2020/02/13

ぐちぐち

前に言った「新しい挑戦」というやつ……失敗しました! Failed! 俺はダメな奴だー!!
慣れないことはするもんじゃないね! やっぱりやりたいことだけやっていこう……。
詳細言えなくてすみません。ゲーム翻訳以外のとある翻訳案件でした。ここで吐き出したかったんや。

というわけで残るおしごとは今まで通りBCのDLCとQSの実装チェックとWoAと本業だけに。
いや待て、十分多いぞ?
悔しいからどっかのトライアル受けてやろうかなんて思ってたけどやめとこう。そんな暇があったら積みゲーを崩すのだ自分。
12:28  日記・雑記 | Comments(0)
2020/01/04

新年のご挨拶と近況

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年始からなんとか5連休確保しまして、三が日はゲーム三昧でした。

十三機兵防衛圏
これは12月中に夢中でプレイしてクリアしました。
ただ一言。最高に変態的に面白かったです!
みんなもプレイしよう。ゲームの緻密なシナリオが好きな人は絶対気に入るはず。年期の入ったゲーマーなら、神業職人による圧倒的な手作り感に戦慄するはず。2019年ゲームオブザイヤーです。

MUSICUS!
年末に始めてさっきクリアしました。
プロによるバンドサウンドで彩られた古き良きノベルゲーム。思ったよりもボリュームがあって、メーカーの最終作という意気込みの伝わってくる大作でした。飽きさえないシナリオも良かったです。
内容は若さが一切感じられない、大人による大人への鎮魂歌的な印象。学生バンドで青春するルートもあって、そっちはいかにもな感じでキラキラしているのだけれど、どうあれすべてが古くさい。
とはいっても、それが悪いわけじゃないんだけど。一般ゲーでもレトロゲーム風8bitリスペクトの新作ゲームとかあるしね。面白ければ何でもいいのだ。

『プラネット ズー』
予約買いした後放置していたのを始めました。動物園経営ゲー。
なんというかまあ想像通りでフツーに楽しいです。若干バギーな挙動もあるけれど。クマさんかわいい。


●●●

おしごと情報。
Bloody ChroniclesのDLC薫IFの発売日が延期になりました。文字通りクオリティアップのためです。
作業を通してHシーンテキストの翻訳はとても難しいということがわかりました。(真顔)
まだ原文全部もらってないんではよ終わらせたいなとおもっています。

おしごと情報その2。
Quantum Suicideの発売日が2月に延期になりました。
当初お願いした声優さんと連絡が取れなくなったりスケジュール合わなかったりといった理由だそうです。

サークルELOGOSさまの冬コミ新刊にちょっとした裏話的なコラムを寄稿してました。「平成のエロゲを振り返る」という本なのにこれっぽっちも関係ない上にキモい文章を投げてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。
このゲームのダイという女の子がとても気に入ったからこだわり抜いてやったぜ! というお話でした。ゲームが出たら許可取ってブログで公開するかもしれません。

お仕事情報その3。
『War of Ashird』の日本語公式ツイッターアカウントを面倒見てます。去年の3月に頼まれて引き受けた時は、2019年末くらいに発売するのかなと思っていました。アカウント開設を1年遅らせてもよかったんじゃない? って気持ちです。

ゲーム本編の面倒を見ることも決まりました!
これもまた日本語ローカライズ全部一人でやります。ぼっち翻訳者ですよろしくお願いします。
今回こそは公式サイトができるはずなのでいずれまたお知らせします。

DDLCで有名なさっちぇるさんがメイン絵師ということで、地味にファンである身としてはDoki Dokiしています。がんばります!
18:48  日記・雑記 | Comments(0)
2019/12/28

ギブアップ

年の瀬です。
今年はブログをサボりがちになったりTwitterで存在を隠すようになったりして(おしごと関係のフォロワーが増えたため)、なんだかとても納得がいっていなくて、今年中に何かしらゲームの話をつらつらと書いて悦に浸りたいなあと思っていたのだけれど、少なくとも年内はその余裕が取れそうにないです。

もう1年前から余った日々のリソースをほぼすべてゲーム翻訳のおしごとにあててしまっていて、以前ほどまったりと趣味をエンジョイできていません。予定空いている時ですら関連作業やってたりするし最近。でも数年ぶりに徹夜して夢中でプレイしてしまった十三機兵防衛圏は最高でした。

その上時間を割いてジムまで通うのは本当にストレスでしかなくて、強制してきた人にも伝えてやめました。なんかその人の国(町)ではジムは若い女性がたくさんいて天国のようだからキミも楽しんでると思ってたとか言ってて、ジジババとむさくるしいオッサンしかいない我が町のジムに通ってから言ってみろやテメェってマジギレしそうになりました。元々ゆず茶は体育の授業がある日はお腹痛くなるほど運動が嫌いなんだよ。

ともあれ。
苦行は放り投げたものの、ゲームの翻訳もこのブログも楽しいのでまだやめません。気が済むまで続けます。折を見てまた気に入ったエロゲの感想を書いてブログにアップすることでこの時代に逆らっていきたいとおもっています。

