2008/06/30

戦女神ZERO 感想


戦女神ZERO
Amazon.jp

『戦女神ZERO』


エウシュリー
発売日:2008/06/13


☆☆☆☆☆

戦女神ZEROクリア。
まさか武器を売ると最強武器が取れない罠があるとは…!

久々にレビュー。みたいな。




ボリューム。満点。
第三章終了の時点で既に満足感で一杯ですw
中盤と終盤の一部はアッサリしてるけど。中盤のハイシェラ編はあのアッサリ感で正解かもしれない。物語的に重要な部分じゃないからな。
ハイシェラ様儲の自分としても「魔神」ハイシェラの方がよいのです。

何より進歩したと感じたのが、まずシステム面。
操作性はかなり、ほぼストレス溜まらないところまで向上しました。
ただ、合成ややりこみ要素が無くなったりと、かなりライト向けな印象を受けたかな。

そしてテキスト。
エウの作品といえば、何やら小難しい言い回しをダラダラと続けて読み手をボケーっとさせるものだったけれど、今回はかなり読みやすいと思う。あくまで今までと比べると。
ストーリーも悲劇を中心に据えてかなりよいものだった。ハイシェラ様登場時とか、演出も地味に頑張ってた感。
信者補正がかかってる可能性大ですが、少なくとも普通以上の出来だったんじゃないかな。
まぁエンディングはさほど盛り上がることなくさくっと終わったけれど。第五章までが中心の話だと思う。

Hシーンも頑張ってました。そこらの萌えゲーで見るような台詞回し。
一部、オイオイwみたいなツッコミを入れたくなる場面もあったけどな!

所々で「ここからは戦女神2でお楽しみください」「この先は幻燐の姫将軍へ続きます」と言わんばかりの描写があって、その場面においてはZEROが初見のプレイヤーはさぞかしモヤモヤされることでしょう。
シリーズ経験者ならニヤリと。
といっても、そんな箇所は少ないので、二の足を踏む必要は無いかと。
パっと思い出せるのは、
鉄屑の谷の奥、謎の不定形生物(?)の思わせぶりな独り言、レスペレント地方がキナ臭くて云々、エンディングの一場面、ってところか。
最初二つは未経験者には意味不明だろうなぁとは思った。

戦女神2は廉価版が出たとはいえ、システムが2002年(でも文句言われる程度の)クオリティなので少し敷居が高くなるかも。けれど、ZEROの話や世界観が気に入ったのならプレイ推奨。
ZERO→(戦女神1ノベル→)戦女神2→(幻燐1ノベル→)幻燐2 の順番オススメ。

6年振りの戦女神、面白かったです。
良いハイシェラ様ゲーでした。
RPGが好きでエロいことも好きな人には文句無くおすすめ。

戦姫EPISODE-4マダー?(・∀・)

(8/11追記・修正)




 >>レビュー目次へ

22:25  レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ふほう | HOME | RPG一色 »