2017/06/23

はるるみなもに! 感想

はるるみなもに!

『はるるみなもに!』

クロシェット

★★★


はるるみなもに!
amazon.gif

クロシェットの最新作はるるみなもに!コンプリートしました。

総評

神さまの存在するライトな現代ファンタジー世界を舞台に、おっぱいのでかいヒロインたちとのエロいことを描いたゲーム。実にクロシェット。実におっぱいであり、実にエロスでした。ごちそうさまでした。


欠点は多い。
奇妙な設定にストーリーのみならず作品全体が振り回されている。一部キャラのキャラ立てがわざとらしくてクドい。主人公が面倒くさい。全体的に回りくどくてあんまり面白くない。BGM微妙。依子さんが攻略できない!

それと、欠点というわけではないけれど、高次元すぎる。
クロシェット作品といえば、見た目キャッチーで質量共にクオリティ高くて、エロゲ界のAAAタイトルのような存在で、「初心者にオススメ」な定番タイトルというイメージがあったけれど、今回は初心者向けとは言いにくい。


対して、長所は主にビジュアル関連とボイス。
フルプライスなら演出はとことんこだわってもらいたい派にとって、豪華でよく考えられた演出は嬉しい。ボイスも概ね素晴らしく、キャラクターの魅力をよく引き立てている。

それと、話の面白さはさておき、「ヒロインと一緒にエロいことするゲーム」としてはやはりクオリティが高い。特にメインシナリオ:保住圭が「一緒に」の部分を強化、イチャラブというかイチャエロというかそういう方面はつよいの一言。
そしてもちろん、特定のルートでは性行男女差全肯定の保住ワールドが待ってるよ。やったねうれしいね。


パッケ絵に写ってる女の子のエロが見たい人にオススメ。その願いには笑顔で全力で応えてくれるので、安心してお世話になろう。
面白さや全体の完成度に関しては、今回ちょっと未達のようなのでまた今度に期待しよう。


――以下、ネタバレ無しの長文感想へ続く。

シナリオ

妹を神として祀っていこうと思ってたら、新しく来たへっぽこ乳神さまに自分を祀ってくれと言われたでござる。
というお話。

高い。話に入っていくためのハードルがw
神さまや妖怪が存在する世界はクロシェットではお馴染みだし、別に珍しいことでもないのでいいとして、「現人神」、これが身内にいるのが厄介。

人でもあり神でもある妹、その妹を祀る神社の主人公家。自然、「神とは」「人との関わりとは」「この世界はどういう宗教観なのか」「経典を持つ人々は存在するのか」「日本だけの現象ではないのか」「軍事利用を目論む輩は」などと気が散る気が散る、英麻の「んはは」が聖闘士星矢LCの某親父と被ってるおかげで脳内であの悪魔が笑い続けてるのも相まって、それはもう集中できずにここまでコンプリートが伸びまくってしまいましたことよ。



それはさておくにしても、何やら神さま設定がキャラクター達を縛っているのです。神さまキャラは神的存在として、主人公は神社の息子というわけで人生まるごと、おまけに性欲を禁忌と自らに枷を課す超堅物おにいとなってしまった。とにかく窮屈な印象。
いざという時に頼れてしまう神様がいるっていうのはとても優しい世界であるし、個別ルートでは神と人との関係を上手く繋いでハッピーエンドに持っていっているものの、結局は神のおわす環境から逃れられない。若者は何にでもなれるし何処へだって行けるはず、でもこの主人公は神を無視できない。そう育ってきたし、そう望んでしまっている。その窮屈さが、プレイしていてつらかった。

その点、前作『ここ夏』では主人公に解放感があった。鬱屈した生活を送っていたところ、過去に飛んで自分を受け入れてもらえた、そういう嬉しさが伝わってきたし、物語が終わったとき彼はどこにだって行けた。それにクラレッタさんのルート(Hシーン)もあった。

でも『はるみな』には無い。依子さんルートが無い。丹菊さんルートも無ければびールートも無い。自由も無ければ希望も無い。オラこんな村嫌だ!


という感じでやっぱり集中できずに、ヒロインの痴態を眺めながらクラレッタさんのことばかり考えてしまう二次元性精神的浮気という高度な状態にいたのだけれど、でも叶ルートで目が覚めました。(笑顔)

共通ルートをなんだかんだニコニコ顔で終えた後、個別ルートは芽以→水緒里→英麻→明日海→叶の順で攻略して、それ以前の4つのルートもそれはそれで見所のあるシナリオではあったものの、購入前に期待していたモノは最後に出てきたのです。それに、主人公でなく叶は、まさに自分を受け入れてもらえた嬉しさが全開だったことだし。もう叶を主人公にしようぜ。

叶ルートは明らかに保住センセイの担当ルートで、特徴出まくり。この人のテキストは、とにかくキャラクター同士の通信頻度みたいなものがハンパ無く、互いに口に出さない部分も含めてめちゃくちゃ交信してる。それで恋心が通じ合った後は「二人で」を大事にしつつ、うれしくて素晴らしいものなのだとセックスを全肯定し、なんか妙に捻ったプレイや描写を挟みつつ、少年少女の恋模様をこれでもかと幸せに描いて、プレイヤーをひたすら笑顔にさせてくれる。無論ヒロインである叶は、主人公と触れ合うことでとてもとてもかわいい存在になる。大変ニコニコできて満足しました。ありがとうございました!




