2017/08/19

好きなエロゲを3つ挙げろ すときゃすてぃくす編

PC用18禁ゲーム、通称エロゲ。エロゲをプレイしたことのある人間ならば、心に残る思い出のタイトル、幾度もお世話になった人生の友……それぞれにお気に入りのマイベストエロゲが存在することでしょう。

今回、「それなんてえrg」さんの呼びかけにより、
みんなで好きなエロゲを3つ挙げて紹介しまくろうぜ!
という企画が立ち上がりました。

光栄にもワタクシゆず茶もお誘い頂きましたゆえ、今までプレイした中から3本――えっ好きなエロゲとか沢山あるんだけどその中から3本選ぶんすか? 無理ゲーじゃない? どうしよう? ――そんな思いと共になんとか選んだタイトルを3つ、以下に紹介していきます。


1. カスタムメイド3D2


カスタムメイド3D2
2015年 / KISS
発売当初は、単なるよく出来た3Dエロゲという印象しかありませんでした。しかし、発売から約1年後、VRパッチをあて、HTC Viveでお気に入りのメイドに対面した時、私は確かに新しい世界への扉が開かれた音を聞いたのです。

「画面の中に入ってゲームのヒロインと会う」
その夢物語は既に半ば現実になっています。嫁イドが目の前に現れたあの瞬間は、日本史で言うなら関ヶ原の戦い、あるいは黒船来航。かつてない衝撃的事件でした。
何度か言ってるけどマジで「挨拶」するから。VRでメイドに対面したら。「初対面の人と会った時のリアクション」を取ること間違いないからほんとに。

カスメのゲーム自体のクオリティの高さと、MODを許容したことによる膨大な量のコンテンツは、今なお世界最高のVRゲームとして君臨する要因となっています。

現在主流の紙芝居2Dエロゲに馴染みが無い人に特におすすめしたい、最先端の「18禁ゲーム」。ぜひ頑張ってVRでプレイしてみよう。いつか人類を破滅させる未来技術、その片鱗がそこにある。

※参考リンク
 → カスタムメイド3D2 VR スタートガイド


2. 古色迷宮輪舞曲


古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~
原画: 稲垣みいこ、たぢまよしかづ、雪月竹馬
シナリオ: 西村悠一、坂元星日
2012年 / Yatagarasu


ザ・変なゲーム。システムが変態。難易度が変態。オールコンプリート特典が変態。
これを予約買いして三日で自力コンプした当時の自分を褒めてやりたい。

「紅茶の淹れ方を間違えると人が死ぬ」で一部では有名なタイムリープ・ミステリー作品。
今のところ、システムとシナリオの融合に成功した最後の国産エロゲです。自分の知る限り、だけど。
基本的に過去の名作のフォロワーなので、何か素直に絶賛できないところはあるにしても、ユーザーに敬遠されることを恐れることなく、こんなエロゲを果敢にリリースしたことは断然評価したい。舞さんかわいいし。

今はVita版が定価3000円で売ってるので、これからプレイする人にはそちらをおすすめ。PC版で不便だったUI周りがとても快適になってるし、シナリオの追加・修正も結構あって、完全版と言っていい内容です。舞さんとデートもできるよ。
それで気に入ったら、エロのために、舞さんのために、PC版に手を出せばいいとおもいます。


ちなみに今回これを選んだ理由は、「これくらい挑戦的なエロゲが日本でもまた出てほしい」という思いからです。厳しい厳しいとよく言われる最近のエロゲ業界では難しいのかもしれません。だがそれでも、と。選択肢は多い方が良いし、時には奇妙なゲームがあったっていい。『VA-11 HALL-A』や同人ゲーに頼りきりなのはいかにも寂しいと思うんです。

