2011/09/27

さくらテイル 感想


さくらテイル 初回版
Amazon.jp

『さくらテイル』


Fizz
発売日:2009/10/30


☆☆☆☆--


2年かけてコンプしました。積みゲーがまた一つ減ったよ!
Fizzの『さくらテイル』のレビューです。

総評

一部のルートがアレなせいで、批評空間などでの評価が悪い本作。
言われてるほど酷くないよ?
Amazonのレビューの方が自分の感想に近いです。ギリギリ良作と言えなくもないレベル。
ただ、オススメできるかというと…体験版がダメじゃなければ!それと朋乃とみかげルートについての覚悟があれば…!なんとか!

と、微妙なフォローから入ってみましたが。
基本的にラブコメキャラゲーです。途中から少し真面目なお話が混じるよくある構成。
随所に散りばめられている小ネタが楽しい。こういうノリ結構好き。
ヒロインとの恋も自然でいい感じ。主人公のどこが魅力とかそういうのより、一緒の時間をどう過ごすか、どう動くかってのが重要なのですよ。(虚空に向かって主張)
受身一辺倒なテンプレ主人公と違い、ちゃんと自分からも恋しているところも素敵。

問題は、設定に力を入れすぎてそれが浮いてしまっているところ。
他はそこまでではないものの、上述の二人のルートは顕著です。大筋が足を引っ張ってしまって、素直に楽しめなくなっているところが最大の欠点。
まぁそういった特徴が無いとフツーの萌えゲーになってしまうので、難しいところではありますが。
全体のまとめ方をちょっとマズった、といったところでしょか。

(ちなみにファンディスク『さくらのしっぽ』は未プレイです。というかこれから始める。)

――以下ネタバレ無しの長文感想ヘ続く。
シナリオ

そんなわけで、シナリオはちょっとダメ。
ラブコメや日常は良いのに、シリアス部分が足を引っ張ってます。
独自の世界設定はよくできてるし、少し不思議だったり燃えたりするところに魅力が無いわけではないのだけれど。全部合わせてみるとチグハグな印象を受けます。ポカーンとするのもやむなし。
これは監督が悪かったのかなぁ。

特にポカーン度の高かった朋乃ルートに関しては、後日公式から修正パッチが出ています。
その名も「朋乃救済パッチ」w 救済するなら最初から落とさないでよ!(セーブ互換が無いせいで3周やり直す羽目になったのはさておき)
こちら最初からあてておくのが良さそう。どの道ポカーンなのには変わらないけども。(・ω・)。
また、みかげルートに関してはフォロー無し。みかげお姉ちゃん好き涙目です。

他の4人のヒロインのルートはそう悪いところもなく、比較的素直に楽しめます。
ただ、複数ライター制のせいか、他ヒロインがあまり絡んでこないのは残念。でもヒロイン一人の魅力は十分描かれてるので不足は無いかな。
4人の中では文月先輩ルートが一番良かったです。こぢんまりとうまくまとまってました。

――こう書くといかにも微妙そうな感じがしますが。あまり印象が悪くないのはテキストが楽しいからw
元ネタのわからないネタが半分くらいあるのに妙に面白い。波長が合うのかしら。
サブキャラに加え、名も無きモブキャラが大勢出てくるのも学園物らしくて良いです。

ああ、今気づいたけど、このゲームは本当に「学園」が主軸の物語なのだなぁ。正しく学園モノ。
その中で、気になる女の子と出会って過ごして恋をして。たまに女装したりアイドルプロデュースをしたり革命軍を組織したり。とても楽しかった。

ちなみに、一度クリアすると、最初から始める時に既にデレている状態から始められる、「DDS(デフォルト・デレ・システム)」なる変わったシステムが有ります。共通部分のセリフが一部変化したり、共通部分終了後にHシーンが入る、おまけモードみたいなもの。
変なところに力入れてるなーと思いつつ ちょっと面白い。(・ω・)。

キャラクター

もさ子さんが一番人気という、絵師さん泣かせの展開。ゆず茶もみかげお姉ちゃん一押しです。
もさもさモード→顔出しモードの変身は見事にヒット。ただし終盤のネタバレ展開は勘弁な!
それに文月さん。文月さんマジ天使。嫁にするならこの子でどうか一つ。
( ゚∀゚)o彡゜。( ゚∀゚)o彡゜。

ちっちゃい子代表、リディ・ド・ル・フェーブル嬢も面白かわいい。青葉りんごさんハマり役すぎです。
朋乃は他ルートでの男友達っぷりに、あまりヒロインという印象が無いw 個別ルートも可愛さよりストーリー重視な感じだったしねー。また桜川未央さんもハマり役。とてもよいです。

そして個人的にこのゲーム最重要キャラに位置付けている、清貴
見た目チャラ男なのにめちゃくちゃいいヤツ。情に厚くケンカも得意、絶妙に空気が読め、相談にも的確なアドバイスをしてくれる。さらにボケ&スベリ芸担当。でもちょっと打たれ弱い清貴マジイケメン。
日常が楽しいのはほぼ彼のおかげでございますよ。主人公のツッコミとあしらい方も優秀とはいえ。
評価の☆1つ分はコイツで出来てるといっても過言ではないくらい。(ほんとに)
清貴だけは全ルートで輝いてる気がします。その努力をヒロインに向けてやれってほどにw

H

ヒロインが6人、さらにおまけで複数Pアリってことでボリュームは多め。がんばってます。

黒タイツかニーソックスかを選べる、これまた変わったシステム有り。差分回収がめんd(ry
どちらにも興味が無い人は置いてきぼりです。(´・ω・`)。別に問題は無いけどね。


メインヒロインがほぼ鉄板布陣。大変素敵なお声でした。
特に風音さんと桜川未央さんとりんごさんはさすが。突如冷たくなるところとか、吐き捨てるようなセリフとか、低音で咳き込むところとかが面白かわいい。(褒め言葉です)
ちなみにゆず茶はこのゲームでおぐおぐさんの事を知りました。今や超売れっ子ですねー。

システム

既に述べた変なシステム2つもさることながら、周回を重ねるごとに微妙に小ネタがパワーアップしたり選択肢が増えたりするのも面白いw
何その無駄な努力!楽しい!(こういうの大好き)

総評

問題の2ルートをはじめに終わらせたせいか、プレイ開始からコンプまで2年近くかかったからか(レビューを書くにあたり一応ざっとやり直してはいます)、悪印象はほぼ飛んでしまって、残っているのは楽しかったという感想がほとんど。
アレな部分もありますが、少なくとも楽しめないってことはないです。
ただやはり、みかげ、朋乃の攻略目当てだと厳しい。後味スッキリというわけにはまいりません。
他の子目当てや、楽しげな学園モノ期待ということであればオススメはできます。うん。

なんだかんだで個人的にはかなり好きな部類でした。ファンディスクの限定版を予約買いするほどにはw
Fizzさんには頑張って欲しい。うまいこと生き延びて!
あ、あとこれのWebラジオ面白かったです。まだ聞けるのでお暇な方にはオススメ。

さくらのしっぽ崩すのマダー?(・∀・) (ネタ切れ)

Fizz『さくらテイル』応援中☆
21:08  レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示