2012/07/25

星継駅擾乱譚 感想


星継駅擾乱譚
Gyutto.com

『星継駅擾乱譚』


レイルソフト
発売日:2012/7/20


☆☆☆☆+


レイルソフト最新作 『星継駅擾乱譚』 クリアしたのでレビュー&感想をば。
DL販売のみ、メインシナリオの他にHメインコンテンツ版も存在する、少し変わった形式です。
ゆず茶はHメインコンテンツの方はまだ購入・プレイしてません。よって、以下はメインシナリ
オ版についてのみ
の内容になります。
(Hメインコンテンツ版は、本編に無いHシーンは1つしか無いとかいう噂)(買わないかも)

総評

めちゃ面白かったよ!
発売2週間前になって突然発表され、その後コレといった展開もなく淡々と発売された低価格DL
ゲーム。これはもっと評価されるべき。(埋もれるの前提でスミマセン)

同ブランドの過去作「信天翁航海録」を彷彿とさせるハイテンションなノリで、かなりコミカルな
雰囲気。相変わらずの希テキストではあるものの、わりと読みやすく、また低価格なだけあって
短めなので、さっくりお手軽に楽しめる内容でした。前作のどこまでも重苦しい雰囲気は欠片も
ありゃしません。緩急つけすぎですw

キャラクターが変人ばかりでとても良かった。ノリノリですね。
それに、ストーリーが。まさにタイトル通りのお話で、賑やかな騒動と煌く星と。1冊の文庫本
のように綺麗にまとまっててほんと読みやすくて、読了後には満足感と仄かな憧れに似た何かと。
そうです。こういうのが好みですw

低価格ゲーらしい物量の少なさが随所に見られるとはいえ、コストパフォーマンス自体は今まで
よりも上がってるんじゃないかしら。そこまで物足りなさは無かったです。
アルバトロスが好きな人には超おすすめ!
お求めやすいだけあって、レイル初見な人にもまさにうってつけの一本ではないかと。

――以下、ネタバレ無しの長文感想へ続く。
シナリオ

ロマンチックでいやらしくておバカで不思議なコメディでした。(・ω・)b。
大まかなところもネタバレになっちゃうので触れづらいw この一行以上は言えません。
アッパーな希シナリオと言えばレイルファンにはご理解頂けるかと。アルバトロスよりも
さらにライトなお話でした。悪い意味ではなく。

すごく楽しかった。
基本おバカなので頭空っぽにして楽しめるし、希作品特有の不思議要素が顔を出す行は
ほほぅなんて気持ちになったりして。伏線もきっちり回収されて。
それに、やっぱ各キャラが思い切り動き回ってるのが良いやね。神妙な顔して物語の深みに
漬かるのもよいけれど、ゆず茶はこっちの賑やかな方が好みです。(゚Д゚)。

また今回は若干ソナーニルとも似てるかも。線路を辿る二人の旅路、その道程で各キャラ
と出会って、という構成が。この形式はとてもわかりやすい。

キャラクター

沙流江さんマジ佳い女。
この人、最初はこんなドエロキャラだったのかー!と衝撃だったのだけれど、お話が進むに
つれて正しく夢のようなおねーさんに。沙流江さんマジ天使。
三つ目な風体はほとんど気になりませんでした。インド人のアレみたいで。ビジュアル的に
もっと冒険してもよかったような、しなくてよかったようなw

アージェント・猫実・ヘッポコピーさんは超不憫w
彼女は何故ヘッポコピーなのか。先祖代々その名に悩まされ続けたのか。それは永遠の謎。
そんなヘッp…アージェントさん、めちゃ下品な女w 何このサイテーな女の子!やめて!
車内でうんこしてやるぞなんて言わないで!腹筋がヤバイ!
すっごいキャラでしたw 中の人の声がまた面白いのよね。秋野花さん。素敵。

ヒプノマリアさんは出番少なかったです。(´・ω・`)。
もうちょっと見たかったなぁ。お綺麗なヒプノマリアさん。素敵。
精霊や妖精みたいな美少女なのに凄腕売春婦。さすがレイルソフトやで。
ところで名前しか出てこなかった、姉妹のゼルダクララって何者だろう。またFC会報か何か
見逃してるんだろか。この二人の名前ってすごいセンスあるよね。

お馴染みの草柳順にゃん…もとい、平駅員さん。今回も安定して不憫でした。(満面の笑み)
彼ら/彼女らの魅力にはたまらんものがあるな。

敵役の公安官さん、相当カッ飛んでて楽しかったですw
火力厨で兵器に勃起する公安官さんマジキ○ガイ。って、Hメインコンテンツのキャラ紹介を見ると、
女…!?あれ?勃起、あれ??(混乱中)

まぁキチ○イはさておき、主人公オキカゼ君ですよ。
ショタとも言えるような少年オキカゼ。けれど見た目に反して世間擦れしていて、というか
場末のジャンク屋の親父を余裕の顔で詐欺るような(後で酷い目にあうとしても)、大人顔負け
の賢しらな座長さん。オキカゼ君マジイケメン。
若干ご都合主義的なアレは感じるものの、すごく魅力的な主人公でした。
なんだかんだで沙流江に心酔ベタ惚れしてるところとかもうね。素敵。( ´∀`)。
大変面白い見世物をありがとうございました!

H

沙流江さんがめっさエロい。肉々しいお身体であんな性癖持ちとか。
すごかったです。夢のようなおねーさん。

ヘッポコピー女史も性根はとてもエロいのだけれど、残念ながらH無し。組織の陰謀か!
というかH少ない。ヘッポコオナニー1回に、ヒプノマリアが1回に、沙流江さんが2回だけとか。
まぁ低価格だしねー……。
Hメインコンテンツがそれを補うDLC的な存在かと思ってたんですが、果たして。


今回は秋野花ゲーといっても過言ではないくらい、ヘッポコボイスが素晴らしかったです。
100%全部聞いたった!スキップ?もったいないよ?
あの口の悪くて下品な台詞がたまらなくハマってらっしゃる。(褒め言葉)

沙流江役の野月まひるさんも、いつもより可愛らしいお姉さんボイスで素敵でした。不覚にも
ドキドキした。

システム

枚数少ないからってさー、CG鑑賞に差分を並べるのやめようよw いつもはそんなことして
なかったじゃない!
それにBGM鑑賞も削られちゃって。さっぽろももこさん作曲のメインテーマ「パライソ」はタイトル
画面で延々聞けるからいいとしても。(この曲可愛くてかなりお気に入り)
これが低価格というやつか。

まとめ

2500円。ボリュームもCGその他も値段なり、けれど面白さはいつものフルプライスと何ら
変わりなく、間違いなく良作だと思います。とても楽しかった!

このまま低価格ゲーでやっていくとすると、ちょっとアレかなぁとは思うけれど、でも今回の
は悪くなかったです。Hメインの方でエロスを増強できたらさらに良いんじゃないカナ。

レイル作品ではアルバトロスが好みな自分にはクリティカルヒット。
期待以上に楽しませて頂きました。次も買うよ!

アージェントちゃんの処女を守る会vs男を漁るアージェントの擾乱譚まだー?(・∀・)




 >>レビュー目次へ
01:14  レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示