2014/06/15

サキガケ⇒ジェネレーション! 感想


サキガケ⇒ジェネレーション! 初回版
amazon.gif

『サキガケ⇒ジェネレーション!』


クロシェット
発売日:2014/5/30


☆☆☆☆-


今年もおっぱいの季節がやってまいりました。クロシェットの御敷おっぱいラインの新作『サキガケ⇒ジェネレーション!』の長文感想です。( ゚∀゚)o彡°。

総評

この作品から伝わってくるのはゲームの楽しさ。登場人物たちの「ゲーム大好き!」という喜びの声がプレイを通して聞こえてきます。うむ、実に楽しげで親しみが湧くよ。

仲の良い仲間同士が賑やかにワイワイ。そのノリのまま迎える山場とエンディング。雰囲気の良さが終始一貫していて、無駄にシリアスになったりしない点が安心できます。

個人的に一番インパクトを受けたのは、友梨亜
「おれはおっぱいゲーを買ったと思ったらまな板に恋をしていた」
な…何を言ってるのか(略

友梨亜が超かわいいから神ゲー!
……と言いたいところではあるのだけれど、気になる点もちらほら。
中でも一番のマイナス点はCG。構図が傾きすぎなんです。これは酷い。
また、シナリオにキャラ萌えエロゲとしてちぐはぐに感じる部分があり、なんとなく据わりが悪いのが惜しいところ。

それでも確実に「楽しかった!」と言える出来であり、そんなことより友梨亜とエロいことしようぜ的モチベの高さで良作認定待ったなし。やはり安定のクロシェットといった感じでございました。

――以下、ネタバレ無しの長文感想へ続く。
シナリオ

作品中のゲームであるウィジェネこと『Wizard Generation』が楽しそうで楽しそうで……。遊んでみたいと思わせる意図で描かれているのなら、それはもう大成功でございますよ!
エキサイティングで不思議なウィジェネと、変化を迎える世界。それらを通して紡がれる仲間たちとの日常と、若者の成長。ゲームと魔法を題材にした部分は実に面白かったです。

がしかし、ちょっとウィジェネにリソース割き過ぎた感も。
仲間たちとウィジェネをやるのは楽しい。魔法の訓練にもなる。ゆえに一石二鳥で万々歳である――というのは作中の彼らにとっての話であって。ウィジェネ内で何か恋愛に結びつくイベントやラッキースケベが起こるようなことがなく、めっさ健全に遊んでいるのが、エロゲ的に考えて意外すぎたw

おかげで楽しいは楽しいんだけど、ストーリーの面白さとキャラ萌えゲーとしての魅力が乖離してしまっているように思えます。ウィジェネを通して一番魅力を発揮していたのは圧倒的頼もしさを見せた敦盛だし、魔法設定で一番存在感を示したのはJ.D.である。何ゲーだこれ。

ヒロインに萌える分にはウィジェネは不要。でもウィジェネ楽しい。んんん?
……となってしまい、どうにも収まりが悪い。


個別ルートは主人公の興味がゲームからヒロインに移るため、ようやく本腰を入れて シコれる おっぱいを楽しめます。

ゆず茶の攻略順は、璃々子>なつめ>杏音>桜花>友梨亜
攻略順はわりと自由かな。桜花が一番物語の核心に迫るお話。

逆に一番核心から遠いなつめルート、脇道に逸れてひたすらいちゃラブするんだろうなって思ってたけど、とっても面白かったです……! なめてましたスミマセンでした!(土下座) 
終盤の面白さ、それに二人の成長が気持ち良くてお気に入り。ストーリーがキャラの魅力を一番引き立てていたのもこのルートな気がする。
ただちょっと「○○はつくづく○○だなぁ」な表現の頻度が気になったかもw 

桜花ルートは何故か主人公のテンションが高いのが好印象。これぞ童貞って感じのノリでw
それにお話も一番スッキリ解決。桜花も大変エロかわいい。ずるいさすがエスパーずるい。


ウィジェネと魔法を中心にしたストーリーも、ヒロインの魅力も、どちらも楽しめたしよいものです。けれど、二つ合わせて一つ作品として見るとちぐはぐさを感じてしまう。
序盤から主人公の取得スキル系統を選択肢で選ばせてヒロイン分岐にするとか、ウィジェネが直接的に恋愛に結びつくとか、もちょっと両者を融合させられるとよかったかな。

