2018/06/07

Steamでエロゲが解禁されたらどうなるのか

2018年6月7日、デジタルコンテンツ販売ストアSteamにおいて販売するゲームを原則的に全て容認する旨の声明が公式ブログに投稿されました。
原文はこちら。ゲーム系メディアのAUTOMATONさんGame*Sparkさんなどが日本語のニュース記事を上げているので詳しくはそちらをご覧くださいませ。

これまではストアに並べるゲームを「ポルノ禁止」「不適切なもの禁止」などと審査していたところを、声明では違法なものと荒らし行為を除いて全て容認すると方針転換を明言しました。

学校の銃乱射事件をテーマにしたFPSが登場して炎上したり、二次元おっぱい弾圧事件で炎上したりといった最近の出来事からの、「判断基準があいまいすぎる」という批判に対する回答がこれ。Steamは様々な案件を一つのガイドラインで審査するのは不可能と判断、例外を除き審査すること自体をやめ、創始者ゲイブ・ニューエルの掲げる方針「オープンなプラットフォーム」に徹することを決断しました。この内容をそのまま受け取ると、「今後(時期は未定)はどんな不謹慎なゲームもハードなポルノゲームもSteamで販売できる」ということになります。

運営元Valveによるこの衝撃的な発表を受けて、海外では早速「無責任すぎる」という批判と賛成派とで賛否両論の騒がしい事態になっている模様。

表現の検閲が無くなったのはゲーマーとしてとても嬉しい、でもゴミみたいなゲームもどきが今以上に増えて良作が埋もれるようなことになりそうで心配、ってかフィルタリングはきちんと機能するのか? 問題が起きた時にValveは耐えられるのか? MOD有料販売の時みたいにすぐさま前言撤回しやしないだろうか? ともあれ判断基準を明確化したのはよいことだと思うし #waifuholocaust をこういう形で終わらせたことは歓迎したい、サンキューゲイブ――

と、この発表自体についてはこれくらいにして、ここはえっちなことに興味のある人向けのブログですゆえ、「もしSteamでエロゲが解禁されたらどうなるか」を予想して妄想を垂れ流して楽しみたいと思います。



>>続きを読む
22:28  日記・雑記 | Comments(0)
2018/06/05

フルスクリーンで画像がぼやける問題を回避する方法

ディスプレイの高解像度化が進み、スマホですらフルHDが当たり前、テレビや液晶モニターは4Kも徐々に普及してきた今日この頃。しかしPC用ビジュアルノベル――要するにエロゲは、最新作であっても未だ1280×720のHD以下の画面サイズのものが大半です。

そこで、フルスクリーン派・画面を拡大してプレイしたい派にとって大変便利な素晴らしいソフトを見つけたのでご紹介を。


RectZoom
――デスクトップの任意の場所を指定して拡大表示する拡大鏡ソフト。シェアウェア。


エロゲって、拡大すると基本的にボケるんです。画面がぼやけるんですよ。拡大する時に低負荷なスムージング方法「だけ」を利用しているゲームが圧倒的主流で、より高画質・高負荷な拡大処理ができないんですよ。(アリスソフト作品など一部のタイトル・エンジンは例外)

しかし、この『RectZoom』を使うことで、どんなゲームも高画質な拡大ができるようになります。


こんな感じ。(C)みるくふぁくとりー

このソフトを見つけて「今までの苦労は一体何だったのだ」と感動したので、同じような不満を抱いている人の参考になればと思い、『RectZoom』の使い方を以下解説してみます。今まで誰も教えてくれなかったですし!ヽ(`Д´)ノ!


<目次>
 用意するもの
 RectZoomをためしてみよう
 本格的に使おう
 さらに便利に使う
 画質比較
 まとめ

>>続きを読む
21:48  エロゲ | Comments(4)
2018/06/04

2018年5月のお買い物 2

FPの日本語化のアレ、まさかこんなに遅くなるとは思わなかったんです、ごめんねなんだか……半年も前にドヤ顔で告知しちゃって……。デバッグも完了してるのにここまで遅らせてるってことはおそらく何かと合わせてリリースすると思う、もしかすると来年の2発売と同時とかいうオチもあるかもだけど待っててね……。


さて、今月改め先月のお買い物第二弾。


【PS4】嘘つき姫と盲目王子(オフィ通)
【PC】Cities: Skylines - After Dark』
【PC】Cities: Skylines - Mass Transit』
【PC】Cities: Skylines - Snowfall』
【PC】Cities: Skylines - Green Cities』
【PC】Cities: Skylines - Parklife』

以上でした。


『嘘つき姫』は発表と同時に即予約した2Dパズルアクション雰囲気ゲー。日本一ソフトにしては全然エグくなく、まさに童話のようなお話でした。ほっこりかわいらしくてビジュアルも最高で期待通り……なのだけれど、定価7000円はあまりにも高すぎる。半額以下になってようやく「雰囲気が好みなら買い」と言える。

最近PS4で公式日本語版も出た『Cities: Skylines』をなんとなくまたやりたくなって新DLCが出るのを機にDLCまとめ買い。
発売時ぶりに有志翻訳にも参加して、チャーパー(つぶやき)中心にがんばって訳したよ。というわけでみんな買おう。MODが豊富なゲームだし日本語化完璧だからどちらかといえばPC版オススメ。

21:00  お買い物 | Comments(0)
2018/06/01

君と目覚める幾つかの方法 感想

君と目覚める幾つかの方法

『君と目覚める幾つかの方法』

Navel

★★★★+


君と目覚める幾つかの方法
amazon.gif
Navelの新作にして15周年記念作君と目覚める幾つかの方法コンプリートしました。


総評

まず最初に……1.87GBという容量を見て「もしや」とあからさまに警戒してしまったのだけれど、 ボリュームも画質音質も全く問題ありませんでしたすみませんでした!(土下座)
それと、私がNavelのタイトルをプレイしたのはこれが初めてですゆえあしからず。

近未来の秋葉原を舞台に、暗い陰謀に翻弄される登場人物たちの成長を描いた人間ドラマ。この作品の魅力はストーリーとキャラクターにあります。
魅力的なヒロインとコミカルな日常と不穏な事件が同居していて飽きさせない。ADVゲームとして構成も凝っている。そしておまけに縦横無尽に活躍する沢澤砂羽ボイス。

ストーリーの面白さとキャラ萌え、その両方を達成した貴重な成功例です。

不満といえばいくつかの点に対する物足りなさくらいで、全体的にとてもよく出来た、プレイして損の無い素晴らしいエロゲでした。万人にオススメ。

――以下、ネタバレ無しの長文感想へ続く。

>>続きを読む
23:56  レビュー | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »