2009/06/15

漆黒のシャルノス 感想


漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow-
Amazon.jp

『漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow-』


ライアーソフト
発売日:2008/11/21


☆☆☆☆-


今更だけどシャルノスのレビュー記事を書いてみる。
(※おまけ壁紙付き)



蒼天のセレナリア赫炎のインガノックに続く、ライアーソフトのスチームパンクシリーズ3作目。
続き物ですがそれぞれ独立したお話なので、前作をやってなくても問題無く楽しめます。
用語や人物名に「???」となるかもしれないけれども、それは前作までをプレイしててもあまり変わらないのでw
他にもAngel Bulletなどの桜井光シナリオの作品とは世界観が共通しているようです。


まずはじめに。
エロに期待すると泣きを見ます。(゚Д゚)。
インガノックに引き続き、今回も極度のエロ薄。むしろさらに薄まってる。
精液どころかモザイクさえ出てこないぜ!
エロゲが規制されても最後まで生き残りそうな勢いです。
普段や逃げてる時のメアリにエロスを感じるなどという、一部の訓練されたツワモノにのみ開かれる境地もありますが。


AKIRA氏の描くキャラがとてもよく世界観にマッチしています。
どのキャラもよく立ってて生き生きとしていて。
今作は特に男性キャラが良い。
ハワード男前だよハワード。
アニメのような構成で、章ごとに特定の人物にスポットをあてたストーリー形式なので、それぞれにドラマがあってキャラを立たせています。
誰もかれもが魅力的。

あと個人的に、クライマックスシーンのシャーリィとメアリの声の演技は神懸かってると思いました。
野月まひるさん、かわしまりのさんはやっぱり良いなぁ。

ストーリーはちょっと掴みにくいと思います。
同じ言い回しを多様する形式なのと、場面が頻繁に変わり、断片的にしか情報が得られないので、物語の根幹部分を理解するには 読む→理解 ではなく 読む→考察→理解 というステップが必要。
その点で人を選ぶ作品。
この雰囲気は体験版でもよくわかるので、気になった人はまず体験版のプレイをおすすめ。

とはいえ難しいのは用語と背景の理解くらいで。
物語は尻上がり的に盛り上がっていきます。
特にジェーン・ドゥの章とシャーリィの章なんてもう。泣ける。鳥肌立つ。

何があっても、どんな目にあっても、親友のために諦めないメアリ。
事件とか怪異とか何だかんだあるけれど、この作品はメアリの物語。
とても強くて、とても眩しくて。そして可愛いメアリ。(*´Д`)。
レストレイド警部の気持ちがよくわかりますw 娘を応援している気分だ。


音楽が相変わらず素晴らしい。
Ritaさんの歌うOPとED、BGM、どちらも相当高レベル。
サントラCDは予約特典なので、今は入手困難なのが惜しいところです。


エロスは前述の通り、大変薄い。
これはエロゲではなく18禁ゲームです。
モラン大佐が頑張っていてくれているけれど、やはりこのエロ薄は如何ともし難い。


総評

世界観や雰囲気に魅力を感じたのであれば、問題なくオススメできます。
テキストの癖は強いので体験版で耐性チェックを。
忘れていたけどミニゲームもマイナスに感じる人もいそう。演出としては良いけど、ゲームとしてはそんなに面白いモノではないと思ったので。
救済措置もあるし、2週目はスキップできるので、面倒でも対処は可能です。

メアリは可愛いし物語も面白いし、大変良い作品だったと思います。
個人的には前作のインガノックがそれ以上に神だったので、それよりは若干劣って星4つ。
ライアーソフトのこの路線は今後も期待大であります。

スチームパンク4作目マダー?(・∀・)


*おまけ壁紙*

公式配布壁紙 シャーリィVer. ※二次配布・転載は禁止されています
シャーリィ壁紙

ハニー達の午後 byゆず茶
漆黒のシャルノス
 1600*1200 | 1920*1200





 >>レビュー目次へ

06:20  レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示