2016/01/20

『吸血姫のリブラ』の英語版が出るらしい 2

吸血姫のリブラ /onomatope*
去年10月に触れた英語版『吸血姫のリブラ』のKickstarterでの資金調達が無事成功した模様。 Libra of the Vampire Princess: Visual Novel English Release -- Kickstarter
2285人の戦士達により$183105集まってました。

KSの支援コースの選ばれ方を見た感じ、$90のコレクターズボックスが結構な人気。この手のゲームを欲しがるような層は海外でも金払いがいいんだろか。
ミヤスリサ絵が好評なのを見るとSirius信者的に感慨深いものがありますね。(*´ω`)。

日本語テキストは「ライセンス・契約の問題」で未収録=英語のみ。ソースはredditのAMA(公式質問募集スレ)。なんか多いよね、日本のゲームなのにSteamで売るとなると急に日本語削除するやつ。死ねばいいのに
ストレッチゴールの「ミニエピソード追加」も2つ達成されているけれど、これも英語のみなのかな? 日本のファンも読みたいんじゃないかしら。

18禁要素はパッチ配布方式とのこと。海外にも「俺が欲しいのはエロゲ。それだけだ」という男らしいファンや、「恥ずかしいからエッチなものだって外からわからないようにしてよねっ」というパッケージ派が何人もいてなんだかほっこりしました。

AMAの回答からは、閉塞感で一杯の日本から新天地を切り開きたいという中の人の思いが伝わってきます。まずは受け入れられたようで何より。Fundedおめでとうございました。

librabanner.jpg
21:52  エロゲ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示