2018/05/18

Steamストアにおける二次元おっぱい弾圧事件

[UPDATE 2018/5/20]
BAN対象タイトルを追加
Valveからの回答を追加
[UPDATE 2018/5/23]
GOG.comの対応を追加

2018年5月18日、Valveによるデジタルソフトウェア配信サービス Steam が、ストアで販売されている複数のゲームの開発者に対し、ガイドライン違反を理由に、ゲーム内の「ポルノコンテンツ」の削除を要請しました。2週間以内に応じない場合、Steamストアから該当ゲームを削除するとのこと。

同内容の警告を受け取ったことが現在判明しているタイトルは以下(のSteam版)。
HuniePop /Huniepot
Mutiny!! /Lupiesoft
Tropical Liquor /Tentacle Games
Kindred Spirits on the Roof /MangaGamer
Battle Girls』、『Galaxy Girls /Dharker Studios, Sekai Project
Re;Lord 1 /Escu:de, Sekai Project
Roommates /Winter Wolves
Sakura Sadist』他Sakuraシリーズ / Winged Cloud
DEEP SPACE WAIFU』 /Neko Climax Studios, Hammerfist Studios
Karmasutra /Top Hat Studios
(推定)VR Kanojo /Illusion

これらの多くは発売から数年経ったタイトルで、今日までストアで普通に販売されてきました。中でも『HuniePop』は「18禁化パッチ方式」と呼ばれる手法をValve公認のもと導入した先駆け・カリスマ的存在であり、推定約80万本を売り上げている実績があります。『Kindred Spirits on the Roof』(邦題『屋上の百合霊さん』)などValveの担当者の確認を取った上で配信されたタイトルもあり、今回の突然の警告に各メーカー衝撃を受けている様子。

(意訳)「僕らのゲームはSteamのガイドラインに何も反してはいない。MangaGamerの人がValveの担当者と会った時だってSteamにちょっとえっちなゲームがあってもいいよねって言ってたのに」

これまで明確にOKとされていた(ESRB審査を通った)ゲームが何の説明も無しにNGとされたこと、「ポルノ」とされる部分がどこかが不明であること、上記タイトルと同等以上にセクシャルな表現を含むゲーム(『The Witcher』シリーズや『GTA』シリーズなど)が一般に受け入れられSteamでも販売されていること、二次元美少女系狙い撃ちであること、などが問題として挙がり、関係者やファンから不満が噴出しています。

この件に関するもっとしっかりした記事が読みたい方はこちらをどうぞ。
Steamの“アダルトゲーム”界隈に異変。開発者複数名が、Valveからポルノコンテンツの削除要請を受け取る - AUTOMATON
→ (英語)Several Adult Games on Steam Threatened with Removal - LewdGamer

多くのタイトルは日本語に対応しておらず、英語のゲームに馴染みの無い日本人にとってはあまり関係の無い話に見えます。
が、この件を受けて「じゃあSteamやめて代わりのプラットフォームに移ろうぜ!」となった場合、そしてそれは実際にそうなりつつあるようだけれど、その候補として挙げられているのが
MangaGamer
FAKKU
Nutaku
の3つ。

MangaGamerOVERDRIVE系列のエロゲ販売サイト。パブリッシングも行っている。CG無修正で売っていて母体が日本にあるせいか、日本からのストアへのアクセスは不可能
FAKKUはワニマガジン社と提携していることで有名なエロコンテンツ配信サイト。最近になってゲームの販売も始め、イリュージョンが参加したことで(自分の中で)話題にもなりました。こちらも無修正かつ日本の資本が絡んでいるせいか、日本からのストアへのアクセスは不可能
NutakuはDMMの海外向けサイト。だと思う。なぜか5/18現在は閲覧できるものの、長らく日本からのアクセスを遮断していたことと、DMMの性格上、いつまた日本からのアクセス不可になってもおかしくない。

