2018/12/21

Steamウィンターセールで購入すべきゲームを10本選んでみた

おしごとがようやく一息ついたと思ったら既にクリスマス間近。Steamでウィンターセールが始まってしまいましたよ。
というわけで、またおすすめの名作良作を紹介したいとおもいます。散財って楽しいしね!
サマセの時に選んだ10本も参考にどうぞ。




『The Spiral Scouts』


ジャンル:パズルアドベンチャー 日本語:有志MOD有り

まずはこちら! キュートで下品な謎解きアドベンチャー! 健全なのか不健全なのかよくわからないが少なくとも全くエッチではないので、家族でお子様と一緒に楽し……んだらダメだなさすがに。うん。という感じの内容です!

プレイする前は、まさか陰茎の日本語表現に悩むことになるとは夢にも思わなかったよ。ぜひ日本語化MODを入れて遊んでみてください。

パズルは結構難しくて、収集要素はほぼ無理ゲーなんだけど、Steamガイドに攻略が載ってるし、日本語のプレイ動画もありますし、詰まったらそちらを参照すればOK。
おバカで明るくて面白いゲームがお好みの方にオススメ。


Celeste


ジャンル:2Dアクション 日本語:有り

例によってドット絵アクションのご登場。今年のThe Game Awards最優秀インディーゲームに輝いた傑作です。ってか名だたるAAAタイトルに並んでGOTYにすらノミネートされてた。評価すっご。

何がそんなに良いのかというと、アクションゲームとしての出来が非常に良いのです。即死罠だらけなのはともかく、「がんばれば必ず進める」という絶妙なステージ設計。いくらでもリトライできる仕様も相まって、ステージを攻略していく楽しさに満ちているのです。
さらに、個性的で印象に残るストーリーも。日本語翻訳は微妙に不自然なアレだけれど、話を理解する上では全く問題無し。

死にゲーな点には注意。薦めといてアレだけど、アンチ即死罠派のゆず茶的にはそれほど好きなゲームではなかったりするw それでも出来の良いプラットフォーマーがプレイしたければ一押し。


CrossCode


ジャンル:アクションRPG 日本語:有り

パズル要素のあるドット絵アクションRPG。
自キャラを動かしてて実に気持ちが良いというのが最大の魅力。仲間とパーティを組むと一緒に戦ってくれるのも頼もしく、楽しい。精神ダイヴ型VRMMOの世界が舞台で、ストーリーもそれなりに凝っている。クエストも豊富。よく出来たゲームです。

ただ、パズルにイライラしたり、敵が強いというかウザかったり、製作者のセンス×と言いたくなるストレスフルな箇所もちらほら。あと主人公の女の子が最高に可愛くない。美化MODを探したくなるレベルの可愛くなさ。テンション下がるー。

とはいえ面白いことは面白いんでおすすめ枠。


『Tangledeep』


ジャンル:ローグライクRPG 日本語:有り

要するに不思議なダンジョン系。ジョブチェンジしながらダンジョンに挑んで強い武器を拾ってゴールを目指す……シレンとFFTとハクスラ、それぞれのいいとこ取りといった感じのゲーム。
鉄人モード(=死んだらやり直し)は例外として、普通の難易度ならほどよい手ごたえを感じながらクリアできるはず。

インディーらしい粗さも見られるものの、このジャンルが好きな人ならきっと楽しめるはず。


Renowned Explorers: International Society


ジャンル:ローグライクアドベンチャー 日本語:無し(有志MOD更新待ち)

ゲームブックみたいというのだろうか。最初に探検メンバーを3人選んで、貴重な発見を学会で発表するために秘境に挑むのだ。進先では様々なイベントに遭遇し、ちょくちょく戦闘も起こる。そうして最終的に集めたお宝ポイント的なもののスコアを競うゲーム。

ふーん?と思いながらプレイを始めたらついついハマってしまうスルメゲー。1プレイの時間は短くもなく長くもなく、ちょいと遊びたい時にしっかり遊べる良い塩梅。
発売から3年経った現在もたまにアップデートされていて、開発者がフォーラムで、特定条件でのハイスコアを競うイベントを毎週開催してたりもする。なんだかアットホームな雰囲気を持つゲーム。

ただ、ランダムイベントを繰り返してゲームが進行していく形式で、テキスト量がかなり多い。日本語化MODが使えない状態では英語が読めないとたぶん面白くないと思うので注意。毎週のイベントも英語だし。英語わかる人にはかなりおすすめ。