キャラクター

依子さん≧びー>芽以>叶>明日海>水緒里>英麻

依子さんを祀りたい。祀りたくない?
何故かツボった依子さん。水緒里ルートではっちゃけてた姿が印象的でした。

ですよね。(前のめりになりながら)
ちなみに私は依ちゃんではなく依子さんと呼びたい派です。


ヒロイン勢では芽以(CV:沢澤砂羽)がかわいかったね。人気投票1位も納得のかわいさ。素直デレはよいものです。
個別ルートは一番素直にイチャラブしていてその意味でもつよい。

は女神のような女の子の神さま。なるほどね! ってキャラ。ストーリーも含め。
仮にも神さまが、板の間でもやしをおかずに自分でご飯炊いて食べてるんだけど……不憫すぎる……からの立派な成長に涙。主人公と二人で正直に向かい合う恋人関係も大変微笑ましい。
個別ルートは信者補正抜きにしても一番スムーズで、妖怪がいろいろ出てくる賑やかな展開も好み。ってかもっと出番! 妖怪ズとなつの出番増やして! 出るの遅いから!

明日海ちゃんは共通ルートの山場がピークでした。泣いちゃう女の子は可愛いの法則。
個別ルートはヒロイン中一番面白がらせようとしていたストーリーだったけれど、ちょっとどうかな。そんなことより明日海ちゃんとの普通の恋人生活を続けようぜってなりました。CV:波奈束風景でお耳が幸せ。

水緒里は妹神さま。正直一番レベル高かったと思う。いろんな意味で。
良い意味では、まずCV:遥そらさんの演技のレベルが高い。すごかった。この人のテンション高めの演技とてもすき。
個別シナリオがカッ飛んでて下ネタバカゲー状態になってるのも凄い。キャラもストーリーも崩壊させずにこんな話を作ったところに感服だよ。
それに神さまとしての力も強いししっかりしてるし依子さんを与力に付けてるしエロも激しいしとにかく強い。
でも「うん、知ってる」の口癖は正直無かったかな! 本当に口癖レベルで出現頻度高いですし。しつこさ×。
妹で神ってキャラ設定も、妹萌えってそこまでいくの……? みたいな。全体的にちょっとやりすぎ感のあるキャラクター。

英麻はおかん。地母神とは彼女のことである。人間だけど。
なんか個別ルートではわちゃわちゃしていて、普段の相棒ポジの方が落ち着いてて好きかも。攻略ヒロインとしてはこの位置だけど、キャラクターとしては好き。

本作のマスコット枠であるびーちゃんは思ったより出番が多くてよかったです。
が、まだいけるはず。具体的には攻略……! ヒロインとしてびー攻略ルートをですね。今フレンズがうんたらであれだし、何も心配することはないはず。ケモナーがこの世にいる限り、この願いは止まらない!


主人公は一言で言えば厄介でした。
特殊な環境に生まれた以上、あの性格や、「女性の前で性欲を見せてはいけない」と考えてしまうのは納得がいく。気持ちもわかる。しかしそれを解消するのに手間かかるじゃないすか。
彼のそういうところがカワイイと思えなくもないのだけれど、叶ルート以外ではプラスよりマイナスの方が目立ったかな。もう少し可愛げがあったり、イケメンだったり、気持ちのいい性格だったりなヤツを望みたい。


H

前作から引き続き、やたらエロ重視なエロゲでございましたね。日常シーンとHシーンのCGの比率からしても、エロメインであることに疑いの余地なし。立派でした。いろいろと。

水緒里の怒涛の連続セックスと、叶の初体験が印象的。
特に後者の「感じてくれるのが上手」って言い回しがなんだか超好き。出した後の精液触って確かめる描写も小技が効いておるよ。そこCG欲しい。


パジャマ

妹パジャマあるよ~神さまパジャマでもあるよ~。

100点。
でも他は無いよ~これだけだよ~。


システム

サブキャラ攻略不可。歴然とした事実、それは仕方ない。
でも、おまけの立ち絵鑑賞で、裸立ち絵は見られます。

もちろん下半身までくまなく鑑賞可。せめて……! みたいなアレ。涙を呑んでありがたく拝みましょう。


まとめ

なんだか自分の中での位置づけに悩む作品でした。不満は多いし決して高評価というわけではない、でも別に買って損したとも思ってない。フツーと言うにはなんか異様だしキャラ萌えに集中しようにも依子さんのエロが無い。

設定や内容がコアになりすぎてるのではなかろかと少し気になる部分も。変に拗らせてるというか。

ともあれ、「この子らを攻略してエロいところが見られる。やったね」という事前の期待は完璧に達成されたし、もう一つのお目当ての保住シナリオ成分も補給できたし、よし。

びーちゃん攻略パッチマダー?(・∀・)

【はるるみなもに!】情報ページ公開中!


 >>レビュー目次へ


©Clochette
00:11  レビュー | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示