2009/10/31

Windows 7 でNVIDIA製ビデオカードを使用する場合におけるスケーリングに関する問題とその解決方法について

GeForceのWindows 7用ドライバは出来があまり良くないようです。
うちでも被害直撃。

 VGA:8800GT
 ドライバ:191.07、186.18
 モニタ:L997
この環境で下記の不具合が出ました。
(追記)※現在は修正されたようです。ドライババージョン197.45にて下記対策をしなくても正常動作を確認。(というか対策すると逆に同じ症状に陥るw)

・ネイティブ解像度(L997では1600*1200)の時、NVIDIAコントロールパネルのスケーリング設定で、「ディスプレイに内蔵されているスケーリングを使用する」になっている状態でそれ以外をチェックしても、「ディスプレイに内蔵~」にチェックが戻ってしまう
・が、実際は変更が適用されているようで、解像度を変更してから設定を確認すると、チェックした通りになっている。当然、(解像度を変更する)ゲームプレイ時にも変更した通り(NVIDIAスケーリング2種orスケーリング無し)になる
・ネイティブ解像度以外の時には設定を変更してもチェックが戻ることは無いが、解像度を変更すると変更前の設定に戻ってしまう

つまり、スケーリングの設定を変えようとすると
ネイティブ解像度の場合:見た目(コンパネの設定)は変わらないがしっかり変更されてる
ネイティブ解像度以外の場合:正常に設定できたと見せかけて変更が保存されない


――ということはどういうことかというと。
「ディスプレイに内蔵されているスケーリングを使用する」ことができない。元々チェックのついている項目に変更はできませんから。
フルスクリーンでエロゲ等をプレイする時、多くの場合、NIVIDIAスケーリングのしょぼいスムージングでボケボケ画面になるか、スケーリング無しの等倍・黒枠画面になってしまう。※ソフト自体でスケーリングするものは問題無し
(´・ω・`)。

もう諦めてXP入れようかと思っていたけれど、2chのスレ眺めてたら解決策が載ってました。
カスタム解像度でリフレッシュレートを固定させると直るそうです。

・NIVIDIAコントロールパネルから解像度の追加→カスタム解像度作成
・ネイティブ解像度(1600*1200、1920*1080等)、リフレッシュレート60に設定。タイミングの詳細→標準を「手作業」に変更→テスト→OK
・もう一つ、フルスクリーンを利用する解像度(800*600等)も同様に作っておく

解像度を適当に変えて(1280*1024など)「ディスプレイに内蔵されているスケーリングを使用する」にチェックしてから作ったカスタム解像度ネイティブ版(1600*1200等)に設定する

詳しい原因や直る理由はサッパリわかりませんが、少なくともこれで、うちの環境ではディスプレイ内蔵のスケーリング&スムージングが使えるようになりました。
(`・ω・´)。
リフレッシュレートが何故か59Hzになったりする症状もこの対処法で解決するそうです。

(追記)
ドライバを197.45に変え、上記のようにカスタム解像度を作ってゲームを起動したところ、ボケボケ画面になりました。(NVIDIAスケーリングが使用されている)
NVIDIAコンパネで設定を変えると、古いバージョンのようにチェックが戻る事は無く、正常に変更できているようでした。
しかしいくら設定しても、何故かディスプレイ内臓のスケーリングが使われない。設定は「ディスプレイに内蔵~」になっているのに。解像度変えたりしてもダメ。

作ったカスタム解像度(800*600)を消したら直りました。
バグが裏返った!?( ゚д゚ )。
ともあれ、余計な事をしなければ正常に機能するようになったようです。

(2010/5/25 追記・修正)
19:09  ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示