2008/12/02

シャルノス 終

漆黒のシャルノスコンプ。
期待以上に面白かった。

人物が大変魅力的。普通のエロゲの「キャラが良い」とはまた違った、ドラマチックでなんともいえない魅力が。
メアリ、アーシェ、ハワード、モラン、ジェーン、アンリ、ミス・ハドスン…誰もかれもが魅力的。
人気投票で大人気のチャーチルは、個人的には特にどうということもなかったけどw ヴァイオラは良いね。普通に可愛いですね。

インガノックに引き続いて、相変わらずプレイ後もよくわからない感が残ります。
読者の想像・考察に委ねる部分が多い。
これは好き嫌い別れるところ。
ゆず茶は実はあまり好きではない。すっきりさっぱり明らかにしてくれ!と思ってしまうタイプです。
けれど、気になるのはそれだけ作品の世界に惹きこまれているということで。
このプレイ後の余韻はわりと好きだったりもします。

とりあえず言えることは…ハワードかっこいいよハワード。
いやホントにここまでやる男だとは思って無かったw 脇役故に最終局面で見せ場が無かったのが惜しい。
あとモランも最後の方で相当好印象に。
総じて盛り上がりや面白さは尻上がりでした。
シャーリィの声も最後になると野月さん以外に考えられない。素晴らしい演技だったと思います。
かわしまりのさんも素晴らしく上手くて。
クライマックスの二人のシーンは神がかってました。

しかしここまでくると18禁にしなくてもいけるんじゃないか、と思わなくもないw
エロスはインガノック以上に少なかったよ!
普段のメアリにエロスを感じられる、よく訓練されたエロゲーマー以外は、そっちの方面に期待してはいけない。

大変良いゲームでした。
また次の桜井作品が楽しみです。
引っ越したらファンクラブ入りますw
02:45  ライアーソフト | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 師走の | HOME | 熱中 »