2020/02/28

2020年2月のお買い物

今月の購入物は

なし

でした!

でも先月【Switch】『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム買ったの忘れてたから書いておく!

これ以上積むのは控えていきたい。と言いながら衝動買いする時はするんだけど。


●●●

今週よ~~~~やく翻訳のお仕事の素材が送られてきたので本格的に作業始めました。が、まだそれも完成品ではないというね……マジこの業界で納期守ってんの俺だけじゃね的なアレですがまあともかく。
発売日に間に合わせるためデスマーチ開始です。この時期にしては本業がさほど忙しくないのが救い。

これが終わったら少し余裕ができるので、ちょっとどっぷりゲームに浸かりたい。遊ぶのだ。遊んでやるのだ。
19:30  お買い物 | Comments(0)
2020/02/24

レッツアイドル育成

Shining Song Starnova: Idol Empireの有志日本語化MODをお手伝いしていました。
→ アイドル事務所経営洋ゲー『Shining Song Starnova: Idol Empire』―崖っぷちグループ引き連れ夢はトップアイドル、日本語Modも配信開始【爆速プレイレポ】 /Game*Spark

約一週間前にたまたまお誘いされ、おしごとの待機時間に丁度いいかなと思って軽い気持ちで参加したら、結構がっつりな急ぎの案件だったでござる。主催者と二人で頑張ったよ。

地の文なしの会話文のみで進むストーリー、楽しかったです。ボイスがなければ完璧なYuzu印の日本語訳にしてやりたかったのだけれど、日本語パートボイスということでゲーム自体に日本語があり、そいつが微妙~にヘンなので……空気を読みました。具体的に言うと微妙~にヘンな日本語をトレースしました。有志翻訳だし、やっぱオリジナルのボイスを尊重すべきなので……でも極力自然に楽しめる&キャラを愛でられるように配慮しております。

アイドル事務所運営シミュレーションというか、アイドル管理ゲーというか。ゲームパートに意外とはごたえがあって、面白いゲームです。『Shining Song Starnova』というヴィジュアルノベルの外伝的作品ではあるものの、本編やってなくても単品で楽しめます。翻訳者もやってませんし。そのうち買う。

ノリは驚くほど日本産ゲームに近く、キャラも問題なくかわいいので、よければプレイしてみてください。

推しメンは、顔は最高、性格最悪のジュリーです!(笑顔)
もっと口調はっちゃけたかったなあー。次回作あったら公式にやらせてくんないかなあー。もっと口の汚いかわいいクソビッチにしてあげるのに……!

05:10  ゲーム | Comments(0)
2020/02/13

ぐちぐち

前に言った「新しい挑戦」というやつ……失敗しました! Failed! 俺はダメな奴だー!!
慣れないことはするもんじゃないね! やっぱりやりたいことだけやっていこう……。
詳細言えなくてすみません。ゲーム翻訳以外のとある翻訳案件でした。ここで吐き出したかったんや。

というわけで残るおしごとは今まで通りBCのDLCとQSの実装チェックとWoAと本業だけに。
いや待て、十分多いぞ?
悔しいからどっかのトライアル受けてやろうかなんて思ってたけどやめとこう。そんな暇があったら積みゲーを崩すのだ自分。
12:28  日記・雑記 | Comments(0)
2020/02/07

2020年2月の購入検討

寒い! 寒いです! コンビニのホットスナックをハフハフしたいです!

今月の新作購入検討をします!

【確定】
なし

【検討】
HaremKingdom -ハーレムキングダム-
――コンセプトが面白いなあと思って。ハーレム万歳。
LOVE・デスティネーション
――総ルビのエロゲがあるらしいと聞いて体験版落としてみたら本当に総ルビだった。すんごい手間……! それに、システムというかGUIもコンセプトも凝ってて好印象。正直ノーマークだったけど、かなり気になります……! 


以上。
最後にコンプしたの何だっけ……ぬきたし2だっけ……ってレベルの消化ペースなのがつらい。やっぱゲーム翻訳なんてクソだよ。(責任転嫁)

一般ゲーは【PS4】Death end re;Quest2気になってます。1が妙に好きで。


●●●

お知らせ。「とある依頼」イコール、
インタビューを受けました
びっくりだよ。この人生で人にインタビューされる機会があるとは思わなかったよ。念のために言っておくとゲーム翻訳の話です。

こんなゴミみたいなペーペー相手のインタビュー記事作っちゃってPVとか信用とか平気なのかしら……って思ってたのだけれど、コメント見たら意外に好評のようで安心しました。心から。

しかし「プロ」という響きになれない……ぼくそんなすごい人じゃない……前回がマジモンのプロである武藤さんだっただけに余計に……でもインタビュー引き受けるんならちゃんと偉そうにしないと……! って気持ちで頑張って答えました。
きちんとしたオトナなら言わないようなことを口走っているので、暇で暇で仕方のない方は読んでみてくださいまし。
18:02  エロゲ | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »