2015/10/17

塔の下のエクセルキトゥス 感想


塔の下のエクセルキトゥス
amazon.gif

『塔の下のエクセルキトゥス』


アストロノーツ・コメット
発売日:2015/8/28


☆☆☆-

塔の下のエクセルキトゥスクリアしたので軽く感想をば。

総評

ストーリーはライトな王道異世界召喚もの。全ての女の子をヤってエンディングへと一本道。

このゲームの一番の問題は、ゲームパートとシナリオが全く噛み合っていないこと。
物語の中で「物理攻撃が効かない敵が出てくる」「大量の魔物に囲まれて決死の行軍」といった場面があるものの、それがゲームパートで全く表現されていない。

また、バトルの難易度が物凄く低く、カードだけは大量にあるもののクリアに必要なカードは10枚もあれば事足りる。「カードバトル」の体裁は保っているもののお世辞にも面白いと言える出来ではありません。
これならゲームパートは「無くてもいい」「無い方がいい」の中間くらいの微妙なアレ。

シナリオも統括がイマイチで、複数ライターゆえかあまり統一感を感じないテキストやら、起伏の乏しいストーリーやら、良い出来とは言い難い。

他にも一部イベントCGがジャギジャギ(線がガタガタ)だったり効果音が酷かったりボイスの音質が悪かったり(これはいつも通り)と、欠点が目に付くゲーム。

それでも魅力的なキャラクターのおかげである程度楽しみつつエンディングまでプレイできました。バトルが簡単だったのはある意味助かったかもしれないw

かるーいカードゲームのついたライトなキャラゲー」としては楽しめます。全員攻略できますゆえ、キャラクターに興味があればオススメ。
ゲームとして楽しもうとか深いストーリーとかに期待してはいけません。

――以下、ネタバレ無しの長文感想へ続く。
シナリオ

ある日突然異世界に召喚された僕。そこは「塔」の下でしか人間は生きられない世界で、その魔物の巣くう塔を登る「冒険者」を目指す女の子達と一緒に行動することになったでござる
というお話。

冒険者見習いの落ちこぼれトリオを導き、仲間を増やしながら塔に挑戦し次第に一人前の冒険者に――とてもわかりやすいストーリーです。ライトノベル的と言うのかな。

最初は意思の感じられる主人公だったのだけれど、途中はひたすら成り行き任せ。(´・ω・`)。
事件に対しても女の子に対しても基本受身。でも何故か超モテる。これもまたライトノベル的なのだろうか。そこが自分は気に入らないのだけれど、最後はなんとか主人公らしさを見せてくれました。最初と最後だけかよみたいなアレw

さくさくかつ淡々と話が進んでいくため、大きな盛り上がりに欠けるストーリーでした。ストレスフリーなのは良いことです。良いことですが、ある程度の障害や溜めが無いとカタルシスは得られないのです。物足りないのです。


最初にも書いた通り、ゲームパートとシナリオが何一つリンクしていなかったのが痛い。
ストーリー中で物理が効かない敵のステージでは魔法キャラやスペルしか効かないボスが必要だし、魔物の大群に苦労するステージなら大量の雑魚敵を登場させるべきです。

ゲームパートが完全に添え物、ただの要らない子になってしまっているのが残念でした。これは制作の指揮・統括の問題でございますね。(それとスケジュールも?)
であるならば、と難易度を極端に下げてせめてプレイの障害にならないようにした(かもしれない)のは苦肉の策としては有りか。


クリア後に開放されるEXTRAはハーレムこそ無いものの複数プレイ目白押し。ありがたいことです。キャラが良いのでこういうお気楽な日常(とエロ)はフツーに楽しいですね。

キャラクター

キャラクター関係はとても良い。みんなかわいいしキャラも立ってる。

お気に入り順は
テト>アイギス>クロエ>サイファー>レジーナ先生>マリアーヌ>クロエ>イズモ=リコちゃん=シャノン>ルアナ=クラリッサ>学園長>メイドさん>シロ>エルピス>カトリア>フラン
多いわ!(゚Д゚)!

ゲームの規模とスタッフの能力に比べてキャラが多すぎです。カトリアとフランは完全に蛇足。リコちゃんとシャノンも役割的に一人にまとめていい。
まあ女性キャラは全員H有りですゆえ、そっち方面の満足度は高かったけども……///

メインどころのアイギスクロエのキャラクターが新鮮でした。脳筋ガサツ女とツンデレのテンプレかと思いきやそうではなかった。
アイギスは意外としおらしくて女の子でかつ頼れるし、クロエは犬属性のおかげで面白いキャラにw クロエ(ペット)とイズモ(飼い主)の関係すごく好き。そこにルアナが入るのも好き。

テトは期待通り。サブなので出番は多くないものの、きちっとヤることヤってくれたし過不足無し。テトは下乳かわいい。

リコちゃんもあざといかわいい。リコを可愛がるアイギスと一緒にまとめて愛でたい。わりと早期に顔見せするのに途中放ったらかしにされてたリコちゃんかわいそうだよリコちゃん。

レジーナ先生シャノン、それにシロも、やたら性的なのがとても素晴らしかったです。(・ω・)。よいエロゲキャラである。

サイファーも良いキャラでした。中盤の見せ場のシーンはグッときたよ。このゲームで一番盛り上がったよ!

CG

原画はメインキャラクターがRozeaさん、ライバル3人組とエルピス、マリアーヌが国産もやしさん。
どちらも良い絵師さんです。きれいでかわゆいよ。

ただ、Rozeaさん担当キャラのイベントCGは塗りが若干雑に見えるし、国産もやしさん担当のCGは線のジャギーがひどい。前者はともかく後者は何かのミスでしょってレベル。
国産もやしさん絵はやたらエロかわいくて大好きになったのに超残念です。次回作では改善した上での続投よろしくお願いします。(ふかぶか)


そろそろこのタイプの声の大波こなみさんは厳しいかもしれないというのは置いといて、どのキャラも安定していて特に何か言うことは無し。
その代わりに声を大にして言いたいのは音質が悪いことです。アトリエかぐやもアストロノーツもずっとそう。もうちょっとボイスの音質上げて! おねがい!

あと声じゃないけど効果音がヤバイ。悪い意味でヤバイw
不可解な射精音は興醒めするし、リコちゃんの銃の発砲音なにあれ。「ポンッ!」って夜店の射的かよ。こんなのを祖父の代から大事に使ってるリコちゃん家が不憫すぎるよ。そりゃ作中で銃が蔑視されるのもやむなしだよ。
サイファーの咆哮も「ぐおおおん」て声優さんがかわいそうだよ。それっぽいSE使うかせめてエフェクトかけるなりしようよ。

まとめ

文句ばっかり言ってる気がしますが、いくつかの無視出来ない問題点以外は特別悪いわけでもなく、まあフツーかなあといった印象。キャラゲーとしてはそこそこ楽しめましたし。エッチの方面の満足度も結構高かったですし。

ライトな作風は否定しません。ライトな遊べるエロゲというのも貴重です。しかしもうちょっと完成度を上げていただきたい。
ここを起点に、悪いところを直して総合的な面白さに力を入れた次回作を期待しています。

獣人都市の続編マダー?(・∀・)

アストロノーツ・コメット『塔の下のエクセルキトゥス』を応援しています!


 >>レビュー目次へ
12:46  レビュー | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示