2015/03/13

星継駅疾走軌 簡易感想

星継駅疾走軌読了しました。今更なのは単に積んでたからだ。

ゆず茶は星継駅シリーズ大好きなんですが本作もやっぱり楽しかったです。
なんたって俺達の朔屋さん(『信天翁航海録』より)がいますし!
イヤッホウ! ダメ男!
ゲスト参加とはいえ、きっちり朔屋さんらしさを発揮して女性陣からゴミを見るような目で見られたり、キモいとかいうバケモノに喰われたり……おまけに情けないエロシーンも!
何気にエロゲ主人公で1、2を争うくらい好きかもしれない。まさかの再登場と活躍に大満足である。

同じくゲスト参加の智里もまたイイよね。強くて飄々としててかつ最低な男。
コイツもまたエロシーンあるよ! びっくりした! 趣味悪すぎやろ! カッコイイけど!

朔屋さんと智里の友達っぷりが大変良かったです。二人ともすっごい自然体で。まあどっちもアレな性格だからそれ自然かと言われると微妙だけど当人たちにしては間違いなく。なんだかんだで仲良いしなーまた新作にひょっこり顔出さないかなー。


女の子の話は特にどうということもないので割愛。
ああ、アージェントはやっぱり処女でした。ですよね。
萌えキャラの風上にも置けない発言

新キャラのキモいさんは中の人の演技が面白かったです。
特に最後の方のやつね。青葉りんごさんの絶叫がとてもキモかった。(正しい褒め言葉)
アージェントの秋野花さんもそうだけど、他のふつーのエロゲではお目にかかれないお下品さ溢れるキャラがいらっしゃるせいで新鮮な演技が楽しめてよろしい。いわゆる珍味というやつだ。


テキストはいつものレイルのやつ。
ファンは満足、そうでなればスクリーンショットを見ただけで裸足で逃げ出す者も出る。やっぱり珍味だ。


やっぱりこのシリーズはかな。
ストーリー的には「なんかヘンな列車に取り込まれてなんやかんやで無事元の世界に戻れました」でしかないお話で、時間軸を無視してキャラクターが集まるというおめでたい設定も、瑛とシラギクには確かに何かをもたらしていた。

それに双子の語る、トゥアンとの出会いと別れの影響。瑛の境遇を思うと胸にくるものがある。そして、ゴドーとの出会い(笑) 個人的にトゥアン大好きだからゴリラに寝取られた感があるんだけどそれならまあいいかなって。


あと星継駅はやっぱりBGMがすごく良い。音楽鑑賞がついててありがたい。( ´∀`)。


思い返してみるとこのシリーズはわりとキャラゲーですよね。自分の好みに合うのも納得だ。独特で不思議な「場」とヘンなキャラクターと明るめのストーリー、この路線大好き。
良い夢の時間でした。

レイルソフト新作マダー?
22:23  ライアーソフト | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示