※参考リンク
 → 古色迷宮輪舞曲 感想


3. 倉野くんちのふたご事情


倉野くんちのふたご事情
原画:兼清みわ、すいみゃ(SD)
シナリオ:双葉亮一、夜村卓
2012年 / CUBE


「好きなエロゲを挙げろ」と言われれば、パジャマについて考慮することはどうしても避けられません。そこで大きな問題に直面しました。
最高のパジャマゲーは何か?
パジャマの出てくるエロゲは沢山あります。パジャマパーティが開催されたり、パジャマHを搭載しているよいエロゲも、数えれば片手では足りません。
しかしながら、パジャマハーレムを実現したエロゲは、私の知る限りこの『倉ふた』だけです。

ゲームの内容? 「異様にエロに振った普通のキャラ萌えゲー」。うん、それだけ。ってか、今大事なのはそこじゃないから。

そもそも何故パジャマなのか? それを説明するためにはまず歴史を紐解かねばなりません。
パジャマの起源は、18世紀から19世紀にかけて、植民地インドに駐留していた英国人が現地の住人の衣服を寝間着として着用したのが本国および西洋に広がった、という説が有力です。名前もヒンディー語の”パエジャマ(पायजामा)”というズボンから来ています。それまで使われていたナイトシャツと違い、動きを制限せず楽な着心地が人気を博したようです。
機能性・快適性を重視した男性用に対し、女性用パジャマは絹生地にリボンやレースをつけたファッション性の高いものが主流でした。20世紀に入ると、パジャマの普及に伴いデザインの種類も増えていきます。1930年頃には女性も襟付きシャツ型パジャマを着用するようになり、戦後はショートパンツ型やベビードールなど様々なパジャマが生まれました。

英国から広がったパジャマ文化は、長い時間をかけて日本にも波及します。寝る時はパジャマを着る。平成の日本においてそれは、泳ぐ時に水着を着るように、体育の時に体操着を着るように、もはや一つの常識となっています。

旧来の襦袢や浴衣などの画一化された寝間着と違い、パジャマには様々な種類があります。女性らしさの強調されるネグリジェ、若く快活なイメージのショートパンツ、垢抜けない襟付きシャツ、あるいはラフなスウェットや単なるTシャツ……そう、そこに表れているのは属性です。パジャマは雄弁にその人の属性を語ります。それは同時に、普段はカッコイイ女性が可愛いパジャマを着ているというようなケースにおいて、ギャップ萌えの演出すら可能とします。普段の服装以上に、パジャマはその人物の背景や性格を赤裸々に映す鏡と言えるでしょう。

また、パジャマ姿で外を出歩く人間はあまりいません。(たまにいる) つまり、パジャマは基本的に人には見せないプライベートな姿であるということ。そこからプレミア感が生まれます。

さらに、パジャマから連想されるものは何があるでしょうか。睡眠、ベッドや布団、油断――それら全て、そこはかとなくエロスの香りがしませんか? もっと直接的に言うなら、パジャマの下はノーブラです。(たとえそうでないとしても、ナイトブラはそれはそれでレアリティが高く情緒深いアイテムです) 服の下からほんのり自己主張する胸だとか、お風呂上がりの素足だとか、めくれた裾から見えるお腹だとか……人をワクワクさせる要素には事欠きません。

このように、パジャマとは、着る者の魅力を際立たせ、人の心を刺激してやまない、特別で素敵な衣装なのです。ゆえに我々はパジャマに魅了され、パジャマを愛してやまないのです。
もしここまで読んだ人がいたらありがとうございました。あなたに明日良いことがありますように。


というわけで『倉ふた』のパジャマハーレム。双子×3(うち一人は主人公)のパジャマ。見渡す限りのパジャマ。
全員家族だから、普段は見せないプライベートな姿というプレミアム感は残念ながら乏しい。それでも、それを補って余りある魅力が、倉野家のパジャマハーレムにはあります。