というわけで見事に全て(Nutakuは若干不透明ながら高確率で)日本人は利用できません。
つまり、開発者がわざわざ「日本向けにリリースしよう」と行動しなければ、このまま上記3サイトに移行すると海外向けのエロゲ・ギャルゲに日本からアクセスできなくなります。

斜陽・縮小が盛んに囁かれる市場と、成長途上にある広大な市場との完全な分断。このジャンルのコンテンツのファンや関係者にとって、これからもずっと関係の無い話でいられるのかどうか――

また、PCゲームのポータルであるSteamと「エロ専用サイト」では宣伝効果が圧倒的に違います。加えて、たとえば『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』『ゆらぎ荘の幽奈さん』を一般向けとして売ることが許されないのならば、周りに濃厚なエロ漫画が大量に並んでるところで果たしてそれらちょっとえっちなものがどう見えるか。

現時点ではまだ、Valveの「ガイドライン」に抵触しない内容ならばSteamで販売することができます。今回吊るし上げられたタイトルの共通点を考えると、「美少女の乳首が露出した絵」がアウトなのだと推測されます。 明確な基準は全く不明です。

しかし、昨年末から今年にかけて性的描写の存在しないThe Key to Home(『いえのかぎ』)とA Kiss For The Petals - Maidens of Michael(『その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち』)が突然ストアから削除された例もあり、乳首が出ていないからといって安心できる状況とは言えないでしょう。

『Sakura Spirit』から数年かけて伸びてきた、Steamに依存したヴィジュアルノベルの成長は、もしかすると、大きな転機を迎えたのかもしれません。

「二次元おっぱいホロコーストだ」

[UPDATE]
日本時間5/20朝、Valveからこの件に関する問い合わせへの返信があったことが報告されました。
(意訳)「――俺の嫁ホロコースト事件の件―― Valveから『先日の警告メールは無視してくれ。混乱させてメンゴ』」という返事が来たよ。今改めて審査し直しているところだそうだ」

ひとまず「前言撤回」「改めて再審査中」という状況であることが判明しました。
「なんで今更再審査してんだ」という根本的問題はさておき、今後のこともその審査の結果次第ではありますが、特筆すべき点は、Valveから問い合わせに対する返答と謝罪があったこと。質問してもシカトを決め込むことに定評のあるValveが返事をしたことは、わずかながらも明るいニュースと言えるのではないでしょうか。

[UPDATE]
『ウィッチャー』シリーズで有名なCD Projektの運営するストアGOG.comがビジュアルノベルの取り扱いを拡大しました。
「これは始まりにすぎない」

現時点ではどのような基準で「難民」を受け入れるのかは不明ですが、CDPは「あっちもエロ要素あるのに」と引き合いに出されている『ウィッチャー3』の開発・販売元でもあり、このタイミングとこの発言、『Sunrider』の外部パッチの存在を明言していることから、ある程度の――従来のSteam程度の寛容さはあるように思われます。

GOGは、DRMフリーを掲げている、比較的古いゲームを中心に(もちろん新作も)取り扱っているストアです。標準でDRMがついてくるSteamの完全な代替にはなりませんが、CDPはユーザーフレンドリーという点では世界でも類を見ないほど評価の高い企業でもありますし、今回の動きに安心感を覚えたファンも多いのではないでしょうか。
なんといっても――日本からでも買えますし!(大声)
>>続きを読む
23:59  ゲーム | Comments(0)
2018/02/10

Doki Doki Literature Club! のススメ

インディーゲーム開発サークルTeam Salvatoが製作し、2017年10月の配信日からこれまでに全世界で250万本以上DLされているDoki Doki Literature Club!の非公式日本語化MODが正式公開されました。



Doki Doki Literature Club v1.1.0 非公式日本語化パッチ - Steamコミュニティ ガイド
(DL先とインストール方法が丁寧に説明されています)