ともあれ、面白かったのは確か。うん、なんだんだでこれくらいで満足でございますよ。

キャラクター

胸のサイズ:桜花>杏音>なつめ>璃々子>>>友梨亜
お気に入り:友梨亜>>>璃々子>なつめ=桜花>杏音
おっぱいとは何だったのか。

友梨亜がかわいかった! あらゆる点で超かわいかった!
璃々子をリリスと呼んで大切に思っているのが個人的にツボ。友梨亜めちゃ良い子よね……好き。
何気にウィジェネを超楽しんでるのが見ていてとても気持ち良かった。ライトニングボルトを放った後の、守りたい、このドヤ顔。
ただ一点、パジャマ姿を見せることを拒否るシーンがわざわざ存在していることに驚愕しつつ、絶望を…覚え…………おのれこの私が原初の魔法使いだったなら……ッ!(病気)

璃々子。妹です。
中二病な言動が面倒くさいし、いちいち友梨亜をいじるのがちょっとうざいし、かなり困ったちゃんなんだけど、かわいい妹です。個別ルートでは黒歴史を自覚して反省したりと成長著しい良い妹です。
お兄ちゃんとセックスもできるし恋を応援もできるハイブリッド好意100%なところは実にわきまえているというかなんというかw
家で一緒にゲームやってるシチュがなんか妙にツボりました。妹と一緒にゲーム、いいよね……。あとオムカレーを半分残すシーンも保護欲をかきたてられてヤバイ。

なつめ
幼少の頃から初めての中出しまで全部知ることができるのが幼馴染!(名言) お姉ちゃんは頑張りました。隣の家の兄妹二人が大好きすぎるいいお姉ちゃん、素敵です。
個別ルートのこういう前向きなお話良いなあ。

桜花メインヒロインですね。(断言)
最強おっぱいといい、最初から好感度MAXといい、ストーリー上の扱いといい、性的な下乳コスチュームといい、明らかに優遇されているヒロイン。おのれーぬぎぬぎおっぱいめ、かわいいじゃないか。
でもチョロすぎて意外性や攻略の楽しみ的なものが足りず脳内順位はこの位置。あとこのおっぱいの見た目はさすがに限度超えちゃってるんです。

杏音。Anonymさん(笑)
なんだろう、賑やかしキャラとしては悪くないし、女の子らしさは一番出ているのだけれど、まるで攻略したいと思わない、この……なんだろう。バカだから?(・ω・)
むしろ姉の方をお願いしますと言いたくてたまらないアレ。
いや別に嫌いなわけじゃないですよ!? あっ、変顔は結構好き。うん、変顔。


主人公は地味すぎるのでスルーして、
重要なのが敦盛ですよ! 貴重な男友達として、パーティの壁として、圧倒的頼もしさを誇るあっちゃんサイコー。女の子だらけの中、一緒にいてくれるだけで落ち着くよねー。
エロゲの慣習によりバカで不憫に設定されているけれど、前向きで明るくまっすぐな尊敬できるバカです。敦盛になら寝取られたって許せる気がする!

J.D.も結構良いキャラだったので、最強っぷりをもっと見たかったな。ってその展開は誰得か。

CG

エロいしかわいいし綺麗なのはいい。ついでに言えばおしりも良い。大変良い。
でも、Hシーンの構図がひどすぎんよー。これ斜め構図なんてもんじゃないっすよ。真横、真横構図ですよ! 首がグキッってなるじゃないか! 縦画面推奨か!
ワイド画面の弊害で斜め構図が目立つエロゲは数あれど、ここまで盛大に横向きまくってるのは初めて遭遇しました。一度気にしだすと止まらないこの傾きっぷり。不自然極まりなくて落ち着かないし気持ち悪い。
もしかして他社にサキガケてスマホ・タブレット推奨にしていくつもりなのかな?