というわけで今年もありがとうございました。
よいお年を!
20:34  日記・雑記 | Comments(4)
2019/11/17

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2』 抽選プレゼントキャンペーンに当選しました。

抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2の購入者対象抽選プレゼントキャンペーンに当たりました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
A賞(シール5枚から応募可能) 6名
原画、浮丸つぼね先生サイン入りキャンバスアート

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

外出して帰ってきたら、ゆうパックの不在通知がポストに入っていて。「差出人:Qruppo様」って。は? って思いながら宅配ボックス開けて、平たい段ボール箱の伝票見たら「品名:キャンバスアート」って。
待って、ちょ、待って待って、えっ。えっ、マジ? うそっ。ほんとに? えっ、当たったの……!? うそぉ!!??
ってなりました。

びっくりしたあーーーー!!!
だってぬきたしですよ……? あの神ゲーにして超人気作ぬきたし(2)の、買った人なら(即予約した人なら)誰でも応募できる最もレアい賞ですよ……? マジ? いいの?
いや応募はしたけどね? たしかに「A賞」にチェック入れて、予約した証拠の画面プリントしてハメドリくんシールを貼ったアンケはがきと一緒に封筒入れて送ったけどね? お気に入りは郁子です、って書いて。当選人数6名とはいえ、通販組と店頭組とで分かれてるから実質3枠ですよ。絶対当たらないと思ってた……

ワーどんな絵柄なんだろう、まさかハメドリくんじゃあるまいな、と思って開封したら――なんと1通常版のパッケ絵(兼、アレ)。やべぇ2という概念がどっかいってる、コイツに応募したファンを完全100%理解しているチョイス……あの”トキ”の興奮が蘇るのだわ……エモい……カッコいいきれい……!
しかもF6サイズと結構でっかい。サインもでっかい。嬉しさが勃起する。早速額縁ポチったから届いたら入れて飾る!

ただでさえこれまでプレイしたエロゲの中で5本の指に入る勢いのぬきたしが、今日をもって輝かしい殿堂へ。みたいな。
衝撃的でした。

Qruppoさま、浮丸つぼねさま、ありがとうございました!!

nukitashi2_header07.png
21:13  日記・雑記 | Comments(0)
2018/12/31

2018年の総括と私的ゲームオブザイヤー

大晦日なので、今年買ったゲームのことを振り返らなければなりません。そういう使命があるのです。

2018年コレクション

<一般ゲーム>
 【PS4】『戦場のヴァルキュリア4』
 【PS4】『Death end re;Quest』
 【PS4】『Detroit: Become Human』
 【PS4】『嘘つき姫と盲目王子』
 【PS4】『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』
 【PS4】『Red Dead Redemption 2』
 【Switch】『サバクのネズミ団!改。』(旧作)
 【Switch】『スチームワールドディグ2』(旧作)
 【Switch】『オクトパストラベラー』
 【PC】『Slay the Spire』(旧作)
 【PC】『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』
 【PC】『Into the Breach』
 【PC】『Moe Jigsaw』
 【PC】『Frostpunk』
 【PC】『Tangledeep』
 【PC】『Celeste』
 【PC】『CHUCHEL』
 【PC】『CrossCode』
 【PC】『Dead Cells』
 【PC】『Skyworld』(旧作)
 【PC】『WORLD OF FINAL FANTASY』(旧作)
 【PC】『The Spiral Scouts』
 【PC】『MONSTER HUNTER: WORLD』
 【PC】『Parkasaurus』
 【PC】『Kynseed』
 【PC】『Kenshi』
 【PC】『Plague Inc: Evolved』(旧作)
 【PC】『Tyranny』(旧作)
 【PC】『Overdungeon』
 【PC】『Gal*Gun 2』VR Bundle
 【PC】『Endless Space 2』(旧作)
 【PC】『X4: Foundations』

<エロゲ>
 『虚空のバロック』
 『見鏡澄香の制服活動』
 『ランス10』
 『IxSHE Tell』
 『カスタムオーダーメイド3D2』
 『Tropical Liquar』
 『もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界エロ魔法学園!』
 『コイカツ』
 『如月真綾の誘惑』
 『君と目覚める幾つかの方法』
 『まおてん』
 『Glare1more』
 『真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈』
 『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』
 『未来ラジオと人工鳩』
 『Lucy Got Problems』
 『ボクのあまやかせいかつ』
 『甘園ぼ』
 『ろけらぶ』
 『封緘のグラセスタ』

(DLCおよび無料orリワードで入手したものを除く)


Game of the Year 2018

ランス10


アホではない。一般ゲーも含めて2018年に発売された全ゲームの中でTOPを獲得したのは、ランス10! アホではなくただのシリーズファンだ!(゚Д゚)!