テキストの翻訳だけでなく、なんと英語/日本語の言語切り替え機能を追加実装し、ポエム表示時にオートが自動で切れるように改善、さらに日本人向けに各種調整が施されているという、仕事しすぎMODです。すごい。

有志翻訳ならではの、翻訳後の口調やキャラがブレッブレだった箇所が統一され、当初ぎこちなかった日本語の大部分が修正されています。すごい。

私もポエム2つとポエムのやり取りの会話を中心に翻訳に参加しましたが、ゲームのローカライズで大変なのは翻訳よりも実装と調整です。本当におつかれさまでした。



どんなゲームかというと、見ての通りの日本のギャルゲーを意識した全年齢ビジュアルノベルです。
なんでそれがそんなにも大人気なのかというと、言語が英語で無料だからです。完全無料。ゲームが気に入ったら寄付もできるし壁紙やサントラの入ったファンパックが10ドルで買えるよというシステム。

そして何より、DDLCが画期的な演出を採用しているのが、これだけブームになっている主因。「Japan Sales Only」のゲームで既に試された手法も、ビジュアルノベルに縁のない英語圏のゲーマーにとっては極めて新鮮なものなのです。

それにDDLCにはロマンがつまっています。製作者のロマン。ヒロインたちのロマンが。
このゲームで何を伝えたかったのか、何をやりたかったのか?
その答えの根底には極めてポジティブなロマンが流れていて、それがゆず茶がこのゲームをここまで気に入った原因であり、そのせいで今こうして布教しています。



というわけでDLしよう。

[ゲーム本体]

[日本語化MOD]
Doki Doki Literature Club v1.1.0 非公式日本語化パッチ

ネタバレを見てしまうと楽しさ激減なので、一切の情報を遮断し、動画も画像もレビューも探さずまずはプレイするのです。

オススメは最初に一度英語でプレイしてから年内に配信予定の公式日本語版で遊ぶこと。だけど英語がアレなら最初からこの有志日本語化MOD利用で問題無し。これから氾濫するであろうネタバレを見ない内にさっさと遊んでおくのがよさそうですし。

プレイして絶対に損のない傑作だから。個性的な野心作だから。さあプレイするのです。


あとついでにエンディング曲の日本語訳動画を置いときますね。翻訳MODでも字幕出るみたいだけど動画の方はかなりくだけた感じで日本語で歌えるようにもなっています。
さほど問題無いとは思うけれど歌詞は一応ネタバレだからクリア後に見てね。
13:07  ゲーム | Comments(0)
2017/12/29

2017年に購入、プレイしたゲームまとめ

いつの間にやら年末ですし、今年買ったゲームのことを振り返って懐かしむことにします。

今回は健全な一般向けゲーム限定。健全でない方はまたそのうち。
「今年購入」であって今年発売作に限ってはいないためあしからず。



<目次>
 『GRAVITY DAZE 2
 『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期
 『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』(旧作)
 『Horizon Zero Dawn◆ 2017 TOP 5 ◆
 『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH
 『Hyper Light Drifter』(旧作)
 『Stardew Valley』(旧作)
 『River City Ransom: Underground
 『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』(旧作)
 『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2』(旧作)
 『神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY』(旧作)
 『Project LUX
 『TITAN SLAYER
 『Unravel』(旧作)
 『クロワルール・シグマ』(旧作)
 『Stage Presence
 『HunieCam Studio』(旧作)
 『A Rose in the Twilight』(旧作)
 『Kingdom Rush Frontiers』(旧作)
 『Invisible, Inc.』(旧作)
 『OneShot』(旧作)
 『Weapon Shop Fantasy
 『Night in the Woods◆ 2017 TOP 5 ◆
 『fault - milestone one』(旧作)
 『KARAKARA』(旧作)
 『ネコぱら Vol. 0』(旧作)
 『雨のマージナル』(旧作)
 『Replica』(旧作)
 『喧嘩番長 乙女~完全無欠のマイハニー~
 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
 『OldMaidGirl
 『ぎゃるがん☆VR◆ 2017 TOP 5 ◆
 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR
 『英雄伝説 閃の軌跡III
 『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』(旧作)
 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド◆ 2017 TOP 5 ◆
 『スプラトゥーン2
 『V!勇者のくせになまいきだR
 『VA-11 Hall-A ヴァルハラ◆ 2017 TOP 5 ◆
 『ゼノブレイド2
 『Heart of Crown PC
 『Heat Signature
 『This War of Mine』(旧作)
 『EVERSPACE


