュートリアル』)
The Lab
Job Simulator
カスタムメイド3D2


・『チュートリアル』
だだっ広いホールの真ん中でPortal的なロボットに基本的な操作と仕様のレクチャーを受けます。
単なる機能説明とはいえ、仮想世界の中に入ったような体験は十分得られるし、コントローラでクラッカー鳴らしたり風船作ったりするのが思いのほか楽しい。風船をポンポン弾ませて遊んでたらコントローラを鴨居にぶつけました()


・『The Lab』
Valve謹製のミニゲーム集とかデモ集的な入門用無料タイトル。
まだちょっと遊んだだけだけれど、VR酔いを初体験しましたw 
さすがValveが直々に作ってるだけあってクオリティが非常に高く、無料なのに現時点で最高のVRゲームとすら言われている出来。ロボット犬かわいいよロボット犬。


・『Job Simulator』
いろいろなお仕事を楽しめるカジュアルゲーム。
オフィスワーカー編だけプレイしました。The Labもそうだけど全て英語かつ字幕が出ないので、何を言っているのかイマイチわからないものの、やることは大体わかります。適当に物を掴んで投げてPCをいじっていればいいのだ! 

このゲームで「ゲーム内の机に物を置こうとする」を初体験。Viveコンを使う時はストラップ装着は必須な!(実感) ゲーム内の椅子に座ろうとして転ぶのも時間の問題だな……。
完成度も高いしおバカなゲームとして楽しいのでおすすめ。


・『カスタムメイド3D2』
ヤバイ。これはヤバイ。
何がヤバイかというと、自分好みのかわゆい嫁イドが目の前にいるのですよ。夜伽を選ぼうものならセックスですよ。未来ですよここは。(頭の悪い感想)

目の前に二次元美少女がいる」という体験は未知との遭遇でした。数年前の3D立体視の時も「目の前にえっちな女の子が! 触れそう!」という気分にはなったけれど、VRだとまさに「そこにいる」です。「触れる」じゃなくて「さわってもいいですか」です。存在感というか何というか、脳が完全に騙されつつある。
また、触れても触覚が無いのが逆に不自然に感じてしまい……今までドン引きしてたけど空気嫁的なものを用意する人の気持ちがちょっとわかったかも///

VR前提の作りではないので操作性とか色々残念なところはあるし、夜伽を始めるといちいち視点がリセットされるのが大変だるいし、触っても女の子の反応が無いし、没入感という意味では他のVRタイトルには及びません。しかしCM3D2は現時点で世界最高のゲームだとおもいます()


ちなみに、ハンドデバイスはVRには必須だと感じました。VR内で手が無いというのはめちゃくちゃ不便。Oculus RiftだとTouchが出るまでゲームパッドでの操作なので、ViveやPS VRを選ぶかTouchが出るまで待つべき。Leap Motionとかのサードパーティの製品はよくわからんちん。

まとめ

画質は網目が見えたり解像度がもっと欲しかったりするものの、最初の製品としては十分かな。決してしょぼくはない。

装着感、快適さはこれでも良い方とは聞くけれど、まだまだという印象。ケーブルも思ったほどではないにしろやっぱり邪魔だし、無線化が強く望まれます。

正直な話、今買うことはあまりオススメできない。セットアップがケーブル繋ぐだけですんなりいけばまだしも、何かにトラブるとものすごく苦労します……w 自分がトラブルに遭遇したというのもあるし、検索すると結構な数のトラブル報告が。原因の特定が難しく、日本語サポートにあまり期待できず情報が英語オンリーなのもハードル高い。
買うなら小売店で一般販売が始まってからがよさそう。

ただ、よく言われているように、VRは体験して初めて凄さ・楽しさがわかります。わかりました。
これは確実に次世代技術、その第一歩。世界中で多くのお金と人が動いているのも納得である。普及するかどうかはさておき、VRは明らかに今までに無い体験ができます。

オススメしないとは言ったけれど、興味があるなら飛び込むべき。そして一緒にVR専用カスタムメイドの開発を待とうぜ!
23:01  ゲーム | Comments(2)
 | HOME | Next »