周回特典がしょぼいのに周回前提ゲーというシステム上の難を除き、あらゆる面が素晴らしい傑作でした。何度もゲームオーバーになりながら初めてケイブリスを倒した時の高揚感。そのエンディングでの衝撃。各種条件を達成する道中で作り込みに気づきまた衝撃。苦労して突入した第二部でのあの衝撃。そして、最後のエンディング。

もう、素晴らしかったの一言しか無いよね。

お気に入りのキャラは、ケイブワン、パステル、長田君です! 泣き虫女の子とソウルフレンドはかわいい。
ゲーム中よく使ってたのはロレックス。あと「せっかく仲間になったし」ということで魔人を使おうとして微妙に使いづらいの多くてウムムってなってた。

30年越しの完璧な完結作。こんなとんでもないゲームを世に出してくれたアリスソフトに感謝。


お気に入り

以下は、プレイしてみて「イイな」と思ったゲームをスクショ付きでつらつらと。

Death end re;Quest

女の子が酷い目に遭うRPG(全年齢)。
わりと好きなエグさ。美少女ヒロインの顔面が敵に潰される作品なんて初めて見た気がするんです。CGは無いけども!

ゲームとしての出来はまあいつものコンパちゃんというか、要するに今一つではある。特にエンディングがあっさりすぎるのは大問題。でも、キャラが個性的でかわいくて、なんだか妙に愛着のわくゲームでした。


嘘つき姫と盲目王子

雰囲気一点特化のカジュアルゲーム。姫も王子もかわいらしくて、絵本のようなビジュアルと雰囲気は最高。

しかしそれだけである。それだけで7580円である。ボリュームは少なくエンディングも一つ。2000円、いやせめて半額なら素直にニコニコしていられたのに! 的なアレ。


Red Dead Redemption 2

おじさんがおじさん仲間と一緒にやんちゃするゲーム。
一般ゲーでは、というかランスファンじゃなかったら普通にこれがGOTYですね。とっつきにくい操作と、シミュレータ方面に舵切ったところが(たぶん)賛否両論を巻き起こし、残念ながら誰もが認めるGOTYというわけではない。でも個人的には大好き。

馬乗って荒野を彷徨ってるだけで楽しい。狩りが楽しい。銃撃戦はまあフツーだけどとにかく西部での生活が楽しい。
やっぱAAAタイトルはいいもんだね……! って思わせてくれる贅沢なゲームでした。


Slay the Spire

ローグライクカードバトルゲーム。Steamサマーセールの時にオススメした一本。
少し予定より遅れて1月に正式リリースされるそうです。買うなら今だ!(ステマ)


マクナ=グラムラとフェアリー・ベル

童話風ビジュアルノベル。Steamウィンターセールでオススメした一本。
ゆず茶こういうのすき。


Moe Jigsaw

ジグソーパズル。サマセの時に(略)
めっちゃ安いんですよこれ。DLC商法の一種ではあるものの、それも安い。おすすめ。
秋のアップデートで乳首が解禁されました。やったね!


Kenshi

オープンワールドストラテジーRPG。ウィンターセールの時に(略)
ハマりすぎて色々なことがおろそかになってしまった元凶。取扱注意。
バグも多いし日本語化も不完全という問題が無ければGOTYも有り得た。面白いよ。太閤立志伝とかMount & Bladeが好きな人に超おすすめ。


見鏡澄香の制服活動

ここからエロゲ枠。
世間ズレという日本語が正しく使われてるエロゲに出会うと「おっ」ってならない? なるよね。
とっても趣き深いシナリオで、筆力高め。
レビューも書きました


もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界エロ魔法学園!

実はこれめちゃくちゃ気に入ってたりする。この手のヌキゲーは途中で積むことが多いのだけれど、今回は珍しく早期にコンプリートしました。

なんといってもCGの物量がでかい(いろんな意味で)。大量のキャラクターとひたすらエロ三昧、おまけに立ち絵でもセックスしてたりする。これほどまでにエロに対する情熱というかイカくさいパトス的な何かが詰め込まれている作品にはほとんど出会ったことが無い。
満足度◎。

もうね、すっごくイイ笑顔になる。親指立てて歯光らせてグッジョブって感じになるよ。
廃業したテックアーツからスタッフが、自分たちのブランドを作ってまで出したエロゲという点も、なんかもう本当にありがとうって感じだよね。サンキューみるくふぁくとりーさん。次回作も絶対買うわ。はよはよ。


抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?

アサちゃんとマブダチになりたい。
2018年のエロゲ業界で最も明るい話題は、ランスでもMusica1億円でもネコぱらアニメ化でもなくて、これだと思う。新進気鋭の新規ブランドによるパワーに溢れるデビュー作のスマッシュヒット。いや実際どれだけ売れたのかは知らないけども。

やっぱり、創作物には作り手の熱が欲しいよね! 既存のファンを慰める優等生もいいけれど、新規ファン層を開拓する情熱が大変好ましい。
ぬきたしのおかげで、国産エロゲもまだまだ捨てたもんじゃないなあとほっこりさせてもらえました。FD楽しみ。
ベタ褒め感想も書きましたよ。

●●●

以上です! おつかれさま!(深夜2時)

今年も満足行くゲームライフが送れました。
来年も面白くて熱いゲームを楽しめることを祈りつつ、『封緘のグラセスタ』を開始しながら年を越そうとおもいます。

2018年も当ブログにお越しいただいてありがとうございました。よいお年を!
02:02  日記・雑記 | Comments(0)
 | HOME | Next »