>>続きを読む
23:09  ゲーム | Comments(0)
2017/12/26

ローカライズしてました。

みなさんこんにちは。有意義なクリスマスを過ごされましたか?
さて、本日はお知らせしなければならないことがあります。



ついに! 待望の! 日本語が! 追加されます! 公式で!!

そして!!!
その翻訳を! 担当させて頂きました!!!!!!!!!!!!!!


イヤッホオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオゥ!
(∩´∀`)∩!

前から「とても嬉しいことがあった」と言っていたのはこのことでした!
ひけらかしたかったんです! 人生で一番好きなゲームの公式日本語化に携われたという幸運を! 奇跡を! そして、日本語でこのゲームが遊べるという喜びを!!! ありがとう世界!!!!!!

どんなゲームかというと、レトロな2Dアクションです。「ソニック」を想像してもらえれば見た目はそんな感じ。
フルボイス(英語)で展開されるストーリーパートは日本の漫画やアニメのようで、海外製なのに日本人にとってすごく親しみやすい作品になっています。



どれほど名作なのかは、私のテンションの上がりっぷりと、「圧倒的に好評」の2000件を超えるユーザー評価と、「間違いなく2Dアクションの最高峰。ただしケモナーになるおそれがある」というレビューから想像できるはずです。買おう!

翻訳担当することになったきっかけは以前作った日本語字幕動画でした。その和訳公式にしない? と連絡を頂き。ストアや実績を含む全てのテキストの翻訳とフォント作成のお仕事をさせて頂きました! 加えて関連する作業をちょこちょこと。めちゃくちゃ大変でしたが死力を尽くしました!(恍惚とした表情で)

そう遠くないうちに日本語追加アップデートがリリースされると思います! もうしばしお待ちを!
セール中に買っておきたい人はこちらから。(まだストアも英語のままです)
fp1banner.jpg
(50%オフは2018/1/5まで)

実際に日本語化されてからにしたい方は、その時改めてお知らせするのでまた来てね! そして買おう!
ストーリーもキャラクターも音楽も最高だし、アクションゲームとしても本当に面白いから!

何かわからないことあったら可能な範囲で私が何でも答えるからよろしくお願いします!
今回の評判が良ければ続編のローカライズも実現するはずですので! 買って! その上でレビュー書いて! よろしくお願い致します!!

※1枚目の画像はPhotoshop、2枚目は開発中の画面につき実際の製品とは異なる場合があります。
20:34  ゲーム | Comments(4)
2017/11/09

2018年以降の期待のゲーム

ゼルダやマリオ、ドラクエといった超大作の新作が発売され好評を博した2017年も、残すところあと一ヶ月と少し。少し気が早いかもしれませんが、今後の期待の新作ゲームを並べてみます。

<目次>
レッド・デッド・リデンプション 2
Freedom Planet 2
Ghost of Tsushima
Re:Legend
ランス10
まとめ



レッド・デッド・リデンプション 2


メーカー:Rockstar Games
機種:PS4、Xbox One
発売日:2018年春


GTAシリーズで有名なRockstar Gamesによる西部劇オープンワールド。
馬に乗ってぶらついてるだけで楽しいゲーム性、渋くクールな主人公とストーリー、最高にシビれるエンディング……前作『Read Dead Redemption』が素晴らしすぎたせいで、制作発表すらされていない内から全世界からの期待度MAXなタイトル。余程のことが無い限り2018年のGOTYは内定と言ってもいいはず。