数枚ならともかく、真横になってるCGの数が多すぎます。御敷さん原画の過去作はプレイしていないのでわかりませんが、前作プリコレと比べると大いに悪化した点。

ところで、ウィジェネに登場するモンスター絵が異様に気合入ってるなーと思ったら、元アリスソフトの桐島千夜さんが描いてるようで。納得。


秋野花さんのちょっと気の抜けた璃々子ボイス好き。
遥そらさんの一生懸命な友梨亜ボイスも好きw 好感度めちゃ高。

あと篠原ゆみさんと御苑生メイメイさん演じるお母さんズ! とってもいいよねー。エロい。


なんだかとてもいやらしかった気がする! いいと思います。
構図はダメだけどねー……。(2回目)
Hシーンテキストは全体的に高レベルだったのではないでしょうか。たぶん。

某ヒロインが告白と同時にぱんつ下ろしたのには笑ってしまったw やだ、はしたない…どんだけ股間見せたいの……///
まあ面白ければ何でもおっけー! それに男なら、かわいい子がぱんつ下ろして告白してきたら受け入れるに決まってますし!

ルートによっては主人公の童貞っぽさが比較的よく出てました。
でも、付き合い始めから前戯までは良くとも、脱童貞の感慨が圧倒的に足りない。百戦錬磨の猛者のように女の子を気遣いスマートに挿入しクールにフィニッシュされては、童貞力はイマイチと言わざるを得ないんです。はいそこ、どうでもいいとか言わない。

システム

クロシェットのお家芸、コロコロ変わりまくる立ち絵演出が楽しい。プリコレの時はこれを突き詰めすぎたのか会話が長くて非常に疲れたのが、今回はほどほどに抑えられておりました。

まとめ

ストーリー紹介すら読まずに予約特攻してプレイしたせいか、期待していたよりもシナリオが面白くて楽しめました。友梨亜というノーマークだったピンク髪が超かわいかったサプライズも嬉しい。
CGの構図が異様に気になる点以外は概ね満足です。というわけで星4つ部。

ゲーム好き、特にMMORPG経験者はすごく楽しめそう。全くネトゲ未経験かつゲームに疎くても、テキストが丁寧なので問題は無い……と思う。たぶん。

また、その題材のせいか、なんとなく「若いヤツらに捧ぐ」的な印象を受けました。
ゲームやってる主人公たちが本当に楽しそうで、ストーリーは前向きで。おっさんゲーマーには眩しすぎるよ! 周りにゲームやる友達なんかもうほとんどいねーよ!ヽ(`Д´)ノ!

今回も安定のクロシェットではありましたが、安定も時が経てばマンネリになり得る諸刃の剣。演出もおっぱいも徐々に目新しさが無くなってきました。
このブランドに斬新さを期待するわけではありませんが、ここで足踏みせずに次回作以降もクオリティを上げていってほしいところです。

友梨亜のパジャマ姿解禁エピソードマダー?(・∀・)

【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!


 >>レビュー目次へ
21:18  レビュー | Comments(2)
Comment
No title
お疲れ様です。

お、もう長文感想がアップされておる。
概ね高評価でうれしいですね。

私はやっとこさ3人目突入しました。
主人公はなんというか、空気感が…本当に地味ですね。
他の男キャラの方が、いい味出している気が。

友梨亜が一番のお気に入り…だと?
異議…なしかもしれないw
大図書館の佳奈すけと今回の友梨亜で、
遥そらさんはぺったんこ担当っていうイメージがついてしまった。
大きいキャラもやっているはずなのだが。
>ソウイチさま
おつありでっす! 微妙だったプレイ前のテンションに反し、かなり楽しめました!
どのルートもあまり差が無く面白いのが良かったです。( ´∀`)。

> 主人公はなんというか、空気感が…本当に地味ですね。
> 他の男キャラの方が、いい味出している気が。

ウィジェネ内のキャラからして超地味だしね……。バフ系魔法剣士→赤魔道士(FF11)→勇者様! と考えられなくもないけれどw
でも、クロシェットのこの万人受けする作風には、空気な主人公というのは合ってる気がします。ストレスを感じることなく安心してヒロインに萌えられるという点で。

> 大図書館の佳奈すけと今回の友梨亜で、
> 遥そらさんはぺったんこ担当っていうイメージがついてしまった。

言われてみれば確かに……! 私のプレイした遥そらさんキャラといえば、
・サキガケの友梨亜(まな板)
・大図書館の佳奈(品乳)
・倉ふたの絵麻(ぺたんこ)
・ウィッチズガーデンの涼乃(小さめ)
貧乳ばっかりだw
わりと演技の幅が広くてお声も素敵で好きな声優さんです。次のぺたんこヒロインはまだかな。

管理者のみに表示