それは家族ゆえのアットホームな、しかし同時に極めて扇情的な空間でした。
兄妹姉妹の禁忌のセックス、それが家の中で、日常の象徴たるパジャマ姿で行われる背徳感よ。おまけに姉妹全員に見学されながらの処女喪失という智花の衝撃的初体験における、やええま(妹×2)の興味津々な様子と、いずみこと(姉×2)の慈愛がまた大変に趣き深い。姉妹ものの魅力が非常によく反映されているシーンです。


それぞれの個性によく合うパジャマに優しく包まれた、愛嬌のあるかわいらしいヒロインたちを、誰にも邪魔されずにまとめて愛でる至福の贅沢。その存在それだけでこのゲームの全てを肯定しよう。『倉ふた』は神ゲー

これ以降CUBE作品は毎回チェックしているのですが、どれも必ずパジャマが入っており、『間宮くんちの五つ子事情』に至ってはなんと両親のパジャマ姿まで。ゆず茶のCUBEさんに対する絶大な信頼はしばらく消えることは無いでしょう。

※参考リンク
 → 倉野くんちのふたご事情 感想


あとがき

はい。以上、「『好きなエロゲを3つ挙げろ』という企画に乗じてパジャマの魅力を語って楽しもう」のコーナーでした。思う存分書き散らすことができて私は満足です。(ホクホク顔で)

●●●

3本選ぶにあたって、現在でも入手・プレイが容易なタイトルであることを意識しました。保住信者なのにSirius作品が3本の中に入っていないのはそのためです。
他にも枠の関係で漏れた「好きなエロゲ」は沢山あるけれど、今最も自己主張したいことを優先した結果こうなりました。つまり、VR、変なゲーム、パジャマがもっと必要だということです。パジャマハーレムのある変態VRエロゲはよ。

最後に、今回の企画を主宰された「それなんてえrg」のぐぬぬさん、突然にも関わらず快く勧誘に応じてくださった相互リンクサイトさま、参加者のみなさま、そして読んで頂いた方に感謝を。どうもありがとうございました!


参加サイト一覧

※各サイトさんの当企画記事へ飛びます

それなんてえrg
そこはかとなくエロゲを綴る
気がつけば複数買い。
悩むなら はじめてしまおう エロゲーマー
私情主義
Reverie Note -Egoistic-
御巫祭り(改)
Ossan Gamer Diary
飢えた鼠はエロゲを噛みぬ
ジグザグパラドックス
おいしいデザートは最後に
よい子わるい子ふつうの子 2
立ち寄らば大樹の陰
買わぬ買わんの右往左往は浮き立つほどに浮き立ちて明け暮れないの物語
エロゲ価格相場を見守るブログ
ビビろぐ

※参考リンク
 → 駿河屋
 → Amazon.co.jp
21:00  エロゲ | Comments(2)
Comment
ゆず茶様ラブ
> そもそも何故パジャマなのか? それを説明するためにはまず歴史を紐解かねばなりません。

もうゲラゲラ笑って読んでました。
腹痛い。
個人的に至高のパジャマと言えば
燐月の美津菜なB2Fでした。

それにしても至高のパジャマゲーにそれを持ってきましたか……いや確かにそうなんですがまさか至高の3本にこれが入ってくるとは考えてもいませんでしたよ??
いやあ…………本当に楽しく拝読させて頂きました。
3本ともまだ未プレイなのですがこれから未来のエロゲーライフが楽しみです。

>B2Fさま
おつかれさまです!
パジャマ講座読んで頂いてありがとーございます。楽しんで頂けたなら何よりです。

> それにしても至高のパジャマゲーにそれを持ってきましたか……
質より量で攻めてみました。未だ決定的なパジャマゲーには出会えておらず……これからも探求を続けねばなりませぬ。

ちかにーさんセレクションも「旅」というテーマはらしいなと思ったんですが、チョイスが結構意外でした。ここでカンパネラ来るかーみたいな。
これからもエロゲライフを楽しんでまいりましょうー。

管理者のみに表示