2016/09/02

トレーダーオンラインショップを利用するにあたって気をつけたいこと

トレーダーの通販サイトが7月にリニューアルされました。

  旧 トレーダー4号店 http://www.messe.gr.jp/ 
→ 新 トレーダー オンラインショップ http://trader.co.jp/

今はなきメッセサンオーの名残がついに消え失せたのだなという寂寥感はさておき。
こちらのショップを利用するにあたって少々注意しておきたい点があります。

個人情報保護ポリシーより
20160902.png

「トレーダー オンラインショップ」は、利用者の利用に関する情報ショップ内のアクセス履歴、閲覧された商品のカテゴリ、商品をカートに入れた回数等)を、Cookieを使って取得し、匿名化した上で提携会社へ提供している とのことです。

「提携会社」とはGMOメイクショップ株式会社のことであり、そこに送信されたデータはさらに
・ユナイテッド株式会社
・株式会社フリークアウト
・株式会社サイバーエージェント
・株式会社マイクロアド
・GMOアドマーケティング株式会社

送信されます
そこからさらに(以下略)

つまり、トレーダーオンラインショップでこっそりちっちゃくないもんっ! ~スクールバスでおむかえちゅっちゅ~(Iris)をカートに入れると、その情報がお店によって誰かに送信されるということです。(本人を識別できない形で)


以前Tカードがプライバシーポリシーを改訂して話題になっていました。(参考→ ヤフーとCCC、Tカード購買履歴とWeb閲覧履歴を相互提供へ /ITPro) これと同じようなシステムですね。

Tカードと同様、「情報提供したくない」という人は提供停止できます。上の画像における「以下のリンクをご覧ください」の下のリンクをクリックして、停止ボタンをポチっとするだけ。ただし、当然ながら初期状態だと=停止の操作をしない限り、「提供する」になっています。


個人特定されるわけでもなし、別に気にしないよということであればそれでよし。しかし気になる人は、炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園(SQUEEZ)をネットで購入する前に、周りと背後だけではなく、お店の利用規約・プライバシーポリシーもきちんと確認しておくとよいでしょう。


――という注意喚起にみせかけた、最近ブログサボりがちだし何でもいいから更新しとこうところで千桃どこで予約しようかな というお話でした。

●●●

ちなみに余談ですが、トレーダーオンラインショップの通販システムであるメイクショップにはこのような歴史もあります。
→ 「MakeShop」への不正アクセスによる情報漏えいの可能性について
  2014年9月に発生した、「MakeShop」への不正アクセスにおける 再調査と漏えい件数変更のご報告
 /Makeshop
 

(要約: 管理者アカウントが最大320件、個人情報を含む通販サイトの注文者情報が最大10万1624件流出しました。 → (2年後) → よく調べたら管理者アカウントが最大6116件、注文者情報が最大62万5578件だったわごめんね)


(これら全て、きちんと表に出して説明しているあたり良心的とも言えます)
23:38  日記・雑記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示