『Cities: Skylines』


ジャンル:都市計画シミュレーション 日本語:有志MOD有り

最新のシムシティ(断言)。
たまに、街を作りたくならない? なるよね。道路引いて、電力水道整備して、工業・商業・住宅の区画を設定して、建物がニョキニョキ立つのを眺めるの。無計画に散財したせいで資金が枯渇して借金したり、渋滞解消のために交通網を整備しようとして人の住んでいる建物をぶっ壊して住民を苦しめたり。DLCを買えば災害で苦しめることもできるよ。

結構な頻度で75%オフになってはいるのだけれど、なんか今回の(最近の?)セールは値引き率がしょっぱいの多くて、人気の定番タイトルが75%オフになってるのはわりと貴重だったり。発売から数年経ったとはいえこのジャンルでは本作が今もトップの座に君臨しています。それが1000円以下で手に入る。買い。

公式に日本語対応したPS4版も出てます。PCスペックが低い人はそちらを選んでも良いし、十分なスペックがあるなら死ぬほど大量にあるMODを導入できるPC版おすすめ。


Defense Grid: The Awakening


ジャンル:タワーディフェンス 日本語:有志MOD有り

様々な防衛タワーを好きな場所に立ててエイリアンの侵攻を防ぐのだ。ゆず茶はこれにタワーディフェンスの楽しさを教えてもらいました。
遊びやすくて、ゲームバランス◎。古いゲームだけれど、何より今プレイしても色褪せない面白さがある、はず。

そういえば、これと『FTL』のSteamギフトがインベントリの中で腐ってるんで、欲しいが人いたら、くれ! と何かしらの連絡手段で私にお伝えください。先着各一名様。


『Hidden Folks』


ジャンル:探し物 日本語:有り

ウォーリーをさがせ! って知ってる? めっちゃ人混みでごちゃごちゃした絵の中から一人の人間を見つけ出す絵本。あれのゲーム版。

ゲームならではの要素がちらほらあるのが楽しい。クリックすると隠れていた奴が現れたり。
それと、このゲームの最大の特徴は、効果音。サウンドの全てがボイスパーカッションなのです。鳥の鳴き声も獣の声も機械の動作音も、どっかのオッサンが全て人力でやっている。どこからその発想が生まれたのか常人には理解しがたい、でも不思議と味のある、クレイジーな音空間に包まれながら、目的のオブジェクトを探そう。


『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』


ジャンル:ビジュアルノベル 日本語:有り

短編ビジュアルノベル。『fault』シリーズの作中絵本だそうだけど未プレイでも全く問題無し。未プレイの私が言うのだから間違いない。(積みゲー)

このビジュアルノベルの魅力は、絵本や童話のような良質なシナリオと、そして演出。ビジュアルノベルではお決まりの立ち絵が一切無いのです。全てがイベントCG。
短いから可能なことだろうけれど、一般的なエロゲに慣れてる人にとってはすごく新鮮に楽しめるはず。あ、エロは一切無いけども。それこそお子様にもおすすめできるくらい健全。


Kenshi


ジャンル:オープンワールドストラテジーRPG 日本語:有り

値引きゼロ! 今月値上がりしたところ! 日本語は不完全でバグもある!
今はおすすめすべきタイミングではないのかもしれない。それでも紹介したい面白さがこのゲームにはある。

ストーリーの類は一切無く、荒野が広がる世界に「さあ生きて」とばかりに放り出されて放置プレイ。孤独な武者修行の旅に出るもよし、拠点を建てて仲間と生活するもよし。その辺の雑魚にすら勝てない貧弱な身体をなんとか鍛え、あるいは仲間やお金で補って、荒廃した世界を生き抜くのだ。

脳内設定でロールプレイするのが好きな人にはたまらないゲームです。逆に、指示に従ってストーリーを進めたりクエストを達成するのが好きな人には全く合わないかもしれない。でも面白いから買おう。


●●●

今回はいつものタイトルを挙げるのは自重しました。さすがにしつこいしね! まあ本当は値引き率が前よりしょっぱかったからなんだけどね!

インディー中心にご紹介しております。だって、こんなとこまで来て「セールで買うべきはこれ!Skyrim!GTA!モンハンアサクリDbD!」なんて見たくないでしょ。ガッカリでしょ。そんなもん知ってんだよ「お前の」おすすめを教えろやコノヤロウって思うでしょ。だから100%趣味で染めました! いかが?

今回は夏の時よりも好みに左右される感じです。でも全部面白いからぜひチェックしてみよう。そして買って遊ぼう。
20:51  ゲーム | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示