自分もめちゃくちゃ期待してます。早くそこら辺で捕まえた人間をロープで縛って線路の上に放置して眺めたい。


Freedom Planet 2


メーカー:GalaxyTrail
機種:PC (、Switch?)
発売日:2018年上半期


人生で最も好きなゲーム『Freedom Planet』の続編。ソニックライクな2Dアクションゲームです。
もはや楽しみすぎて恋と言ってもいい。

ただ、前作の魅力の半分を占めていたストーリーパートのチップキャラによるカットシーンが、2ではテキストと顔グラだけになるらしいのが、すごく、ものすごく残念。開発に時間がかかりすぎるかららしいけども……落胆である。そのせいで不安も結構大きい。

それでも、ライラックとキャロルとミラにまた会える、それだけで超楽しみ。デモ版やった感じ、アクションパートは安定してそうですし。
2では日本語もあるといいな。日本語が入ってるといいな!



『Ghost of Tsushima』


メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
機種:PS4
発売日:未定


ずっと待ち望んでいた和風オープンワールドが、まさかの海外から、まさかの元寇をテーマに登場。開発はインファマスシリーズで有名なSucker Punch。サプライズすぎる。

ムービーのビジュアル面がハリウッドのサムライ映画です。具体的に言うとラストサムライです。クロサワもほんのり感じられます。
「封建時代の侍をプレイしたくないという人はいない。」という開発者のコメントにもキュンとなるよね。

つい最近発表されたばかりで、発売日は未定。2018年には出ないかもしれない。出るといいな。きっと出るだろう。(前のめり)


Re:Legend


メーカー:Magnus Games
機種:PC、PS4、Xbox One、Switch
発売日:2018年Q1


孤島で農作業したりモンスターを育てたりする、ルーンファクトリーっぽいRPG。
マレーシア産のインディーゲーながら、最初から日本語に対応予定。よいですね。

そのゲーム内容とかわいいビジュアルと音楽が気に入ってKickstarterで出資しました。発売予定日が意外と早かったのもある。なにやらKickstarter終了直後にオフィスに泥棒が入ってPCやら根こそぎ盗まれたらしいけども……開発に大きな影響は無いとのこと。
ほんわかゲーム枠として期待してます。


ランス10


メーカー:アリスソフト
機種:PC(R18)
発売日:2018年2月23日


「ヤらずに死ねるか」――29年続いたランスシリーズ完結作。ジャンルは大戦争RPGとのこと。エロゲだよ。
戦国ランスにハマったのも今は昔。いつの間にかここまできて、ついに終わるのだなあと感慨深くなります。

ゲームシステムはいまいちどんなものかよくわからないけれど、ランスの完結作なのだからやり込み豊富でどっぷりハマれるのでしょう。と楽観。
それよりストーリーが大変気になります。俺のチルディの出番がどれくらいあるのかも気になります。
アリスのゲームはクオリティが安定しないから不安は小さくない。それでもこれが最後、見事に締めてくれることを期待して。


●●●


以上、現在発表されている期待のゲーム5選 でした。

別に一般ゲーとエロゲを区別するつもりも5選に絞るつもりも無かったのだけれど、単純に今楽しみにしているタイトルがこれだけだったでござるというわけで。
AAAタイトル2つ、インディー2つ、エロゲ1つと、案外バランスの良いラインナップになった気がします。

あと『モンハンワールド』と『Mount & Blade 2』が次点という感じ。まあ今ここで挙げるほどではないかなって。


ツシマ以外の来年発売が予定されている4作が出るというだけで、2018年は当たり年。
こうして楽しみーって言ってるだけで既に楽しいしね。むしろ今が一番楽しいかもしれないね。(゚Д゚)。
今年の残りも、来年も、ゲームを楽しんでいきましょう。
23:48  ゲーム | Comments(0)
 | HOME | Next »